このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

「改正輸出促進法等に係る東北農政局管内ブロック説明会」を開催しました

2021年の農林水産物・食品の輸出額は初めて1兆円を突破しましたが、2025年までに2兆円、2030年までに5兆円とする目標を達成するため、これまで以上に輸出拡大を加速化することが必要です。
東北農政局では、改正輸出促進法の内容を関係者に周知し、今後の施策の方向性について認識を共有するため、管内の行政関係者及び事業者等を対象としたブロック説明会を会場内での説明とオンライン(Zoom使用)の併用で開催しました。
説明会では、東北農政局から改正輸出促進法の背景と概要、支援策等のほか東北農政局の輸出拡大の取組について説明を行いました。また、事例発表として、東北経済連合会から東北・九州の産地連携の取組、アクセンチュア株式会社からGFP事務局の取組、株式会社桜波からGFP優良事業者の取組について紹介がありました。
当日は、各県・市町村、商工団体、農業団体、輸出事業者、支援機関など100名を超える方にご参加いただきました。

開催日時

令和4年6月20日(月曜日) 14時00分~16時00分

会場

仙台国際センター 会議棟3階 中会議室 白橿(しらかし) 

議事次第

 開会挨拶
(1)輸出促進法の一部を改正する法律について(背景・概要)            【資料1参照】
(2)東北農政局の取組紹介                                                           【資料2参照】
(3)東北・九州の産地連携の取組紹介(一般社団法人東北経済連合会)【資料3参照】
(4)GFP事務局の取組紹介                                                           【資料4参照】
(5)GFP優良事業者の講演(株式会社桜波)                                    【資料5参照】
 閉会挨拶

説明会資料

資料1 輸出促進法改正の背景及び概要 全体版(PDF : 2,689KB)
資料1-1分割版(PDF : 1,658KB)   

資料1-2分割版(PDF : 1,802KB)

資料2 東北農政局の取組(PDF : 1,605KB)

資料3 東経連の輸出事業 ~九州との連携事業~(一般社団法人 東北経済連合会)(PDF : 1,004KB)

資料4 輸出支援プラットフォームGFPの展開(GFP事務局)(PDF : 1,990KB)

資料5 コロナ禍に即した東北の事業者による輸出事例(株式会社桜波)(PDF : 1,822KB)

説明会の様子   

講演者

 講演者

会場の様子

 会場の様子

GFP優良事例者の取組

事例発表  GFP優良事業者の取組

質疑応答

 質疑応答


   

お問合せ先

経営・事業支援部輸出促進課

担当者:海外展開支援係
代表:022-263-1111(内線4377)
ダイヤルイン:022-221-6402
FAX番号:022-722-7378