このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

松浦麻美さん(左)とご主人(右)

 

 

松浦さんのブルーベリー

 

 

新規就農5年目、がんばる農業女子
(橋本市 あさみ農園 松浦麻美さん)

農業経営の概要

東京でOLをしていた私は、主人と共に和歌山県農業大学校で研修を受け、平成24年に出身地である当地域で新規就農し、今年で5年目を迎えました。
現在は主にかつらぎ町でかき、ブルーベリー、いちじくなどの果樹を約1ha栽培しています。

 

将来に向けて

ブルーベリーは農薬、化学肥料不使用でこだわりの栽培を行っており「将来はブルーベリーのジャムへの加工や観光農園等の6次産業化にも取り組みたいが、まずは収穫量を安定確保することが第一。」と考えています。

 

和歌山県拠点から一言

麻美さんは、農林水産省が立ち上げた活動「農業女子プロジェクト」にも参加していただいており、女性農業者として「女性が輝く社会」実現に向けた取り組みにも協力いただいています。

  

「あさみ農園」のホームページ
http://asaminouen.com/