このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

若いちからで農業を盛り上げる

ロックファーム京都株式会社

若い従業員とともに、九条ねぎ、ホワイトコーン等を栽培する、久御山町のロックファーム京都株式会社 代表取締役 村田翔一さんにお話しをお伺いしました。

村田代表

村田代表

代表取締役 村田翔一さんのご紹介

村田さんは、実家が農家で、いつかは自分も農業をしたいと思っておられ、2018年春に10年間勤めていた消防士をやめて農業を始められました。
2019年1月には、「ロックファーム京都」を法人化され収益性の高い持続性のある農業を目指しておられます。
「ロックファーム」は、実家の屋号である村岩農園を引き継ぎ、ロック(岩)ファーム(村)と名付けられています。


村田代表と従業員の皆さん

村田代表と従業員の皆さん
(ロックファーム京都(株)提供)

従業員の皆さん

ロックファーム京都は、代表、正社員、アルバイト、技能実習生、約30名からなる会社です。20~30代の若い力が中心となり活躍しています。
また、新型コロナウィルスの影響で、仕事をやめざる得なくなった、飲食店等の元従業員も働いています。
代表は、農業の魅力を若い世代に知ってもらうために、今後、農業を志す学生との交流を積極的に図っていきたいと語っておられました。


九条ねぎの梱包作業

九条ねぎの梱包作業
(ロックファーム京都(株)提供)

九条ねぎ

九条ねぎは、約10ヘクタールの農地で、堆肥にこだわった土づくりをして栽培されています。
農地を、現在の2倍に拡大し、久御山町近辺だけでなく亀岡市等での生産を拡大することを目指されています。
九条ねぎの販売は、京葱SAMURAI(ロックファーム京都を含む、九条ねぎを生産する3社で設立)を通じて、1年中安定的に供給されています。


京都舞コーン

京都舞コーン
(ロックファーム京都(株)提供)

京都舞コーン

2019年からは九条ねぎの裏作として土づくりのためにホワイトコーンの栽培も始められました。糖度が18度以上の上品な甘さが特徴で、今年は昨年の10倍(4ha)の農地で栽培されましたが、大変、好評だったとのことです。
ホワイトコーンは、ロックファーム京都のオリジナルブランド、「京都舞コーン」として、ネット及び自社の直売所で販売されています。

ロックファーム京都株式会社のホームページ
https://rockfarmkyoto.co.jp/

京葱SAMURAI株式会社のホームページ
https://kyonegi-samurai.jp/

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057