このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

【近畿農政局】学生おべんとうコンクール2021
若いチカラで食育の環をひろめよう!~地元の食材でお弁当作り~
★団体の部応募作品

応募作品リスト(団体の部)

一般投票期間

令和3年12月17日(金曜日)~令和4年1月3日 (月曜日)

投票方法(終了しました)

下記フォームより投票お願いします。(投票は終了しました)
https://www.contactus.maff.go.jp/j/kinki/form/1bento.html

結果発表 NEWアイコン

令和4年2月上旬を予定 結果発表はこちらから

応募作品リスト

  • 1 お残しは許しませんよ弁当(兵庫県立伊丹高等学校1班) 詳しくはこちら
  • 2 添加物零弁当(兵庫県立伊丹高等学校2班詳しくはこちら
  • 3 栄養たっぷり弁当兵庫県立伊丹高等学校3班詳しくはこちら
  • 4 添加物ゼロお弁当兵庫県立伊丹高等学校4班詳しくはこちら
  • 5 パパ大好き(兵庫県立伊丹高等学校5班詳しくはこちら
  • 6 Good health lunch box(兵庫県立伊丹高等学校6班詳しくはこちら
  • 7 できる限り近畿の食材を使用したお弁当兵庫県立伊丹高等学校7班詳しくはこちら
  • 8 栄養満点の彩弁当(兵庫県立伊丹高等学校8 班詳しくはこちら
  • 9 五感くすぐり美菜弁当(羽衣国際大学 人間生活学部 食物栄養学科 いっちょまえチーム詳しくはこちら
  • 10 近畿を表現!手毬弁当(淑徳Aチーム詳しくはこちら
  • 11 パンダさんと一緒に免疫力up!!弁当(羽衣国際大学人間生活学部食物栄養学科パンダチーム詳しくはこちら
  • 12 ヘルシーフード弁当(兵庫県立香住高等学校 3年生 海洋科学科 シーフードコース詳しくはこちら
  • 13 海外旅行気分を味わっちゃおう!ピクニックで女子会弁当(梅クラブ詳しくはこちら
  • 14 ⽇和弁当(近畿⼤学ヘルスチーム菜良詳しくはこちら
  • 15 百人一首in奈良弁当(奈良女子大学ヘルスチーム菜良詳しくはこちら
  • 16 ふるさと再発見!弁当(畿央大学ヘルスチーム菜良チームB)詳しくはこちら
  • 17 栄養満点◎近畿の彩弁当(畿央大学  健康科学部健康栄養学科(畿央 nutrition egg team・食育ボランティアサークル))詳しくはこちら
  • 18 ボリューム満点!みんなの満腹中枢を刺激します!(畿央大学ヘルスチーム菜良チームA)詳しくはこちら
  • 19 自分へのご褒美、プチ贅沢なカラフル弁当(東大阪大『非日常を楽しみ隊)詳しくはこちら
  • 20 近畿のええもんギュッとランチ(東大阪大『JPL(ジャパニーズランチ)』)詳しくはこちら
  • 21 栄養しか勝たん!(東大阪大『お~パンダ』)詳しくはこちら
  • 22 パワーアップ弁当(東大阪大『セーラームーン』)詳しくはこちら
  • 23 大阪上下弁当(東大阪大『チーム食ベスト』詳しくはこちら
  • 24 新陣代謝up!!好きな物もりもり弁当☆(東大阪大『師匠と愉快なぺガ』詳しくはこちら
  • 25 KYOTO四季弁当(京栄校 石川ゼミ詳しくはこちら
  • 26 近畿の食材を白だしで美味しく弁当!!(羽衣国際大学人間生活学部食物栄養学科『お弁当大好きガールズ』詳しくはこちら
  • 27 目でも楽しめる彩り弁当(相愛大学発達栄養B詳しくはこちら
  • 28 夏をお届け弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)詳しくはこちら
  • 29 気分は韓国弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)詳しくはこちら
  • 30 みんな大好き!照り焼き弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)詳しくはこちら
  • 31 夏を乗り切ろう!酢豚弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)詳しくはこちら
  • 32 夏は中華で乗り切ろう弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)詳しくはこちら

詳しいレシピの作品

  • 9 五感くすぐり美菜弁当(羽衣国際大学 人間生活学部 食物栄養学科 いっちょまえチーム)詳しくはこちら
  • 10 近畿を表現!手毬弁当(淑徳Aチーム)詳しくはこちら
  • 11 パンダさんと一緒に免疫力up!!弁当(羽衣国際大学人間生活学部食物栄養学科パンダチーム)詳しくはこちら
  • 12 ヘルシーフード弁当(兵庫県立香住高等学校 3年生 海洋科学科 シーフードコース)詳しくはこちら
  • 13 海外旅行気分を味わっちゃおう!ピクニックで女子会弁当(梅クラブ)詳しくはこちら
  • 14 ⽇和弁当(近畿⼤学ヘルスチーム菜良)詳しくはこちら
  • 15 百人一首in奈良弁当(奈良女子大学ヘルスチーム菜良)詳しくはこちら
  • 16 ふるさと再発見!弁当(畿央大学ヘルスチーム菜良チームB)詳しくはこちら
  • 17 栄養満点◎近畿の彩弁当(畿央大学  健康科学部健康栄養学科(畿央 nutrition egg team・食育ボランティアサークル))詳しくはこちら
  • 18 ボリューム満点!みんなの満腹中枢を刺激します!(畿央大学ヘルスチーム菜良チームA)詳しくはこちら
  • 19 自分へのご褒美、プチ贅沢なカラフル弁当(東大阪大『非日常を楽しみ隊)詳しくはこちら
  • 20 近畿のええもんギュッとランチ(東大阪大『JPL(ジャパニーズランチ)』)詳しくはこちら
  • 21 栄養しか勝たん!(東大阪大『お~パンダ』)詳しくはこちら
  • 22 パワーアップ弁当(東大阪大『セーラームーン』)詳しくはこちら
  • 23 大阪上下弁当(東大阪大『チーム食ベスト』)詳しくはこちら
  • 24 新陣代謝up!!好きな物もりもり弁当☆(東大阪大『師匠と愉快なぺガ』)詳しくはこちら
  • 25 KYOTO四季弁当(京栄校 石川ゼミ)詳しくはこちら
  • 26 パワーアップ弁当(東大阪大『セーラームーン』)詳しくはこちら
  • 27 目でも楽しめる彩り弁当(相愛大学発達栄養B)詳しくはこちら


1 お残しは許しませんよ弁当(兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校1班)

近畿のピーマンを利用しました。
団体紹介県立伊丹高校の1 班
使用した近畿の食材:ピーマン
レシピ:ピーマンの肉詰め、ほうれん草の胡麻和え、玉子焼き、プチトマト
作成時間:45分

添加物零弁当(兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校2班

地元の食材を使いつつ、添加物のない弁当を目指しました。
団体紹介:県立伊丹高校の2班の5人で作りました。
使用した近畿の食材:京都府産鶏肉、京かんざし、日本一こだわり卵、近江米、丹波黒豆、オレンジパルチェ
レシピ:からあげ、ポテトサラダ、チーズ入りだし巻き卵、白米、リンゴ、黒豆、ミニトマト
作成時間:45分

栄養たっぷり弁当兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校3班

彩を良くして食べたいと思えるように工夫しました。消費期限の近い食材を使用し食品ロスの焦点をあててつくりました。
団体紹介:兵庫県立伊丹高等学校に所属している一年生5人で作りました
使用した近畿の食材:卵(奈良県)、豚肉(京都府)、お米・レタス(兵庫県)
レシピ:ご飯、肉巻き、卵焼き、サラダ
作成時間:45分

4 添加物ゼロお弁当兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校4班

和歌山産のミカンを使いお弁当にビタミンCをプラスしました
団体紹介:兵庫県立伊丹高等学校一年5人で作りました。
使用した近畿の食材:みかん(和歌山産)
レシピ:米、ポテトサラダ、ベーコン巻、ハムチーズ、卵焼き 、ブロッコリー、みかん
作成時間:30分

5 パパ大好き(兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校5班

パパの健康を考えて、栄養と食品添加物を意識して作りました。
団体紹介:県立伊丹高等学校の家庭科で活動している仲間5人で作りました。
使用した近畿の食材:鶏肉
レシピ:唐揚げ、ポテトサラダ、ごはん、ひじきの煮物、卵焼き、ミニトマト
作成時間:40分

6 Good health lunch box兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校6班

五大栄養素と色合いをバランスよく作りました!
団体紹介:兵庫県立伊丹高校の家庭科の実習で5人で作りました。
使用した近畿の食材:玉ねぎ(兵庫県)
レシピ
作成時間:55分

7 できる限り近畿の食材を使用したお弁当兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校7班

全て国産品です
団体紹介:県立伊丹高校の生徒です
使用した近畿の食材:サツマイモ・トマト・にら(兵庫県)
レシピ:ご飯、カプレーゼ、チャンプル、大学芋
作成時間:40分

8 栄養満点の彩弁当兵庫県立伊丹高等学校 兵庫県立伊丹高等学校8班

沖縄県のタコライスを近畿の食材をふんだんに使って作りました。
彩が鮮やかでおいしいお弁当ができました。
団体紹介:兵庫県立高等学校の1年6組8班の4人で作りました
使用した近畿の食材:トマト、タマネギ、レタス、枝豆(兵庫県)、米(三重県)
レシピ:タコライス、トマト、サツマイモの天ぷら、枝豆、卵焼き
作成時間:27分

9 五感くすぐり美菜弁当(羽衣国際大学 人間生活学部 食物栄養学科 いっちょまえチーム

料理は味だけではなく、五感を満たされてこそ美味しいと言われており、特に視覚は美味しさの要素の6割を占めます。そのため、使用食材の彩りはもちろん、盛り付けにもこだわりました。
お弁当を開けた時の色鮮やかな野菜、思わず食べたくなるような香り、口に運んだときの歯ごたえを存分に味わえるお弁当です。
みなさんの食欲をくすぐる五感はどこですか?
団体紹介:羽衣国際大学 人間生活学部 食物栄養学科の2年です。
私たちは、食で人を笑顔にできる管理栄養士を目指しています。健康と疾病の予防・治療を目的とした食育や栄養マネジメントについて学び、人々の健康づくりをサポートできるよう、日々勉強に励んでいます。
使用した近畿の食材:キャベツ(大阪府産)レモン(大阪府産)卵(大阪府産)ほうれん草(奈良県産)にんじん(大阪府産)大葉(兵庫県産)味付けのり(淡路島産)梅(和歌山県産)トマト(和歌山県産)ちりめんじゃこ(淡路島産)
レシピ詳しくはこちらから
[カルシウム不足なんて言わせない!じゃこの混ぜご飯]、[揚げずにサクッと豚肉の梅しそ巻き]、[ごま油香る三色ナムル]、[シャキシャキキャベツのレモン漬け]、[冷めても美味しい卵焼き]
作成時間:30分

10 近畿を表現!手毬弁当(淑徳Aチーム

今回のこの近畿を表現!手毬弁当には、京都なら、京都の有名な具材を使用して作った、「湯葉巻き」など、それぞれの県を表現した料理を詰めています。
また、正方形に区切られている弁当箱を使用することで、京都の有名な「碁盤の目」を表現しています。
近畿の豊富な食材を、目で見て、食べて、感じてほしいです!
団体紹介:福知山淑徳高校に通う、料理人を目指している仲良し6人組です!!
使用した近畿の食材:京都:湯葉、兵庫:神戸牛、奈良:大和なでしこ卵、大阪:蓮根、和歌山:めはり寿司の高菜、滋賀:みょうが
レシピ詳しくはこちらから
黄身のシャリ、マッシュポテト、ポテトサラダ、エビの手毬寿司、湯葉巻き、花蓮根の黄身寿司、きんぴらだし巻き卵
作成時間:1時間

11 パンダさんと一緒に免疫力up!!弁当(羽衣国際大学人間生活学部食物栄養学科パンダチーム

パンダのいる動物園といえば東京都が有名ですが、和歌山県、兵庫県の動物園にもパンダがいます。関西の動物園にもパンダがいることをアピールするためおにぎりをパンダにしました。
対象は12~17 歳の女性で、ごぼうやブロッコリーなど食物繊維の多い食品を摂取することにより腸内環境を整え免疫力が高まります。さらに、近畿の食材で免疫力をupさせて、近畿地方を盛り上げていけたらと思いました。
団体紹介:羽衣国際大学の管理栄養士を目指している4人で作りました。
管理栄養士の資格取得を目指す食物栄養学科では、知識だけでなく考察力や実践力も時間をかけて培います。
座学による幅広い知識の修得に加え、専門的な実験と豊富な実習で現場での応用力を養い、「食」のスペシャリストを目指します。
使用した近畿の食材:米・卵・玉ねぎ・人参・かまぼこ(兵庫県)、ごぼう・しそ・豚肉(三重県)、梅・キウイ・みかん・ミニトマト(和歌山)、ほうれん草(奈良県)、ブロッコリー・海苔(大阪府)
レシピ詳しくはこちらから
【疲労回復!!豚の生姜焼き】、【和歌山と兵庫の味!挟んで簡単!梅しそかまぼこ】、【免疫力up!!きんぴらごぼう】、【鉄とビタミンC豊富!ほうれん草とコーンのバター炒め】、【卵焼き】、【添え野菜】
作成時間:30分

12 ヘルシーフード弁当(兵庫県立香住高等学校 3年生 海洋科学科 シーフードコース

魚(シーフード)を中心としたとてもヘルシーなお弁当です。
魚料理と聞くと体に良い栄養素も多く含まれていて、健康にも良いイメージがあります。一方で育ち盛りの若い世代にはお腹を満たすにはちょっと物足らないイメージもあります。今回は地元の水産物やサバ缶を用いて、魚料理の短所を改善したボリューム満点で、かつ、栄養満点でおいしいお弁当に仕上げました。
団体紹介:香住高校3年生海洋科学科シーフードコースの全員(7名)で作りました。
私たちは2年生から水産物の調理、加工を学んでいます。卒業前の集大成として、何度も試作を繰り返しながら、今まで学んだ水産物の調理技術を存分に発揮して完成したのが「ヘルsea food 弁当」です。
使用した近畿の食材:エテガレイ、水だこ、レンコ鯛
レシピ詳しくはこちらから
1、タコ飯、2、タイの炊き込みご飯、3、サバ水煮缶バーグ、4、エテガレイのフライ、5、ツナポテトサラダ、6、ちくわの磯部揚げ、7、ちくわキュウリ、8、タコときゅうりの酢の物、9、だし巻き卵、10、ウインナー
作成時間:1時間

13 海外旅行気分を味わっちゃおう!ピクニックで女子会弁当(梅クラブ

コロナ禍でなかなか海外旅行に行けないので、お弁当で海外旅行気分が味わえるようにしました!韓国・イタリア・メキシコの3ヶ国をテーマにお重の段ごとに盛り付けをしました!一の重「韓国」から始まり、二の重「イタリア」、三の重「メキシコ」で世界一周旅行を表現しました!
みんなでお弁当食べて、みんなで旅行気分が味わえる遊び心いっぱいのお弁当に仕上げました!
団体紹介:梅農家さんとの商品開発をはじめ、様々な地域連携活動に取り組んでいます。(平安女学院大学)
使用した近畿の食材:とまと・茄子・ほうれん草・大根・にんじん・万願寺とうがらし・大葉・ネギ(京都)
パクチー・バジル(大阪)
柿(奈良)
レシピ詳しくはこちらから
一の重 韓国
「キンパ」、「ポッサム」、「ナクチポックム」、「大根の酢漬け」、「クロッフル」
二の重 イタリア
「ピザ」、「ハムのムース」、「フライとトマトのケッカーソース」、「パンナコッタ」
三の重 メキシコ
「カルネ・アサーダ」、「ミートタコス」、「アボマヨ」、「トマトソース」
作成時間:約4時間

14 ⽇和弁当(近畿⼤学ヘルスチーム菜良

〇コンセプト:季節は冬。まだまだ寒さが続く中で、今⽇はポカポカのお花⾒⽇和。近畿で採れる冬野菜で春を作り上げ、蓋を開ければまるで春を待つかのような、冬に咲く可憐なお弁当を作りました。ハレの⽇にぴったりなお弁当です。
〇どんな⼈に⾷べてもらいたいか:若い世代の⼈。近年、若い世代の⼈たちの⾷⽣活の乱れが問題となっています。楽しい、きれいからこのお弁当に興味を持つ⼈を増やして、関⻄の古き良き伝統の⾷⽂化に触れてほしい。そこで、野菜が摂取できて、かつ美味しく、楽しく、⾷べ盛りの学⽣でも満⾜できるを両⽴できるお弁当を考案しました。
〇⾒た⽬:関⻄の伝統料理を踏襲しつつ、学⽣らしいモダンなお弁当になっています。おいなりさんや⾥芋コロッケは、コロンとしたひと⼝⼤に統⼀することで、⾒た⽬も可愛らしいものにしました。
〇意識した点:花/京野菜・⼤和野菜/発酵⾷品/冬/バランスのよさ
団体紹介:近畿大学ヘルスチーム菜良で活動している2人で作成しました。「ヘルスチーム菜良」とは、奈良県内の管理栄養⼠養成課程のある近畿⼤学、畿央⼤学、帝塚⼭⼤学、奈良⼥⼦⼤学の4⼤学の学⽣からなるボランティアサークルです。
使用した近畿の食材:柴漬け(京都府)、九条ネギ(京都府)、あらめ(京都府)、薄揚げ(奈良県)、⽔菜(奈良県)、かぶ(奈良)、酢(京都府)、紅⼤根(奈良県)、だし巻き(京都府)
レシピ詳しくはこちらから
【おいなりさん2種(⽔菜と柴漬け)(ゆり根と柚⼦)】、【⾥芋と九条ネギのコロッケ】、【だし巻き卵】、【あらめと丸⼤⾖の煮物】、【⽢酒で作る即席千枚漬け】
作成時間:120分

15 百人一首in奈良弁当(奈良女子大学ヘルスチーム菜良

奈良が舞台となっている百人一首15句から連想できるメニューを出し合い、アレンジできないか考えたり、主食:主菜:副菜が弁当の黄金比とされる3:1:2になるように配分も考慮したりしました。
奈良の広大な自然の中で楽しめる特別な日のお弁当です。品数は多いですが、それぞれの量は少なめにして2人分を想定しています。
彩り豊か且つ同じ色、同じ味に偏らないように注意し、「和」である百人一首を和洋折衷で楽しめるよう工夫しました。
また、作る際には3人いるメンバーの得意不得意が活かせるように分担し、同時並行で作業できる献立にしました。
団体紹介:奈良女子大学ヘルスチーム菜良で活動している仲間3人で作りました。
ヘルスチーム菜良は、奈良県内の管理栄養士養成課程の有る4大学の学生で構成された食育ボランティアサークルです。
使用した近畿の食材:柿・大和まな(奈良)、米・里芋・ポン酢・レタス(兵庫)
レシピ詳しくはこちらから
括弧内は和歌から連想したモチーフです。
1アランチーニ(稲・米俵)、2ブロッコリーのチーズ焼き(山・白妙)、3鹿のおしりサンドイッチ(鹿)、4大和まなの白和え(霜)、5三笠焼(三笠の山)、6竜田揚げとパプリカのトマトソース和え(竜田川・紅)、7人参しりしり(紅葉山)、8柿(泉川の流れる木津の名産)、9里芋餅の粉チーズまぶし(里・雪)、10梅花人参(梅の花)、11十二単サンドイッチ(宮廷)、12里芋餅の桜エビまぶし(桜)、13紅葉のパプリカ(嵐で散る紅葉)、14和風冷製パスタ(山おろし)、15カツレツ(衣・打つ)
作成時間:約3時間

16 ふるさと再発見!弁当(畿央大学ヘルスチーム菜良チームB)

近畿の食材を堪能できるとともに、和歌山県の「かきまぶり」や奈良県の「かぼちゃのいとこ煮」、大阪府の「いなり寿司」など、近畿の伝統料理を家族で楽しみながら継承できるお弁当になっています。また、お弁当には欠かせないだし巻き卵やちくわの磯部揚げを入れて、普段お弁当を食べるときのような暖かみを感じることができるようにしました。
団体紹介:畿央大学 ヘルスチーム菜良に所属する一回生3人で作りました。
使用した近畿の食材:京都府(なす、ねぎ)兵庫県(玉ねぎ)奈良県(小松菜、蓮根)和歌山県(梅)
レシピ詳しくはこちらから
〈かきまぶり〉、〈大葉と梅のいなり寿司〉、〈ちくわの磯辺揚げ〉、〈鮭と蓮根の照り焼き〉、〈かぼちゃのいとこ煮〉、〈だし巻き卵〉、〈なすとピーマンのごま味噌炒め〉、〈野菜の肉巻き〉、〈玉ねぎのステーキ〉
作成時間:2時間

17 栄養満点◎近畿の彩弁当(畿央大学  健康科学部健康栄養学科(畿央 nutrition egg team・食育ボランティアサークル))

作る際に短時間で効率良く、また見た時に誰もが食べたいと思えるようなお弁当を意識し調理を行いました。短時間で完成させるためにひとり一人が一つのおかずを完成させるのではなく、全員で協力し、助け合いながら、それぞれのおかずを仕上げました。
また、近年、食の欧米化が進み、脂質や塩分の摂取が増加しています。そのような中、不足しがちな植物性タンパク質やビタミン、カルシウム、食物繊維を豊富に摂取できるお弁当にしました。特に湯葉、丹波黒豆にはこれらの栄養素が多く含まれています。
団体紹介:畿央大学の食育ボランティアサークル′nutrition egg team’で活動している1回生4人で作成しました。
使用した近畿の食材:丹波黒豆(兵庫県)、ゆば(滋賀県)、富有柿(奈良県)、泉州水なす・プチトマト(大阪府)、リーフレタス(京都府)、パプリカ(和歌山県)
レシピ詳しくはこちらから
丹波黒豆ご飯、ゆばの海老春巻き、泉州水なすのはさみ焼き、冨有柿のピンチョス風、卵焼き
作成時間:35分

18 ボリューム満点!みんなの満腹中枢を刺激します!(畿央大学ヘルスチーム菜良チームA)

満足感と栄養バランスを意識しました。定番の卵焼きに加え、照り焼きチキン、ハッシュドポテトなどが入っており、このお弁当1つで満足感が得られます。また、ブロッコリーのビタミンCや小松菜とちりめんじゃこのカルシウムを中心に、不足しがちな栄養素も補えるおかずを入れてみました。さらに、小松菜と油揚げの炒め煮や照り焼きチキンは特にごはんとの相性が良いので、お弁当になくてはならない存在であるごはんをおいしく食べることができます。
役割分担としては、1人2~3品ずつのおかずを持ち寄り、テーマであった満足感や栄養バランス、彩りなどを考慮して9品の品の中から厳選しました。
調理上のポイントは、誰でも簡単に作ることができるように配慮したことです。また食材は私たちの地元大阪で作られているものや淡路島で獲れるものを使いました。
団体紹介:畿央大学ヘルスチーム菜良で活動する2回生3人で作りました。
使用した近畿の食材:小松菜、油揚げ(兵庫県)、ちりめんじゃこ(兵庫県・淡路島)、じゃがいも、ブロッコリー、ミニトマト、リーフレタス(大阪)
レシピ詳しくはこちらから
小松菜と油揚げの炒め煮、ねぎ入り卵焼き、ブロッコリーのおかか和え、照り焼きチキン
作成時間:40分

19 自分へのご褒美、プチ贅沢なカラフル弁当(東大阪大『非日常を楽しみ隊』)

日常に彩りを与えるために、いつものお弁当を少し贅沢にし、カラフルで写真映えするような美味しいお弁当を考えました。
団体紹介:東大阪大学短期大学部実践食物学科栄養士コース1年実習グループの4人です。
使用した近畿の食材:梅干し(和歌山県)、難波葱(大阪府)、卵(大阪府)、小松菜(大阪府)、白菜(大阪府)、なす(大阪府)、えびいも(京都府)、玉ねぎ(大阪府)、地鶏(兵庫県)、有田みかん(和歌山県)
レシピ詳しくはこちらから
「卵焼き」、「小松菜とハムのピリ辛ナムル」、「茄子の味噌炒め」、「ポテトグラタン」、「照焼きチキン」、「おにぎり」
作成時間:120分

20 近畿のええもんギュッとランチ(東大阪大『JPL(ジャパニーズランチ)』)

皆さん11月24日は何の日かご存知ですか?そう、『和食の日』です。食の欧米化が進む中、今回は和食をテーマにしました。中でも日本の代表的な食材の一つである納豆をかき揚げにし、難波ネギや丹波の黒豆、淡路島産ひじきなど栄養価の高い近畿の食材を加えました。揚げてあるので臭みが和らぎ納豆が苦手な人にもおすすめです。老若男女問わず、このお弁当をきっかけに和食を見直してみませんか?
団体紹介:東大阪大学短期大学部実践食物学科栄養士コース1年実習グループの4人です。
使用した近畿の食材:大和いも(京都府)、金時人参(大阪府)、難波ねぎ(大阪府)、小松菜(大阪府)、卵(大阪府)、丹波の黒豆(兵庫県)、ひじき(兵庫県)、しらす(兵庫県)、米(兵庫県)、有田みかん(和歌山)
レシピ詳しくはこちらから
【大和芋と明太子巻き】、【納豆のかき揚】、【春菊としらすのだし巻き卵】、【五目ご飯】、【サワラの塩焼き】、【皮の器みかんゼリー】
作成時間:1時間30分

21 栄養しか勝たん!(東大阪大『お~パンダ』)

大阪を中心とした食材を利用し、老若男女に親しんで食べてもらえるよう彩りよく、ヘルシーかつ日本の伝統である和食にして作りました。全世代のメタボリックシンドロームの予防のため味を濃すぎず薄味にしてみました。歯ごたえのあるネギや旬の野菜であるカブを取り入れ、冬の季節をイメージして食べてもらえるようにという思いから作りました。
団体紹介:東大阪大学短期大学部実践食物学科栄養士コース1年実習グループの5人です。
使用した近畿の食材:難波ネギ(大阪府)、天王寺かぶら(大阪府)、卵(大阪府)、サワラ(大阪府)、しらす(兵庫県)、有田ミカン(和歌山県)、米(兵庫県)、梅干し(和歌山県)
レシピ詳しくはこちらから
枝豆と梅干しの混ぜご飯、煮魚、卵焼き、海苔のサラダ、有田みかん
作成時間:45分

22 パワーアップ弁当(東大阪大『セーラームーン』)

お昼から餃子を食べて元気モリモリ!
午後からも頑張れそう。
眼から楽しむ、食べて楽しむワクワクするお弁当です!
団体紹介:東大阪大学短期大学部実践食物学科栄養士コース1年実習グループの6人です。
使用した近畿の食材:難波ねぎ(大阪府)、金時人参(大阪府)、丹波大納言小豆(兵庫県)、ゆず(兵庫県)、キャベツ(大阪府)、卵(大阪府)、米(兵庫県)
レシピ詳しくはこちらから
みょうがご飯、ちりめんじゃこと大根の葉のふりかけ混ぜご飯、玉子焼き、揚げ餃子、いとこ煮、ひじき、きんぴら、しめじおろし和え、肉巻き
作成時間:ー

23 大阪上下弁当(東大阪大『チーム食ベスト』)

大阪産の食材を中心に大阪府の上にある兵庫県産の伊丹米とちりめんじゃこ、大阪府の下にある和歌山県産の有田みかんを使いました。
身近に手に入る材料を使い、誰でも簡単に作ることができるお弁当です。
ピーマンの肉詰めには有田みかんを刻んで入れ、さわやかに仕上げました。
団体紹介:東大阪大学短期大学部実践食物学科栄養士コース1年実習グループの5人です。
使用した近畿の食材:米(兵庫県)、ちりめんじゃこ(兵庫県)、天王寺蕪の葉(大阪府)、難波ねぎ(大阪府)、金時人参(大阪府)、卵(大阪府)、有田みかん(和歌山県)、丹波黒豆(兵庫県)
レシピ詳しくはこちらから
蕪の葉とちりめんじゃこのなめしおにぎり、難波ねぎの卵焼き、ポテトサラダ、ピーマンの肉詰め、エリンギのベーコン巻き
作成時間:60分

24 新陣代謝up!!好きな物もりもり弁当☆(東大阪大『師匠と愉快なぺガ』)

ハンバーグとからあげを入れてボリューム満点のお弁当にしました。ハンバーグには金時人参、難波ネギ、淡波路の玉ねぎを入れ、食感を楽しめるようにしました。からあげには兵庫の地鶏を使用していて、とてもジューシーです。ポテトサラダと煮物はチームメンバーが好きなので入れました。たんぱく質が多いので新陣代謝upできます。
団体紹介:東大阪大学短期大学部実践食物学科栄養士コース1年実習グループの5人です。
使用した近畿の食材:金時人参(大阪府)、難波ネギ(大阪府)、卵(大阪府)、地鶏(兵庫県)、米(兵庫県)、玉ねぎ(兵庫県)、有田ミカン(和歌山県)
レシピ詳しくはこちらから
【ハンバーグ】、【からあげ】、【ポテトサラダ】、【煮物】
作成時間:約1時間

25 KYOTO四季弁当(京栄校  石川ゼミ)

私たちの学校は京都・嵐山にあり、特に四季の変化が美しい場所です。また京都には、後世へ受け継ぐべき多くの特産品や食材があります。そのような環境で食の勉強ができることに感謝し、食の楽しさだけでなく、地産地消の大切さや日本の美しい四季を伝えらえるようなお弁当を作りたいと考え、本コンクールに応募しました。
お弁当を作るにあたっては、和食の基本である五味五色を取り入れること、肉・魚・卵・豆類をそれぞれ主菜とし春夏秋冬を表現すること、緑黄色野菜や芋類、海藻類などもバランスよく取り入れること、子どもから大人まで思わず手を伸ばしたくなる彩りやサイズ感を考慮することなど、授業で習った内容を意識しながら構成を考えました。そのうえで試作を重ね、管理栄養士や調理師の先生方のアドバイスをいただき、本作品を仕上げることができました。
「春」の主菜には、色鮮やかな京都府産の人参を使用した野菜の鶏肉巻きを中心に、花の形に整えたカブの梅酢付けを添え、春の草花の芽吹きを表現しました。
「夏」の主菜には、紅ショウガを加えただし巻き卵を中心にトマトのハム大葉巻きを添え、彩りよく夏の爽やかさを表現しました。
「秋」の主菜である和風豆腐ハンバーグには肉を使用せず余った人参やカブなどの野菜をたっぷり混ぜ、無駄なくヘルシーなおかずに仕上げました。
「冬」の主菜であるはんぺんと白菜の和風シュウマイは、肉種と白菜を別に調理することで、白菜の色を活かすことができ、彩りよく盛り付けることすることができました。
副菜は、野菜やキノコ類など不足しがちな食材を中心に主菜とのバランスを考慮し調理しました。おにぎりも1列ずつ春夏秋冬の彩りをイメージし、春には梅、秋にはカボチャや栗と旬の食材を取り入れ、季節を感じられるようにしました。中でも冬をイメージしたシンプルな塩おにぎりは日本の伝統的な市松模様や手毬を海苔で表現し、「和」を感じられるようにしました。
今回のお弁当作りにおいては多数の食材を使用し、余った具材をハンバーグやシュウマイの種に混ぜること、カブの葉や白菜の芯をおにぎりの具に活用するなど、食品ロスを最低限に抑えることも意識しました。また、7人それぞれの意見を尊重し、まとめることの難しさを痛感し、仲間と声を掛け合い協力しながら調理することの大切さを学びました。今後、食のプロフェッショナルとして仕事に従事することになりますが、今回の学びを活かし、さらに知識を深めていきたいと思います。
団体紹介:京都栄養医療専門学校栄養士科1年の社会人クラス7名です。
年齢バラバラの7名が集結。意見集約が大変でしたが、管理栄養士・調理師の講師の先生にもアドバイスをいただき、1つのお弁当を作りあげました。栄養士の卵として食材を活かす調理方法やチームで協力することの大切さを学びました。これからも様々なことに挑戦していきたいです!
使用した近畿の食材:米、豆腐、人参、カブ、黒豆の蜜煮、京丹波大黒本しめじ(京都府産)
レシピ詳しくはこちらから
 <野菜の鶏肉巻き>、<カブの梅酢漬け>、<トマトのハム大葉巻き>、<紅ショウガ入りだし巻き卵>、<ほうれん草と菊の花のお浸し>、<和風豆腐ハンバーグ>、<サツマイモの甘露煮>、<京丹波大黒本しめじのバター焼き>、
<人参の甘辛煮>、<白菜とはんぺんの和風シュウマイ>、<菊花カブラ>、<ほうれん草巻きおにぎり>、<梅と大葉のおにぎり>、<生ハム巻きチーズおにぎり>、<剥き枝豆と鮭のおにぎり>、<栗ごはんのおにぎり>、
<かぼちゃの巾着>、<塩おにぎり>
作成時間:約2時間

26 近畿の食材を白だしで美味しく弁当!!(羽衣国際大学人間生活学部食物栄養学科『お弁当大好きガールズ』)

近畿で採れた食材をすべて大阪で有名な「白出し」で味付けしました。白だしには体内を正常に保つパントテン酸や、脂質の代謝を助けるナイアシンなど、微量ながらも栄養素がよく含まれています。また、その他のだしと比べ、白だしは色が淡いので、茶色に染まることなく食材の色を生かしつつ、だしの風味をつけることができます。それにより、食材本来の鮮やかな色彩を放ち、食欲をそそるお弁当となりました。
団体紹介:羽衣国際大学のクラスメイト5人で作りました。
使用した近畿の食材:卵・鶏モモ・鶏ささみ・ごま・トマト(大阪)、すだち・梅干し・青じそ(和歌山)、キャベツ(兵庫)、鰹節(三重)
レシピ詳しくはこちらから
〇さっぱりヘルシー‼”揚げない”竜田揚げ
〇手作り‼鰹節と梅の和風ふりかけ
〇白だしたっぷり‼減塩だし巻き卵
〇だし香る‼キャベツとささみの胡麻和え
〇お手軽‼ミニトマトと大葉の白だし風味サラダ
作成時間:40分

27 目でも楽しめる彩り弁当(相愛大学発達栄養B

お弁当は茶色になりがちなので今回は彩りに注意して調理しました。
蓮根のはさみ焼きは鶏のミンチ肉を使うことで脂質を押さえました。余った蓮根や人参をたっぷりいれたので野菜も沢山取れるようになっています。
アスパラベーコンはピックに2つずつ刺して弁当を食べる人が食べやすい工夫もしました。
ご飯の上の鮭は鮭フレーク等を使わないで焼いてから大きめにほぐしたことがこだわりです
団体紹介:相愛大学人間発達学部発達栄養学科の一回生Bクラスの4人
使用した近畿の食材:金時人参(大阪府)、難波ネギ(大阪府)、卵(大阪府)、地鶏(兵庫県)、米(兵庫県)、玉ねぎ(兵庫県)、有田ミカン(和歌山県)
レシピ詳しくはこちらから
アスパラベーコン、白菜とツナの和風サラダ、にんじんしりしり、鮭ごはん、ちくわの梅巻き
作成時間:45分

28 夏をお届け弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)

夏野菜を使ったお弁当を作りました。
コロナ禍の学内での給食実習はお弁当形式で販売し(350円)、多くの学生や教職員に喜んでいただきました。初夏に夏が旬の野菜を使った献立を入れて提供しました。がっつりとあっさりがセットになったお弁当です。
団体紹介:大阪成蹊短期大学栄養学科2回生の給食管理実習では、1班13名で約100食作り、学内において350円で販売します。昨年と今年はコロナ感染対策のためお弁当形式の日を増やして行いました。
使用した近畿の食材:近江米(七分づき)・枝豆とミニトマト(大阪府)
レシピ大葉とゆかりの混ぜご飯、チキン南蛮と鱈のフライ(鶏肉または鱈をセレクト・レタス・ミニトマト))、オクラと長芋のポン酢和え(長芋・オクラ)、枝豆とコーンのバター炒め(枝豆・コーン)、白桃(缶詰)
作成時間:60分

29 気分は韓国弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)

「気分は韓国弁当」を作りました。
コロナ禍の学内での給食実習はお弁当形式で販売し(350円)、多くの学生や教職員に喜んでいただきました。海外旅行に行けない状況なので、せめて食で気分だけでも韓国を味わっていただきたく作りました。
団体紹介:大阪成蹊短期大学栄養学科2回生の給食管理実習では、1班13名で約100食作り、学内において350円で販売します。昨年と今年はコロナ感染対策のためお弁当形式の日を増やして行いました。
使用した近畿の食材:近江米(七分づき)・ミニトマト(大阪府)・たまねぎ(兵庫県)
レシピ:ごはん、プルコギ(豚肉・ニラ・人参・玉ねぎ・しょうが・ニンニク・サニーレタス)、オクラとトマトのさっぱり和え、大学いも、フルーツミックス
作成時間:50分

30 みんな大好き!照り焼き弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)

「みんな大好き!照り焼き弁当」を作りました。
コロナ禍の学内での給食実習はお弁当形式で販売し(350円)、多くの学生や教職員に喜んでいただきました。照り焼きのこってりと香味和えのあっさりのバランスが良く、夏の定番献立「ラタトゥイユ」で季節を感じるお弁当です。
団体紹介:大阪成蹊短期大学栄養学科2回生の給食管理実習では、1班13名で約100食作り、学内において350円で販売します。昨年と今年はコロナ感染対策のためお弁当形式の日を増やして行いました。
*本実習では、常時谷口教授の実家(滋賀県草津市)産の七分づき米を使用しています。
使用した近畿の食材:近江米(七分づき)・茄子(和歌山)・たまねぎ(兵庫)
レシピ:ごはん、照り焼き(ぶりまたは鶏)、ラタトゥイユ(トマト缶・たまねぎ・パプリカ・なす・ズッキーニ)、きゅうりの香味和え(きゅうり・みょうが・青じそ・しょうが)、パイナップル缶
作成時間:60分

31 夏を乗り切ろう!酢豚弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)

「夏を乗り切ろう!酢豚弁当」を作りました。
コロナ禍の学内での給食実習はお弁当形式で販売し(350円)、多くの学生や教職員に喜んでいただきました。暑い夏を乗り切るため、食欲増進や水分補給を考えて作りました。
団体紹介:大阪成蹊短期大学栄養学科2回生の給食管理実習では、1班13名で約100食作り、学内において350円で販売します。昨年と今年はコロナ感染対策のためお弁当形式の日を増やして行いました。
*本実習では、常時谷口教授の実家(滋賀県草津市)産の七分づき米を使用しています。
使用した近畿の食材:近江米(七分づき)・たまねぎ(兵庫県)・茄子(和歌山)
レシピ:わかめと鮭の混ぜご飯、酢豚(豚肉・人参・玉ねぎ・ピーマン)、シャキシャキ中華サラダ(もやし・きゅうり・ハム)、ピリ辛茄子の煮びたし(茄子・ねぎ)、フルーツミックス
作成時間:60分

32 夏は中華で乗り切ろう弁当(大阪成蹊短期大学栄養学科2回生給食管理実習)

「夏は中華で乗り切ろう弁当」を作りました。
コロナ禍の学内での給食実習はお弁当形式で販売し(350円)、多くの学生や教職員に喜んでいただきました。暑い夏を乗り切るため、中華料理で食欲を刺激し、夏バテ防止になりそうな献立を考えました。
団体紹介:大阪成蹊短期大学栄養学科2回生の給食管理実習では、1班13名で約100食作り、学内において350円で販売します。昨年と今年はコロナ感染対策のためお弁当形式の日を増やして行いました。
*本実習では、常時谷口教授の実家(滋賀県草津市)産の七分づき米を使用しています。
使用した近畿の食材:近江米(七分づき)・茄子(和歌山)・スイカ(和歌山)
レシピ:ごはん、麻婆茄子(豚ミンチ・茄子)、きゅうりとキクラゲの和え物(きゅうり・キクラゲ)、ブロッコリーとコーンの和え物(ブロッコリー、コーン)、スイカ
作成時間:60分

 
詳しいレシピはこちら


9 五感くすぐり美菜弁当

[カルシウム不足なんて言わせない!じゃこの混ぜご飯]
材料:ちりめんじゃこ16g ごま油2g(小さじ4分の1) 醤油1.5g(小さじ4分の1) 青のり1.5g
1.鍋にごま油をひき、ちりめんじゃこを加え、炒める。
2. 白ごまを加えて、弱火で炒める。
3. 醤油を加え、火を止める。
4. 青のりを加え、混ぜる。

[揚げずにサクッと豚肉の梅しそ巻き]
材料:豚ロース2枚 大葉2枚 味付けのり2枚 梅肉10g パン粉5g(小さじ5)
1.パン粉はフライパンできつね色になるまで、乾煎する。
2.バットに豚ロースを並べ、その上に大葉、海苔、梅肉の順にのせ、巻く。
3. パン粉をふりかけ、クッキングシートの上に並べ、220℃のオーブン で8分焼く。

[ごま油香る三色ナムル]
材料:ほうれん草20g にんじん5g しめじ10g
(タレ)ごま油4g(小さじ1) 白いりごま2.6g(小さじ1) 鶏がらスープの素0.6g(小さじ4分の1)
1鍋にお湯を沸かし、食塩を入れ、ほうれん草を茹でる。よく絞って、 食べやすい大きさに切る。
2にんじんの皮を剥いて、千切りにする。
3しめじは石づきを落とし、5cm幅に切る。
4 耐熱ボールににんじんとしめじを入れて、ふんわりとラップをかけ 600wの電子レンジで3分程加熱する。
   ざるにあげて水気を切りなが ら粗熱を取る。
5 ボールにタレの材料を合わせ、4を加えてよく合わせる。

[シャキシャキキャベツのレモン漬け]
材料:キャベツ2枚 レモン4分の1個 レモン汁7.5g(小さじ1.5) 砂糖 4.5g(大さじ2分の1) 食塩少々
1 キャベツは2cm幅に切る。
2 レモンは皮を厚めにむき、白い部分を取り除き、千切りにする。果 汁は大さじ1.5g程を絞る。
3 ボウルにキャベツ、塩、レモンを入れ、塩をふって混ぜ、10分程置 く。しんなりしたら水気をよく絞る。
3にレモン汁、砂糖、塩を入れ、全体に味がなじむまで混ぜ合わせる。

[冷めても美味しい卵焼き]
材料:卵50g(1個) 顆粒和風だし少々 砂糖1.5g(小さじ2分の1) 食塩少々 調合油小さじ2分の1
1 ボールに卵、調味料を加えかき混ぜる。
2 卵焼き用フライパンで卵を焼く。


10 近畿を表現!手毬弁当

黄身のシャリ
1、長芋の皮をむき、適当な大きさに切り、蒸す。ゆで卵を作る。
2、ゆで卵の黄身を裏ごし、蒸した長芋を裏ごしたものを加える。
3、酢、砂糖で味付けする。

マッシュポテト
1、ジャガイモの皮をむき、適当な大きさに切ってゆでる。
2、一度ざるにあげ、もう一度鍋に戻してこふきいもにする。
3、マッシャーで潰し、牛乳、塩、コショウで味をつける。
ポテトサラダ
1、マッシュポテトにゆでたニンジン、キュウリ、マヨネーズを加える。

写真左上から、
エビの手毬寿司
1、エビの背ワタをとり、ゆでて、殻をむき、腹開きにする。
2、ラップに1、黄身のシャリを置いて、整形する。
3、スプラウトをのせる

湯葉巻き
1、湯葉で卯の花を巻き、焼き色を付ける。
2、適当な大きさに切る。
3、みょうがの千切りをのせる。

花蓮根の黄身寿司
1、蓮根を花の形に切り酢水でゆでる。
2、ラップに花蓮根、黄身のシャリを置いて整形する。
3、イクラをのせる。

きんぴらだし巻き卵
1、ささがきしたニンジン、ゴボウを醤油、酒、みりん、砂糖で煮る。
2、だし巻き卵に1を入れて巻く
3、適当な大きさに切る。
肉寿司
1.マッシュポテトを肉で巻き、焼き肉のたれで照り焼きにする。
2.ラップで整形して、輪切りにしたすだちを乗せる。

ポテトサラダの手毬寿司
1.ポテトサラダをラップで整形する。
2.薄く輪切りにしたキュウリをのせ、黄身のシャリを小さくしてのせる。

めはり寿司
1.ご飯に高菜の茎の部分と白炒りごまを混ぜる。
2.高菜の葉っぱで1を巻く。

ちりめん山椒寿司
1.ご飯にちりめん山椒を混ぜ、ラップで整形する。
2.実山椒、ちりめん山椒をのせる。

みょうがの手毬寿司
1.みょうがを軽くゆで、一枚ずつ剥き甘酢につける。
2.ラップにみょうがと白ご飯を包み、整形する。

11 パンダさんと一緒に免疫力up!!弁当

【疲労回復!!豚の生姜焼き】
1、豚肉30gを食べやすい大きさに切り、玉ねぎ15gはくし切りに切る。
2、タレは焼肉のタレ7.5gと生姜を1.3g加えて混ぜる。
3、フライパンに油1g を引き、豚肉と玉ねぎを炒め、火が通ったらタレを加えて出来上がり。

【和歌山と兵庫の味!挟んで簡単!梅しそかまぼこ】
1、かまぼこを8等分に切り(1切れ8g)、それぞれのかまぼこの真ん中に切込みを入れる。
2、フライパンで少し焼き色が付くまで焼く。
3、しそは半分(0.5g)に切り、梅2.5gは種を除いて包丁で叩くように切る。
4、かまぼこの切込みを入れたところにしそ、梅の順にのせて、挟んで出来上がり。

【免疫力up!!きんぴらごぼう】
1、人参10gとごぼう10gは、千切りにしておく。
2、耐熱ボウルに、ごぼう、人参、ごま油を入れて混ぜる。 ラップをして、レンジ【600w】で3分加熱する。
3、2にみりん 2g、醤油 3g、砂糖 0.3gを加え混ぜ、レンジ【600w】で1分 加熱する。炒りごま1gを加えて出来上がり。

【鉄とビタミンC豊富!ほうれん草とコーンのバター炒め】
1、ほうれん草20gは茹で、水気をよくきり1口サイズに切る。
2、フライパンにバター1g を溶かし、ほうれん草と水気をきった缶詰めのコーン5gを加えて炒める。
3、醤油1gを加え、サッと炒めて出来上がり。

【卵焼き】
1、ボウルに卵32gを割り、顆粒だし0.1g、砂糖1.5g、塩0.1gを加えてかき混ぜる。
2、油1.5gを引き、少しずつ卵を入れて巻いていく。 3、切り分けて、出来上がり。

【添え野菜】
1、人参、ブロッコリーは茹でミニトマトを添えて出来上がり。

12 ヘルシーフード弁当

1、タコ飯 
材料:米2合、水だこ200g、薄口醤油大さじ2、酒大さじ1、うま味調味料小さじ2 
作り方:タコを食べやすい大きさに切り、下茹でをする。米2合と合と調味料と2合分の水を加え米を炊く。
完成したら、ご飯を混ぜて完成。

2、タイの炊き込みご飯
材料:米2合、鯛1尾、人参半分、油揚げ1枚、舞茸半パック、薄口醤油大さじ2、酒大さじ1、しょうが少々 
作り方:鯛を3枚におろし、骨、血合いを除去する。
鯛の皮目に切れ目を入れてカリッとするくらい焼く。
お釜に米2合と調味料を合わせ、米2合分の水を加える。
人参、油揚げ、舞茸、を適当な大きさに切り、お釜に入れ、鯛を上にのせて炊飯する。
完成したらご飯を混ぜる。

3、サバ水煮缶バーグ 
材料:サバ水煮缶1缶、豆腐1丁、パン粉、片栗粉、卵1個 
作り方:サバ缶をボールに入れてほぐす。
豆腐、パン粉、片栗粉、卵を入れて混ぜ、成形して焼く。

4、エテガレイのフライ 
材料:エテガレイ3尾、塩、胡椒、小麦粉、卵、パン粉 、タルタルソース(ゆで卵2個、玉ねぎ1個、マヨネーズ適量、パセリ適量)
作り方:エテガレイを5枚におろし、塩、胡椒をふり、小麦粉、卵、パン粉を付けて油で揚げる。
上記の材料でタルタルソースを作り、フライにつける。

5、ツナポテトサラダ 
材料:じゃがいも2個、きゅうり半分、ツナ缶1缶、マヨネーズ、塩コショウ
作り方:上記の材料を合わせ、ツナポテトサラダを作る

6、ちくわの磯部揚げ 
材料:ちくわ4本、薄力粉、水、青のり 
作り方:上記の材料を合わせ、ちくわの磯部揚げをつくる。

7、ちくわキュウリ

8、タコときゅうりの酢の物

9、だし巻き卵

10、ウインナー

13 海外旅行気分を味わっちゃおう!ピクニックで女子会弁当

一の重 韓国 
「キンパ」海苔にご飯を敷き、ほうれん草と人参のナムル、プルコギ、ツナマヨ、たくあんなどを入れて巻きました。
切った時に華やかになるように彩りを豊かにし、シャキシャキとした食感が楽しめるように具材を沢山入れました。 
「ポッサム」 豚肉をネギや生姜などの香味野菜と一緒に湯で、味噌やコチュジャンなどを使った酸味のあるタレにディップして食べます。
包んだ大葉が味のアクセントになり、より風味が増します。 
「ナクチポックム」  タコと万願寺とうがらしと玉ねぎをぶつ切りにし、コチュジャンベースの辛いタレで炒めました。
京都の万願寺とうがらしがいい存在感を出しています。
「大根の酢漬け」  角切りした大根にお酢と砂糖を合わせたタレでつけました。
濃い味付けのあとの、最高の箸休めです。
 「クロッフル」  少し前から韓国で流行っている、クロワッサンの生地をワッフルメーカーで焼くクロッフルを作りました。
クロワッサンの生地を一から作り、こだわりの生地に仕上げました。表面はカリッと、中はモッチりとした最高の食感です。    

二の重 イタリア
 「ピザ」 
マルゲリータ:ピザ生地を一から作り、トマトソースとバジル、フレッシュトマト、モッツァレラをトッピングしました。
新鮮なトマトとバジルとチーズは王道で最強の組み合わせです。 
ホワイトソース:ホワイトソースを一から作り、かぼちゃ、ほうれんそう、ベーコン、なすなどの京野菜をつめ混んだピザにしました。
イタリアの中にも京都の冬を感じる一品です。 
「ハムのムース」
ハムとバター、黒コショウ、オリーブオイルを入れ、フードプロセッサーで混ぜ、ふんわり仕上げました。
バターの香りと黒コショウのアクセントがマッチしていてとても美味しいです。 
「フライとトマトのケッカーソース」
たらとれんこんをパン粉につけて揚げました。
ケッカーソースは「冷たいトマトソース」のことで、フレッシュなトマトとオリーブオイル、赤ワインとビネガーを混ぜて、バジルで味付けをしました。
サクサクのフライと酸味のあるトマトソースは相性抜群です。 
「パンナコッタ」
イタリアのデザートで生クリームをベースとした生地をゼラチンで固め、奈良県産の柿をトッピングしました。
柿はすりおろしてジャムソースにしたものと角切りにしたものをのせ、食感にアクセントをつけました。   

三の重 メキシコ 
「カルネ・アサーダ」
牛肉をすだちとレモンの柑橘系のフルーツとオリーブオイル、パクチーでマリネした後に、表面を焼き、レアに仕上げました。
爽やかな柑橘系の香りとお肉のジューシーさを感じられます。 
「ミートタコス」
ひき肉と玉ねぎを炒め、クミンなどの香辛料とトマトで煮込みました。
その他の食材(アボカド、トマト、チーズなどなど)を準備してトルティーヤで巻きました。
自分で好きな具材を入れてアレンジできる楽しみもあります。香辛料の香りがまるで本当にそこにいるかのような気分にさせてくれます。 
「アボマヨ」
メキシコを代表するアボカドをマヨネーズであえることで、他の食材とのバランスを取りました。
「トマトソース」
トマトとオリーブオイル、ブラックペッパーを使い、隠れながらも味にパンチをきかせた一品です。  

14 ⽇和弁当

【おいなりさん2種(⽔菜と柴漬け)(ゆり根と柚⼦)】
いなりあげ (くどすぎない⽢さに仕上げ、薄⼝醤油の上品な⾒た⽬に仕上げました。)
薄揚げ8枚(寿司揚げではなく、普通の薄揚げを⽤いる) (a)⽔ 600ml (a)薄⼝醤油 ⼤さじ4(60g) (a)きび砂糖 ⼤さじ4 (a)本みりん ⼤さじ2
1.薄揚げは、縦と横4等分に切り、⼿で開く。 熱湯で油抜きをする。両⼿で押さえて、油と⽔分を優しく抑える。
2.鍋に(a)と1.を加えて⽕にかけ、沸騰したら、落としぶたをして弱⽕で10分煮る。

⽔菜と柴漬け (⽔菜と柴漬けの⾷感が楽しい、おとめな⾊の混ぜご飯です。)
⽶ 1合、酒 ⼤さじ1、 塩 ⼩さじ2分の1、⽔菜 50g、柴漬け 30g
1.⽶を研ぎ、30分以上浸漬させる。
2.分量の⽔と酒と塩を⼊れてご飯を炊く。
3.⽔菜を洗って3mm程度に刻み、塩もみする。
4.柴漬けをみじん切りにして、⽔を切った⽔菜と合わせておく。
5.炊きあがったご飯に3.を加えてよくかき混ぜる。

百合根と柚⼦ (百合根のホクホクとした優しい⽢味と、柚⼦の⾹りを楽しむ炊き込みご飯です。)
⽶ 1合 酒 ⼤さじ1 塩 ⼩さじ2分の1 昆布 5cm各1枚 百合根 1個(Sサイズ) ゆずの⽪4分の1
1.⽶を研ぎ、30分以上浸漬させる。
2.百合根はりんけいを外して、⽔を張ったボウルの中でやさしく洗う。柚⼦の⽪は、千切りにし、飾り⽤に6個松葉柚⼦を作る。
3.分量の⽔、酒、塩、百合根を⼊れてご飯を炊く。
4.炊きあがったご飯に千切りにした柚⼦の⽪を加えてよくかき混ぜる。

【⾥芋と九条ネギのコロッケ】 (じっくり炒めることで九条ネギのうま味を引き出しました。味付けは敢えてシンプルに、塩こしょうがよく合います。)
⾥芋 500g(⽪むき後400g) 合い挽き⾁ 100g 九条ネギ 100g 塩 ⼩さじ2分の1(3g) ⼩⻨粉、卵、パン粉 各適量 揚げ油 適量 こしょう 適量
1.⾥芋は⽪を剥き、電⼦レンジで柔らかくなるまで600w10分加熱する。
2.熱いうちにマッシャーで潰す。
3.油を引いていないフライパンで合い挽き⾁を炒める。
4.合い挽き⾁の⾊が変わったら、九条ネギを加えしんなりするまで3~5 分しっかりと炒め、塩、こしょうを加えて⽕を⽌める。
5. 4.のフライパンに2,を加えて、よく混ぜる。
6. 15等分にし、俵形に形を整える。
7.⼩⻨粉、卵、パン粉の順で⾐を付ける。
8.揚げ油できつね⾊になるまで揚げる。

【だし巻き卵】 (お出汁のよく効いただし巻き卵は関⻄の定番料理です。)
卵 2個 だし ⼤さじ2 酒 ⼩さじ1 砂糖 ⼩さじ1 醤油 ⼩さじ2分の1 塩 少々
1.卵液に調味料を⼊れる。
2.熱したフライパンに油をしき、卵液を流し込む。
3.巻きすで形を整える。

【あらめと丸⼤⾖の煮物】 (しっかりと煮上げるのが時間が経っても美味しいおばんざいのポイントです。)
きざみあらめ 8g 茹で丸⼤⾖ 130g ⼲し椎茸 1枚 (a)⼲し椎茸の戻し汁+⽔ 100ml (a)濃⼝醤油 ⼩さじ1と2分の1 (a)本みりん ⼩さじ1と2分の1 ごま油 ⼩さじ1
1.あらめは⽔で戻し、戻したらザルにあげて⽔をきる。
2.⼲しシイタケを⽔で戻してせん切りにする。
3.中⽕に熱した鍋にごま油をひき、あらめ、⼲し椎茸、茹で丸⼤⾖を⼊れて油がまわるまで炒める。
4. (a)を加えて⽔分がなくなるまで炒め煮にする。

【⽢酒で作る即席千枚漬け】 (発酵⾷品の⽢酒を使⽤することで、即席でも味わい深い千枚漬けができました。)
かぶら 250g(⽪をむいた状態) 塩 5g(塩揉み⽤かぶの2%) (a)⽢酒 50g (a)柚⼦の搾り果汁+酢 15g (a)塩 ⼩さじ4分の1 (a)鷹の⽖ 適量
1.かぶらは⽪を剥き、縦半分に切り、ごく薄切りにする。
2.ボウルに1、塩を和えて、しんなりするまで10分置いておく。
3. 2.は、⽔気を最初の重量の70%になるまで絞る。
4. ジッパー付き保存袋(a)、3.を⼊れて、袋の上からよく揉む。

15 百人一首in奈良弁当

括弧内は和歌から連想したモチーフです。
1アランチーニ(稲・米俵) トマトソースを混ぜたご飯でチーズを包んで俵型にし、焼き目を付けたパン粉をまぶしてトースターで加熱しました。
揚げないライスコロッケです。
2ブロッコリーのチーズ焼き(山・白妙) レンジで加熱したブロッコリーにチーズをかけ、トースターで焼き目を付けました。
3鹿のおしりサンドイッチ(鹿) 鹿のお尻の形に焼き目を付けたバゲットにたっぷりの卵サラダとレタスをサンドしました。
卵サラダには水にさらしたタマネギを混ぜ、爽やかさとうま味をプラスしました。
4大和まなの白和え(霜) レンジで加熱後水切りした豆腐をすりつぶし、茹でた大和まな、刻んだ柿、サクラエビ、すりごまを入れ、出汁醬油で味付けしました。お弁当に入れるということで衛生面にも注意し、レンジで加熱をしています。
5三笠焼(三笠の山) ホットケーキミックスと卵、砂糖、蜂蜜、みりん、牛乳で作った甘めの生地に、柿のコンポートを挟み、デザートとしました。
6竜田揚げとパプリカのトマトソース和え(竜田川・紅) 一口大に切った鶏むね肉に片栗粉をまぶして揚げ焼きにし、刻んだパプリカと共にトマトソースで和えました。
7人参しりしり(紅葉山) 千切りにした人参と溶き卵をゴマ油で炒め、酒と塩で味を調えました。
8(泉川の流れる木津の名産) 奈良県で採れた柿をそのまま味わえるようにしました。
9里芋餅の粉チーズまぶし(里・雪) レンジで加熱した里芋をすり潰し、チーズと混ぜて団子にし、軽く焼き目を付けて粉チーズをまぶしました。
10梅花人参(梅の花) 梅の花の飾り切りをした人参を砂糖と水で甘く煮ました。
11十二単サンドイッチ(宮廷) 十二単の色パターンの内の1つである「青紅葉」をイメージし、トマト、ハム、スライスチーズ、レタス、アスパラガス、キュウリをサンドしました。
12里芋餅の桜エビまぶし(桜) 上記9の里芋餅に桜エビをたっぷりまぶしました。
13紅葉のパプリカ(嵐で散る紅葉) イチョウとモミジの形に切ったパプリカを素揚げしました。
14和風冷製パスタ(山おろし) レンジでパスタを茹で、ポン酢、梅干し、ネギと和え、大根おろしを乗せました。
15カツレツ(衣・打つ) 豚ロースを叩き延ばし、パン粉と砕いた揚げ煎餅で衣をまぶし、揚げ焼きにしました。

元にした和歌は以下の通りです。
1 第1句 秋の田の  かりほのいほの  とまをあらみ  わが衣手は  つゆにぬれつつ
2 第2句 春過ぎて  夏来にけらし  白妙の  衣ほすてふ  天の香具山
3 第5句 奥山に  もみぢふみわけ  鳴く鹿の  声聞く時ぞ  秋は悲しき
4 第6句 かささぎの  渡せる橋に  置く霜の  白きを見れば  夜ぞふけにける
5 第7句 天の原  ふりさけ見れば  春日なる  三笠の山に  出でし月かも
6 第17句 ちはやぶる  神代も聞かず  竜田川  からくれなゐに  水くくるとは
7 第24句 このたびは  幣(ぬさ)もとりあへず  手向山  紅葉の錦  神のまにまに
8 第27句 みかの原  わきて流るる  いづみ川  いつみきとてか  恋しかるらむ
9 第31句 朝ぼらけ 有り明けの月と  見るまでに  吉野の里に  降れる白雪
10 第35句 人はいさ  心も知らず  ふるさとは  花ぞ昔の  香ににほひける
11 第61句 いにしえの  奈良の都の  八重桜  けふ九重に  にほひぬるかな
12 第66句 もろともに  あわれと思へ  山桜  花よりほかに  知る人もなし
13 第69句 あらし吹く  三室の山の  もみぢ葉は  竜田の川の  錦なりけり
14 第74句 憂かりける  人をはつせの  おろしよ  はげしかれとは  祈らぬものを
15 第94句 み吉野の  山の秋風  小夜ふけて  ふるさと寒く  衣うつなり

16 ふるさと再発見!弁当

〈かきまぶり〉
材料(1人分)米 200g、かつお節のだし汁 2分の3カップ、高野豆腐 3分の1枚、干し椎茸1枚、タケノコ33g、人参33g、赤かまぼこ 6分の1、いんげん 23g、卵1個、枝豆 適量
合わせ酢(酢 25g、砂糖 13g、塩 小さじ3分の1、みりん 大さじ2分の3)
調味料A (しょうゆ 大さじ3分の2、砂糖 6.6g、みりん  大さじ3分の1)
作り方
1.高野豆腐は、熱めの湯につけてもどし、水の中で手のひらで挟んでよくしぼり、小さく短冊切りにする。
2.干ししいたけは水にもどし、石づきをとって細切りにする。たけのこは小さく切り、赤かまぼこも細かく切る。
人参は洗って皮をむき、小さく切る。
3.いんげんは筋をとって、塩を一つまみ加えた熱湯で色よくゆで、斜め切りにする。沸騰したお湯に枝豆を入れ、柔らかくなるまで茹でる。
4.鍋にだし汁と調味料Aを入れて煮立て、1、2の材料を入れて汁がなくなるまで煮含める。
かまぼこは火を止める直前に入れる。
5.すし飯に汁気を切った4の具を加え、全体を混ぜる。上に錦糸卵、いんげん、枝豆を散らす。

〈大葉と梅のいなり寿司〉
材料(1人分)米 200g、すし酢  大さじ1、梅干し 15g、大葉 5枚、いなり寿司の皮 5枚
作り方
1.ボウルにごはんと寿司酢を加えて、しゃもじで切るように混ぜ合わせ、粗熱をとる。
2.大葉は軸を取ってせん切りにする。
3.梅干しは種を除いてみじん切りにする。
4.1に2、3を加えて混ぜ合わせる。
5.いなり寿司の皮に4を詰める。

〈ちくわの磯辺揚げ〉
材料(ちくわ2本分)ちくわ 2本、薄力粉 大さじ2、青のり 小さじ1、水 大さじ2、サラダ油 適量
作り方
1.ちくわは半分に斜め切りする。
2.ボウルに薄力粉、青のり、水、ちくわを入れ混ぜ合わせる。
3.鍋にサラダ油を入れ、170℃に熱し、2を入れてきつね色になるまで揚げる。

〈鮭と蓮根の照り焼き〉
材料(1人分)鮭の切り身 1切れ、蓮根 80g、しいたけ 1個、調味料A (しょうゆ 大さじ2 、みりん 大さじ2、料理酒 大さじ2 )、サラダ油 大さじ1、長ネギ 3cm
作り方
1.蓮根は皮をむき、5mm幅に切り、酢水に浸けておく。しいたけは半分に切り、薄切りにする。鮭は皮を取り除き、一口大に切る。
長ネギは千切りにする。
2.フライパンにサラダ油をひき、中火で熱したら鮭を炒める。
3.鮭が炒まったら、蓮根としいたけを入れ炒める。
4.調味料Aを加え炒め、汁気がなくなったら、火からおろす。
5.上に長ネギをのせる。

〈かぼちゃのいとこ煮〉
材料(1人分)かぼちゃ 100g、ぜんざいのもと 75g、水 50mL、しょうゆ 大さじ2分の1
作り方
1.かぼちゃの種をとり、一口大に切り、皮をむく。
2.かぼちゃと水を鍋に入れ、中火で約5分煮る。
3.かぼちゃを硬めに茹でたら、ぜんざいのもとと醤油を加え、弱火で10分煮る。

〈だし巻き卵〉
材料(1人分)卵 1個、醤油 小さじ2分の1、白だし 小さじ1、水 小さじ2分の3
作り方
1.ボウルに卵を溶き、醤油、白だし、水を入れ、混ぜ合わせる。
2.フライパンにサラダ油を入れ、中火で熱する。
3.フライパンを熱したら、1を3分の2量入れ全体に広げる。卵が固まってきたら卵を巻いて、フライパンの奥に移動させる。
4.残り3分の1量を入れ、同様に巻く。
5.冷ましてから、食べやすい大きさに切る。

〈なすとピーマンのごま味噌炒め〉
材料(1人分)なす 1本、ピーマン 1個、ごま油 適量
味噌たれ(白いりごま 小さじ2、味噌 小さじ2、みりん 小さじ2、砂糖 小さじ2、醤油 小さじ1)
作り方
1.たれの材料を混ぜ合わせて、たれを作っておく。
2.なすは一口大に切り、水にさらしてから水気をきる。
3.ピーマンは種を取って一口大に切る。
4.フライパンにごま油を熱し、中火でなすを炒める。なすに油が絡まったらピーマンを入れる。
5.ナスがしんなりしてきたら、1のたれを回し入れて全体に絡める。

〈野菜の肉巻き〉
材料(3本分)豚ロース 9枚、オクラ 3本、小松菜 1本、人参 3分の1本、片栗粉 大さじ2、醤油 大さじ2、みりん 大さじ2、サラダ油 適量
作り方
1.オクラを板ずりし、熱湯で下茹でする。
2.熱湯の中に小松菜の下の方から入れ、ゆでる。ゆであがったら、4cm程に切る。
3.人参を1.5mmの千切りにし、下茹でする。
4.1,2,3の野菜をそれぞれ豚ロースで巻く。
5.4の肉巻きに片栗粉をつけ、フライパンに少し多めの油を入れ、肉巻きがきつね色になるまで焼く。
6.5に醤油とみりんを入れ、中火でたれがなくなるまで焼く。

〈玉ねぎのステーキ〉
材料(1人分)玉ねぎ 中2分の1個、オリーブオイル 適量、バター 5g、塩、こしょう 少々、ネギ 適量
たれ(酒 大さじ1、醤油 大さじ1、砂糖 大さじ2分の1、ニンニクチューブ 小さじ2分の1程度)
作り方
1.玉ねぎを1.5cm程の輪切りにする。玉ねぎが崩れないように、爪楊枝をさす。
2.フライパンを中火で熱し、オリーブオイルを入れ、玉ねぎがしんなりするまで両面焼く。
3.バターを入れ、30秒ほど焼いた後、たれを入れ、両面絡める。

17 栄養満点◎近畿の彩弁当

丹波黒豆ご飯
1 乾燥した黒豆(適量)を電子レンジで煎り豆にする。
2 小さじ2分の1の食塩と1.米を加えて炊飯する。

ゆばの海老春巻き
1 乾燥湯葉を水に浸して戻す。
2 海老、玉ねぎをみじん切りにする。
3 2としょうが片栗粉少々を粘り気が少し出るまで混ぜる。
4 3を1に包んで揚げる。

泉州水なすのはさみ焼き
1 茄子を1cm幅の分厚さに輪切りにし、アクを抜いておく。
2 鶏ひき肉とみじん切りにした玉ねぎをこねる。
3 水切りを行った茄子に2を挟み片栗粉を両面にまぶす。
4 フライパンに油を少量引き、焼く。
5 焦げ目がついてきたら1度取りだし、醤油、酒、みりんを同量ずつ加えてタレを作る。
6 5を少し温め、取り出した茄子を絡める。

冨有柿のピンチョス風
1 柿とウインナーを2×2cmのさいの目切りにする。
2 切った1を爪楊枝に交互に刺す。
3 2をフライパンで焼き、仕上げに塩コショウを適量振る。

卵焼き
1 ボウルに卵を割り、箸で卵白を切るように溶く。
2 少量の塩を加える。
3 卵焼き器を中火にかけ、油をなじませる。かすかに煙が出るくらいまで熱する。
4 3分の1の量の卵液を流し入れる。
5 半熟状になったら奥から手前に卵を巻く。
6 巻き終わったら奥にずらし、油を塗る。
7 4~5を2回繰り返せば完成。

18 ボリューム満点!みんなの満腹中枢を刺激します!

小松菜と油揚げの炒め煮
1 小松菜、油揚げ、ちりめんじゃこ、しょうがをごま油で炒める。
2 みりん、酒、こいくちしょうゆ、めんつゆ、砂糖、水を加えて煮る。

ねぎ入り卵焼き 
1 溶き卵にめんつゆ、小口切りしたねぎを入れてよく混ぜ、卵焼きを作る。

ハッシュドポテト
1 じゃがいもを粗くみじん切りしてレンジで加熱。
2 かたくり粉を加えてよく混ぜ、小判型に成形して揚げる。

ブロッコリーのおかか和え 
1 ブロッコリーをレンジで加熱し、少し冷ます。
2 かにかまぼことかつお節を加えてめんつゆで和える。

照り焼きチキン
1 鶏肉に塩・こしょうで下味をつけ、片栗粉を多めにまぶして、皮目から焼く。
2 焼き色がついたら裏返して弱火にし、蓋をして加熱する。
3 再び裏返し、しょうゆ:砂糖:みりん:酒=2:1:1:1 のたれを絡める。

19 自分へのご褒美、プチ贅沢なカラフル弁当

「卵焼き」
1.難波葱は細かく小口切りにする。
2.ボウルに卵を割り入れ、1、シラス、調味料(顆粒和風だし、砂糖、塩)を入れてよく混ぜる。
3.フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し、2の3分の1量を流し入れ、全体に広げる。
形を整えながら、奥から手前に巻く。
同様に2回繰り返して焼き、火が通ったら火からおろす。
4.食べやすい大きさに切り、盛り付ける。

「小松菜とハムのピリ辛ナムル」
1.鍋にお湯を沸かし、塩を入れて、小松菜を茎から入れて茎を20秒程茹でて、全体を入れてさらに20秒程茹でる。
2.1を冷水にとり、水気を絞り根本を切り落として5cm幅に切る。
3.ハムは半分に切り、5mm幅に切る。
4.ボウルに調味料(ごま油、ラー油、鶏がらスープ、塩)を入れてよく混ぜ合わせる。

「小松菜とハムのピリ辛ナムル」
1.鍋にお湯を沸かし、塩を入れて、小松菜を茎から入れて茎を20秒程茹でて、全体を入れてさらに20秒程茹でる。
2.1を冷水にとり、水気を絞り根本を切り落として5cm幅に切る。
3.ハムは半分に切り、5mm幅に切る。
4.ボウルに調味料(ごま油、ラー油、鶏がらスープ、塩)を入れてよく混ぜ合わせる。
5.2と3を入れて混ぜ合わせる。器に盛り付けて白炒りごまを散らす。

「茄子の味噌炒め」
1.茄子はへたを切落して乱切りにし、10分ほど水にさらす。
2.ボウルに合わせ調味料の材料を入れて混ぜ合わせる。
3.中火で熱したフライパンにごま油をひき、水気を切った1を入れて炒める。
4.全体がしんなりとしたら、2を入れ、絡めながら炒める。
5.全体に味が馴染んだら火からおろし、器に盛りつける。

「ポテトグラタン」
1.じゃがいも(えびいも)は茹でておく。玉ねぎは薄切りにしておく。
2.フライパンにバターを入れ、玉ねぎを炒める。
3.玉ねぎがしんなりとしたら、薄力粉を入れさらに炒める。
4.粉っぽさがなくなったら牛乳とコンソメを入れ、混ぜながら中火で熱する。
5.とろみがついたら、じゃがいもとコーンを加えて、塩と胡椒で味を整える。
6.アルミカップに入れ、チーズをかけて、予熱した200℃のオーブンで15分程焼く
(焦げ目が付くまで)。

「照焼きチキン」
1.下準備として、鶏もも肉の余分な油は取り除いておく。鶏もも肉をひと口大に切る。
2.1の全体に片栗粉をまぶす。
3.フライパンを中火で熱し、サラダ油をひいて2を皮目から入れきつね色の焼き色がつくまで2~3分程焼く。
4.3を裏返してきつね色の焼き色がつくまで1~2分程焼く。
その時に出てくる余分な油はキッチンペーパーなどでふき取っておく。
5.料理酒を回し入れて、蓋をして中火で蒸し焼きにする。
汁気がなくなり、鶏もも肉に火が通ったら調味料(醤油、みりん、砂糖)を加えて炒め合わせる。
6.全体に味が馴染んだら火から下ろす。

「おにぎり」
1.予めご飯を炊いておく。
2.梅干しは種を取り、あらみじん切りにしておく。
3.炊きたてのご飯を半分に分け、半分は梅干しを混ぜ込み、もう半分は塩を振り、それぞれ三角形に握る。

20 近畿のええもんギュッとランチ

【大和芋と明太子巻き】
大和芋 240g、辛子明太子 100g、大葉 8枚、春巻きの皮 8枚
1. 大和芋は拍子木切りにし、辛子明太子は薄皮から身をこそいでおく。
2. 春巻きの皮に大葉、1の大和芋、辛子明太子の順にのせ包む
3. 180℃の油で揚げる

【納豆のかき揚】
納豆 2パック、九条ねぎ 24g、丹波の黒豆 80g、焼き海苔 4枚、ひじき 2g、卵 1個、小麦粉 大1、片栗粉 大1、塩・青のり 適量
1.ボウルに納豆・卵を入れよくかき混ぜ、黒豆・海苔・ひじきも加え混ぜ、最後に小麦粉・片栗粉を加える。
2.170℃に熱した油に1.をスプーン2本で形を整えながら静かに入れ、2~3分揚げる。盛り付けた後、塩と青のりを混ぜたものを添える。

【春菊としらすのだし巻き卵】 春菊 2株、しらす 20g、卵 5個、だし汁 大6、醤油 大4
1.春菊は一口大に切り、フライパンで炒め、材料外の醤油適量で味つけし、しらすを加えまぜる。卵は溶いて、だし汁と醤油を加え混ぜる。
2.卵焼きの要領で1.の春菊を巻きながら焼き、まきすで形を整える。

【五目ご飯】 伊丹米 2合(300g)、鶏もも肉 250g、堀川ごぼう 50g、金時人参 4分の1本、こんにゃく4分の1、油揚げ 6g、A(醤油 大2強、酒 大1、みりん 大1、顆粒出汁 小1、塩 適量)
1.鶏もも肉は1cm程に切る。その他の材料は千切りにする。
2.洗った米にAを加え、2合のところまで水を加える。上に1.のその他の材料を加え炊く。

【サワラの塩焼き】 サワラ 4切れ,、酒 大1、塩 適量
1.サワラに酒をかけ5分おき、塩を振り、裏表約5分ずつ焼く。

【皮の器みかんゼリー】 みかん4個、みかんジュース120ml、ゼラチン 5g、水 15g、砂糖16g
1.みかんの上を切り落とし、中身をフォークで取り出す。
2.1の果汁にジュースを足し240mlにし、砂糖を加え溶かす。
3.水・ゼラチンをあわせレンジで15秒程加熱し溶かし、2に加える。
4.3をみかんの皮の器に流し冷やし固める。

21 栄養しか勝たん!

枝豆と梅干しの混ぜご飯
1 米80gを洗い炊いておく。枝豆はゆで中身をだしておく。梅干しは種を取りつぶしておく。
2 炊けたごはんに1を入れ塩3g、を加え混ぜ合わせる。
3 ご飯を盛り白ごま3gをかけて完成。

煮魚
1 しょうがを2mmの薄さに切る。
2 鍋にしょうゆ18g、酒50ml、みりん18g、砂糖大さじ1、水50mlを入れ強火で加熱し、煮立ったらしょうが、魚を入れる。
3 落し蓋をして弱火で5分煮る。
4蓋をとり中火で二分煮詰めとろみがついたら完成。

卵焼き
1 ネギ3gを小口切りにする。
2 卵1個を割り切ったネギ、めんつゆ3gを入れ混ぜる。
3 卵焼き器に油3gを入れ熱し2.3回に分けて卵液を流しいれ、形を整えながら奥から手前に巻いていく。

海苔のサラダ
1 ブロッコリー50gはゆでカブは1mmのイチョウ切りにし、塩3gで揉みこみ5分おく。
2 ブロッコリーと水気をしっかりとしぼったカブをボウルに入れ、海苔1gをちぎりながら入れる。
3 2にマヨネーズ10gと塩昆布5gを入れ混ぜ合わせて完成。

有田みかん
1 みかんを横向きにして切る。
2 半分にしたみかんを三等分にする。
3一口サイズに切る。

22 パワーアップ弁当

みょうがご飯
1.みょうがは4等分に切り、塩をふって5分程度おく。
2.鍋にうすくちしょうゆ、みりん、酢、水を合わせ、2分程煮る。
3.1を熱湯でさっとゆで、2に漬けて10分程おく。
4.3を粗いみじん切りにして、ご飯と混ぜ合わせ、ごまをちらす。

ちりめんじゃこと大根の葉のふりかけ混ぜご飯
1.大根の葉が長すぎれば、2・3等分して、塩を少々を入れ十分に沸騰した湯で、1分程湯がく。
茹ですぎると食感が悪くなるので注意。
2.すぐに流水で洗い、水気を絞ったら、葉を揃えて5mm幅に切る。
切り終わったら再度、水気を絞る。
3.フライパンにごま油を熱し、大根の葉を中火で炒め、油が馴染んだら、ちりめんじゃことごまを加えて一炒めする。
4.続いて、調味料を入れ、汁気がなくなったら、火を止める。
5.炊きあがった米と混ぜ合わせる。

玉子焼き
1.難波ねぎを小口切りにする。
2.ボウルに卵を割り、溶く。
3.溶いた卵の中に、花小えびと難波ねぎを加え、軽く溶く。
4.調味料を入れ、再度溶く。
5.玉子焼き機で焼く。

揚げ餃子
1.じゃがいもを茹でる。竹串がス―ッと入ったらザルに上げ、水気を切る。
熱いうちにつぶし器で荒くつぶす。
マヨネーズ・塩・こしょうを加え、混ぜる。
2.人参は皮をむき、1cmほどのさいのめ切りにする。その後、茹でる。 →水気を切る。
3.きゃべつはよく洗い、水気をとったら細かくみじん切りにする。
4.しょうがは、よくすりおろす。
5.きゃべつをフライパンでサッと炒め、そこに豚ひき肉を入れ炒め、塩・こしょうで味をつける。(油はよくすいとっておく。)
6.じゃがいも・人参・炒めたきゃべつとひき肉を混ぜ合わせる。
7.餃子の皮に具を包む。
8.180℃に熱した油できつね色になるまで揚げる。

いとこ煮
1.かぼちゃと水を鍋に入れ、中火で約5分煮ます。
2.かぼちゃが硬めに茹で上がってきたら、ゆであずきと醤油を加え、弱火で10分煮る。

ひじき
1.鶏肉をさいの目切りにし、金時人参は3cm長さの細切り、しいたけは細切り、油揚げは、熱湯をかけ、油抜きをし、5mm幅の細切りにします。
2.鍋で油を熱し、鶏肉を炒め、色が変わったら、金時人参・しいたけ・油揚げ・大豆を入れ、中火で炒めます。
全体に油が馴染んだら、調味料を入れて、汁気がなくなるまで、弱火で10分ほど煮ます。
3.最後にごまをふりかける。

きんぴら
1.レンコンの皮をむき、5mm幅のいちょうぎりにし、水に10分ほどさらし水気を切ります。にんじんの皮をむき、長さ3cmの細切りにします。
2.ボウルに調味料を混ぜます。 3.フライパンにごま油をひき、中火で熱し香りがたったら1を加え、レンコンがしんなりするまで炒めます。
4.2を加え中火で煮ます。煮汁がなくなるまで煮たら火を止め、調味料を加えて混ぜ全体になじんだら火からおろす。

しめじおろし和え
1.しめじはこぶさにわける。
2.大根はおろして裏ごしなどで、軽く水切りする。
3.ゆずは皮を細かくせん切りし、汁を絞っておく。
4.鍋に調味液を合わせ、火にかけてしめじをさっと煮てザルに上げる。※ザルに上げるとき、煮汁を残しておく。
5.ボウルに調味料を入れ合わせる。4と2を和えて(煮汁で調整)盛り付ける。
6.ゆずの皮を天盛りにする。

肉巻き
1.鶏肉は分厚い部分を削ぐ。人参は型抜きをする。
2.ラップの上に広げた鶏肉に、人参、インゲンをセットする。
3.たこ糸でぐるぐる巻きにする。
4.フライパン中火強でごま油をひいて、焼き目を付ける。
5.醤油・酒・お酢・水・砂糖を別の鍋に沸騰させて鶏肉を入れて弱火強で15分煮る。アルミでフタをする。
6.フタをしたまま、粗熱を冷ます。

23 大阪上下弁当

蕪の葉とちりめんじゃこのなめしおにぎり 
(材料)1人分
米 40g、蕪の葉 40g、ちりめんじゃこ 7g、鶏がらスープ 2.5g、水 48ml、醤油 2.5g、ごま油 4g、白いりごま 適量 
(作り方)
1 炊飯釜に米、鶏がらスープの素を入れ、定量の水を加えて炊飯する。
2 蕪の葉は1cm幅に切る。
3 中火で熱したフライパンにごま油をひき、2とちりめんじゃこを入れて炒め、全体にごま油が回ったら醤油を加え、3分程炒めて火からおろす。
4 炊きあがったら1に3を加え、さっくりと混ぜ合わせる。
5 白いりごまをふって完成。

難波ねぎの卵焼き
(材料)1人分
卵 1個、難波ねぎ 5g、白だし 2.5g、サラダ油 5g
(作り方)
1 ねぎを小口切りにする。
2 ボウルに卵を割り入れ、1と白だしを入れて混ぜる。
3 フライパンにサラダ油をひいて中火で熱し2の3分の1の量を流し入れ、全体に広げる。
形を整えながら奥から手前に巻く。これを2,3回繰り返して焼き、火が通ったら火からおろす。
4 食べやすい大きさに切って完成。

ポテトサラダ 
(材料)1人分
じゃがいも 75g、金時人参 65g、きゅうり 50g、マヨネーズ 適量、塩 0.5g、こしょう 0.5g 
(作り方)
1 じゃがいもの皮をむいてゆでる。 柔らかくなったらつぶしておく。
2 きゅうりと人参は薄切りにしておく。
3 ボウルに1と2とマヨネーズ、塩、こしょうを入れて混ぜて完成。

ピーマンの肉詰め 
(材料)1人分
ピーマン 1個、あいびきミンチ 100g、玉ねぎ 50g、塩 0.5g、こしょう 0.5g、卵 25g、しょうが 1g、片栗粉 適量、酒 適量、みかん4分の1個 
(作り方)
1 ピーマンは半分に切ってわた、たねをとって洗う。水気をきっておく。
2 玉ねぎはみじん切り、しょうがはおろしておく。
3 ミンチをボウルに入れ、2と塩、こしょう、卵、みかんを入れて混ぜる。
4 1に片栗粉をまぶして3を詰める。
5 お肉のほうを下にして焼き、焼き色がついたらひっくり返してピーマンのほうを焼く。
6 焼き色がついたらお酒を入れて蒸す。
7 汁気が飛んだら完成。

エリンギのベーコン巻き 
(材料)1人分
エリンギ 1本、薄切りロングベーコン 2枚、有塩バター 10g 、塩 0.5g、こしょう 0.5g、醤油 5g、きざみのり 適量、白いりごま 適量 
(作り方)
1 エリンギの石づきを切り落とし、縦半分に切る。
2 1に薄切りベーコンを巻き付ける。
3 フライパンにバターをひいて、2の巻き始めを下にして塩・こしょうを全体にふりかけて焼いていく。
4 醤油をかけてのりと白いりごまをふって完成。

24 新陣代謝up!!好きな物もりもり弁当☆

【ハンバーグ】
1,玉ねぎはみじん切りします。
2,中火で熱したフライパンに有塩バターを溶かし1、を炒め、あめ色になったら火から下ろし粗熱を取ります。
3,ボウルに牛豚合いびき肉を入れてよく捏ね調味料を入れて粘り気が出るまで捏ねる。
4,全体がなじんだら2、を入れて混ぜ合わせ半分に分け楕円形に成形します。
5,中火で熱したフライパンにオリーブオイルをひき4、を入れ両面に焼き色がついたら弱火で3分ほど蒸し焼きにして中まで火が通ったら火から出します。
6,同じフライパンでデミグラスソースの材料を入れて混ぜ、中火で3分程加熱し、とろみが付いた火からおろします
7,付け合せの材料をのせてお皿に5、を盛り付け6、をかけたら完成。

【からあげ】
1,鶏もも肉は余分な脂を取り除き、フォークで数カ所刺し一ロ大に切リます。
2,ボウルに1、下味の材料を入れ、揉みこみ、ラップをかけて冷蔵庫で30分ほど漬けます。
3,全体に片栗粉をまぶします。
4,鍋底から4cmほどの揚げ油を注ぎ、180℃に熱して3、を入れて4分ほど揚げ衣がカリッとして、中に火が通ったら油をきります。

【ポテトサラダ】
1,ゆで卵を作る。
2,じゃがいもは皮をむいて縦半分2cm厚さに切り、ひたひたのお水に塩を入れて茹でる。
3,じゃがいもが煮えたら湯切りし、中心で1分ほど加熱、水分を飛ばしながら潰す。
4,じゃがいもを冷やす。
5、野菜は薄くカット(人参は極薄に)少量の塩で揉みしばらく置き、水で洗ってよく絞る・卵は荒みじんにする。
6、野菜と卵全部とマヨネースを加えよく混ぜるこしょうで味を整える。

【煮物】
1,かぼちゃの種を取り除く
2,かぼちゃにぴったりとラップをして600W、9レンジで3分30秒加熱したら一口大にカットします。
3,鍋に水とかぼちゃと調味料をすべて入れて落とし蓋をして中火にかける。
4,ふつふつして弱火にしてかぼちゃが柔らかくなるまで煮る。

25 KYOTO四季弁当 

<野菜の鶏肉巻き>
1 鶏もも肉の余分な皮や脂肪を取り除き、観音開きにする。
2 ラップの上から綿棒で叩き、厚みを均等にし、塩コショウをする。
3 人参は皮をむいて5mm角の拍子切りにする。
4 人参とアスパラを塩ゆでしよく水気をきる。
5 鶏もも肉で人参とアスパラを巻き、アルミホイルで包む。
6 オーブンで蒸し焼きにする。
7 中まで火が通ればフライパンで焼き目をつけ、薄口醤油・みりん・酒・砂糖で照りが出るまで煮詰める。

<カブの梅酢漬け>
1 カブは皮をむき半月切りにする。
2 1を10分程度食塩水につけ水抜きし、よく水気を切る。
3 鍋に梅酢と砂糖を入れ、砂糖が溶けるまで加熱する。
4 3に10分程度2を漬ける。

<トマトのハム大葉巻き>
1 ハムと大葉は半分に切る。
2 ハム、大葉の順で重ねミニトマトに巻き付ける。

<紅ショウガ入りだし巻き卵>
1 卵に白だしを加えてよく溶く。
2 卵焼き器で3回に分けて焼いて巻く。 その際に紅しょうがを加える。
3 巻き簾で形を(鈍角三角形になるように)整える。

<ほうれん草と菊の花のお浸し>
1 ほうれん草をゆがく。
2 鍋から取り出し、冷水にさらす。
3 根元を落とし、4等分切る。
4 白だし、菊の花を加え和える。

<和風豆腐ハンバーグ>
1 絹豆腐を水切りする。
2 人参は細かく切り、玉ねぎと余ったカブをみじん切りにする。
3 大きなボウルに水を切った豆腐とはんぺん、戻したひじき、2を加え、粘り気が出るまで混ぜ合わせる。
4 形を整え、油をひいて温まったフライパンに入れる。
5 両面にこんがり焼き色がついたら取り出す。
6 ハンバーグを取り出したフライパンに水、酒、白だし、砂糖、濃口醤油を入れて煮詰める。
7 最後に水溶き片栗粉を回し入れて、お弁当用に硬めに仕上げる。

<サツマイモの甘露煮>
1 さつまいもを輪切りにする。
2 鍋にさつまいもがひたひたになるくらい水を入れ、みりん・薄口醬油・砂糖を入れ煮る。
3 水分が半量になったらさつまいもを裏返し、水分がなくなるまで煮詰める。

<京丹波大黒本しめじのバター焼き>
1 しめじの笠の部分を切り、軸は短冊切りにする。
2 フライパンにバターをひき、切ったしめじを炒め、薄口醤油で味付けする。

<人参の甘辛煮>
1 人参を飾り切りにする。
2 小鍋に薄口醤油、砂糖、みりん、水を入れ煮立たせ、人参を加える。
3 柔らかくなるまで煮込む。

<白菜とはんぺんの和風シュウマイ>
1 白菜は葉と芯を切り分ける。
2 葉は軽く茹で水気をよく切っておく。
3 白菜の芯、玉ねぎ、桜エビを細かくみじん切りする。
4 3、鶏ミンチ、はんぺんをボウルに入れよく混ぜる。
5 調味料(薄口醤油、みりん、酒、おろししょうが)を入れさらによくこねた後、一口大に丸める。
6 5をスチーム100%、100℃で蒸す。
7 6を白菜の葉で包み、桜エビを飾る。

<菊花カブラ>
1 カブは皮をむき2cm角に切る。
2 カブの厚さ4分の3程度まで2mm幅に格子状に切り込みを入れる
3 10分程度食塩水に漬け水抜きをし、よく水気を切る。
4 鍋に酢と砂糖を入れ、砂糖が溶けるまで加熱する。
5 4に10分程度3を漬ける。

<ほうれん草巻きおにぎり>
1 ゆでたほうれん草は優しく水気を絞りとり、葉をひろげてキッチンペーパーでさらに水気を取り除く。
2 ほうれん草で巻くおにぎりは、ほうれん草の茎の部分と主菜で余ったカブの葉、白菜の芯を炒めて薄口醤油と砂糖で味付けし、ごはんと混ぜ合わせる。
3 キッチンペーパーの上でほうれん草の葉を数枚重ね合わせ、その上に丸めたおにぎりをおき、
キッチンペーパーから剥がしながらほうれん草で包み込み、形を整える。

<梅と大葉のおにぎり>
1 梅を刻み、大葉は葉を丸め細く刻む。
2 ごはんをボウルに入れ、1の具材を入れてよく混ぜ合わせ、形を整えながら握る。

<生ハム巻きチーズおにぎり>
1 ナチュラルチーズを細かく刻み、ごはんと混ぜ合わせ形を整え握る。
2 ラップの上で生ハムを数枚重ね合わせ、丸めた1を置き、ラップから剥がしながら生ハムで包み込み、形を整える。

<剥き枝豆と鮭のおにぎり>
1 鮭を細かく刻み、剥いた枝豆と混ぜ合わせる。
2 ごはんをボウルに入れ、1の具材を入れてよく混ぜ合わせ、形を整えながら握る。

<栗ごはんのおにぎり>
1 栗は沸騰したお湯で5分茹でる。
2 栗の殻と薄皮を剥き水に漬け、アクを抜く。
3 水に浸した米に栗を入れて軽く混ぜ、炊飯。
4 炊きあがったら、形を整え握る。

<かぼちゃの巾着>
1 かぼちゃを一口大に切り、600wのレンジで5分加熱する。
2 皮を取り除き、バターを加え滑らかになるまでつぶす。
3 ラップで巾着型がつくように形を整え握る。

<塩おにぎり>
1 ごはんを入れたボウルに塩をふり入れ、混ぜ合わせる。
2 形を整え握る。
3 日本の伝統的な柄をイメージして海苔を飾り切りする。

26 近畿の食材を白だしで美味しく弁当!!

〇さっぱりヘルシー‼”揚げない”竜田揚げ
【1人分】
材料:鶏モモ(60g)、酒(大さじ1)、生姜(10g)、白だし(大さじ2分の1)、片栗粉(適量)、油(適量)、すだち(2分の1)
作り方
1鶏モモ肉と調味料(酒、生姜、白だし)を袋に入れて15分間漬ける。
2鶏モモ肉に片栗粉をまぶす。
3オーブンの天板にアルミホイルを敷き、上に2を並べ油を全体的にかけ、180度に熱したオーブンで15分焼く。
4焼けた3にすだちを添える。

〇手作り‼鰹節と梅の和風ふりかけ
【1人分】
材料:梅干し(1個)、かつお節(2g)、白胡麻(小さじ1)、青じそ(3枚)、醤油(大さじ1)
作り方
1青じそを千切りに切っておく。
2梅干しの種を取り除き、実を潰したら、フライパンを使い、弱火で煎る。
32に鰹節を入れてさらに乾煎りし、醤油と白胡麻を加えてから火を止める。
4出来上がった3に1を入れて混ぜる。

〇白だしたっぷり‼減塩だし巻き卵
【1人分】
材料:卵(1個)、白だし(大さじ2分の1)、油(適量)
作り方
1卵を割って溶きほぐし、白だしを加えて混ぜる。
2卵焼き器に油をひき、2~3回に分けて巻く。

〇だし香る‼キャベツとささみの胡麻和え
【1人分】
材料:キャベツ(45g)、鶏ささみ(10g)、いりごま(適量)、白だし(小さじ1)、みりん(小さじ2分の1
作り方
1鶏ささみを耐熱皿に入れ、ラップをかけて電子レンジ(500W)で3分加熱して、適当な大きさに裂く。
2キャベツは、ざく切りにして塩茹でし、茹で上がったら冷水につけて水気を切る。
3ボウルに、1・2・いりごま・白だし・みりんを入れて混ぜる。

〇お手軽‼ミニトマトと大葉の白だし風味サラダ
【1人分】
材料:ミニトマト(小さめ1個)、大葉(2枚)、白だし(大さじ2分の1)、酢(小さじ2分の1)、砂糖(小さじ2分の1
作り方
1白だし、酢、砂糖を合わせて混ぜる。
2ミニトマトは食べやすい大きさに切り、大葉は千切りにする。 31・2を混ぜる。

27 目でも楽しめる彩り弁当

アスパラベーコン
1 アスパラはベーコンの大きさに合わせて切り、柔らかくなるまで茹でます。
2 茹でたアスパラにベーコンを巻いて串を刺して中火 で焼き色がつくまで炒めます。

白菜とツナの和風サラダ
1 白菜は千切りにして塩揉みをしておきます。
2 水で塩を洗い流し、水を切って白菜とツナを合わせて大さじ1のポン酢と小さじ1の胡麻油をかけて完成です。

にんじんしりしり
1 人参は3mm の細切りにします。
2 サラダ油大さじ1を引いたフライパンに人参とツナ、みりん大さじ1、酒大さじ1、醤油大さじ1和風顆粒だし小さじ1を入れて炒めます。

鮭ごはん
焼いた鮭をほぐして、ご飯にふりかけて、最後に枝豆をトッピングすれば完成!

ちくわの梅巻き
叩いた梅をちくわで巻きます。

ウインナーは半分に切り、十字に切れ目を入れて焼きます。

お問合せ先

消費・安全部消費生活課
担当者:柏、前原
ダイヤルイン:075-414-9771
FAX:075-417-2149

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader