このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

YONkitchen

連絡先

住所(所在地):京都府京都市

ホームページアドレス(URL):https:// www.instagram.com/yonkitchen

食育仕事人の概要(紹介)と活動(取組)内容

大阪と京都を中心に、YONkitchenとして管理栄養士と栄養士が食育ワークショップを企画実施しております。
素材を五感で感じるところからプログラムは始まります。ホンモノを知って、とにかく体験してみる食育の場。
ドキドキワクワクする食の体験は、子どもの心に感動を刻み、未来への「生きるチカラ」を育みます。
長引くコロナ禍で人と人とのつながりが希薄になるなか、私どもの食育ワークショップをとおして、人・農・地球がつながっていけるワークショップを目指しています。

大阪担当:永富利子(管理栄養士)八尾市生涯学習センター講師
京都担当:山本優子(管理栄養士)きょうと食いく先生認定

食育支援について

大阪のキッズプラザの中のパーティキッチンという場所で、食育の講師を20年以上続け、子どもたちだけのプログラムだけではなく、親子で楽しんでいただける内容のプログラムがたくさんあります。
作って終わりの料理教室ではなく、それぞれのプログラムにねらい・目的があり、?が!になるワークショップです。
経験豊富。小規模から大規模まで対応可能です。

  • 食育企画提案(イベント)
    なんといっても大豆とお米がテーマの食育ワークショップが大人気です。(キッチンがない教室や遊戯室でも実施可能)
    素材別では、大豆・米の他、小麦、米粉、魚、野菜、卵、豆、茶、砂糖など。
    その他、日本の食文化をプログラムにした行事食、お節句、お月見、おせち、お雑煮、だし、お寿司、子どもの日が好評です。
  • 献立提案(講習会を含む)
    上記の素材や行事食の他、LAB実験シリーズ(光るグミ、べっこうあめ、豆腐、クリームソーダ、固まる不思議(ゼラチン、アガー、寒天もの)、アイスクリーム、そしてSDGsシリーズ(防災食・未来食・昆虫食・地産地消・食品ロスがテーマのワークショップ))。
    イベント時期として、バレンタイン、ハロウィン、クリスマスも対応できます。
    また料理体験イベントだけでなく、将来管理栄養士や栄養士になりたい学生さん向け・現役幼稚園の先生や保育士さん、小学校の先生方向けに実践食育ワークショップのレクチャーも可能。現場で働く幼稚園や小学校の先生に食育ワークショップってどんなものなのか? 食育ワークショップの持つチカラの講演(研修)もさせていただきます。
  • 講演講師   大阪:永富利子、京都:山本優子

お問合せ先

消費・安全部消費生活課

担当者:未来につなぐ食育倶楽部事務局
ダイヤルイン:075-414-9771
FAX番号:075-414-9910