このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

専業農家を定年延長 南丹市園部町 奥村 幹夫 さん

                 okumura01.JPG                  

奥村幹夫さんは、南丹市園部町で施設野菜を中心に営農をされています。

経営規模は2ha。ハウス10棟で春菊・きゅうり、JAの水稲育苗のほか、水稲、栗に奥さんと2人で取り組んでおられます。
春菊・きゅうりはJA出荷で、特にきゅうりは作付時期を3回に分け、7月から12月初めまで収穫されています。
また、水稲の半分は特別栽培米契約でJAに出荷されるほかスーパーでの直売も行っておられます

奥村さんは、サラリーマンを18年間勤めた後就農され、60歳で専業農家(出荷販売)を定年退職しようと考えておられました。しかし、現在63歳になられましたが、南丹地域農業士会では前年度に会長をされたり、今も若手農家の育成に取り組んでおられます。


okumura02.JPG           okumura03.JPG
「奥村農林園」奥村さん所有の農業用ハ
ウスです。
          台風21号のハウスへの被害は少なかったそうです。
       

                                                                                                                                           
okumura04.JPG           okumura05.JPG
「あったかマルチ」を使い、土を暖めるとともに、雑草の防除をされていました。         トマトの株が大きく育っていましたが、
        収穫は終了とのことです。


お問合せ先

京都府拠点

担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX番号:075-414-9057