このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

桃の花が満開です(紀の川市桃山町)





紀の川市桃山町は、全国有数の桃の産地で、紀ノ川左岸一帯には「一目十万本」と謳われる一面の桃畑が広がっています。





春になれば、一斉に花が咲き誇り、あたり一面は、桃色の霞とほのかな甘い香りに包まれます。





そこは俗世間を離れた別天地「桃源郷」のようで、かおり風景100選(環境省)にも選ばれています。




桃山町で栽培される桃は、品質の良さ・味の良さから「あら川の桃」として全国に知られています。
「あら川の桃」がおいしい理由は、紀の川流域の土質が砂れきを含み、水はけがよいことと、温暖な気候に恵まれているからです。
そして、何よりも生産者の皆さんの手間を惜しまない栽培方法と品質改良へのたゆまぬ努力によるものです。





「あら川の桃」の主力品種である「白鳳」の収穫は7月上旬頃から、「清水白桃」は7月中旬頃から、「川中島白桃」は8月上旬頃から始まります。
これから摘花(果)、袋掛け、病害虫防除など、人手のかかる作業が続きますが、ひとつひとつ丹誠込めて育てられた「あら川の桃」の収穫が待ち遠しいです。

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点

ダイヤルイン:073-436-3831
FAX番号:073-436-0914