このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

  更新日:2018年3月16日
  担当:京都府拠点

京都府が取り組む 「命の里」事業で活躍されている「里の公共員」「里の仕事人」の方々と意見交換会を開催しました(南丹市)

平成30年2月16日(金曜日)、南丹市美山町旧鶴ヶ岡小学校において、「里の公共員」と「里の仕事人」の方々と意見交換会を開催しました。
また、意見交換に当たって、京都府から命の里の取組について、南丹市から移住に向けた空き家対策などの取組について紹介がありました。
※「命の里」事業とは、食料・水・空気など府民生活を支える「命の里」である農山村地域が過疎化・高齢化で存続の危機にあるため、地域の抱える多様な課題を解決する総合的な施策により地域の再生と持続的な発展を支援する事業。

 turugaokasyougakkou

「里の公共員」、「里の仕事人」とは?

「里の公共員」は、京都府から任命されて、地域に居住し、長期的に地域の維持・発展のサポート役として様々な取組をされています。
「里の仕事人」は、京都府の職員で、土日・昼夜を問わず現地・現場に入り、地域で活動する方々と連携・協働しながら課題解決に取り組まれています。

 里の公共員及び里の仕事人の方々からお話を伺いました。

kogita

古北  里の公共員

タブレットやスマートフォンを活用して高齢者見守りシステム(情報の発信、買い物サービス、移送サービスの予約等ができる鶴ヶ岡モデルを開発中)の開発・実証に取り組んでいます。
また、移住に向けて鶴ヶ岡の魅力をホームページなどを活用して情報発信していますが、より広く効果的に発信できて、地域に多くの人の視線が向くような良い方法がないか考えています。

  

kobayashi

小林  里の公共員

IターンやUターンの人達が、地域住民に刺激を与え、地域住民と結びついたら地域は大きく変わっていくことを実感しています。
また、地域を元気にしていくには、「人口問題」と「農業をどう守っていくか」の2つだと思うので、どういう進め方をしたら良いかアドバイスをもらえたらと思います。

  

kaigi

川野  里の仕事人

普通は「府県-市町村-地域」という垂直型が主流ですが、ここでの考え方は「府・市町・地域」が横連携をしつつ、地域を下支え(伴走支援)することを目指して取り組んでいます

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057