このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

女性農業者 三木さんのミニトマトたち


和歌山県御坊市の女性農業者「三木里恵」さんと、三木さんが愛情を込めて育てているミニトマトたちをご紹介します。
        

三木さんはビニールハウスでミニトマト、そして露地ではキャベツやソラマメなど季節の野菜を育てています。
冬季でもいいお天気の日はハウスの中はとても暖かく、いろいろな品種のミニトマトが気持ち良さそうにすくすくと育っています。
   


三木さんの森岡地区では、毎月第3日曜日の9時から農産物直売所「マルシェ・森岡」が開催されています。「マルシェ・森岡」で販売されている新鮮な野菜やお花等を地域の方々は楽しみにしているとのことですが、直売所という役割だけではなく、地域の大切な交流の場にもなっていて、とてもなごやかな雰囲気の直売所です。








2月21日(日曜日)のマルシェに三木さんが販売したミニトマトは「プチぷよ」「サンチェリー」「トマトベリー」「サンオレンジ」「フラガール」「ロッソナポリタン」の6品種。どれも甘く甲乙つけがたいですが、食べた時に皮が気にならない「プチぷよ」が一番人気のようです。写真左の緑色の野菜は「ロマネスコ」といいます。カリフラワーの一種で味はブロッコリーに似ています。

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点

ダイヤルイン:073-436-3831
FAX番号:073-436-0914