このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

  更新日:2017年9月29日
  担当:京都府拠点

京丹波町で丹波くりの生産をされている梅原眞さん

JA京都と丹波地域の農業者が「100トン生産で1億円産地」との目標を掲げて、丹波くりの生産に取り組まれています。
JA京都の丹波くり部会長の梅原眞さんにお話を伺いました。

tambakuri01

傾斜地は草刈りが大変

京丹波町の和知地域は中山間地で傾斜が大きく、畦畔が5mから10mあって、耕作面積より草刈りする面積の方が多く、草刈り機を駆使して刈っても、終わったら最初の場所に雑草が生えてきているそうです。
このため、もっと都会の人が中山間地に来てもらい農地を守る、国を守る活動に参加してほしいとのことでした。

 

tambakuri02

獣害から守る

平成28年3月に3年生の栗の苗木を自作地20aの水田に70本植えられて、今年から実が付きはじめました。この地域には、猿、鹿、猪、カラス等が出没するため、周囲には獣害防止用の電柵が張り巡らしてありました。

  

tambakuri03

中山間地にもっと支援を

集落の平均年齢が74歳から75歳。
このままでは集落の維持が大変。
人的支援など、地域に合った支援を考えて欲しいと訴えておられました。

  

お問合せ先

京都府拠点
担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX:075-414-9057