このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

プレスリリース

「スマート農業推進フォーラム2022 in 東北」の開催について ~「みどりの食料システム戦略」の実現に向けたスマート農業技術の活用~

  • 印刷
令和4年10月31日
東北農政局
東北農政局は、令和4年11月30日(水曜日)に、「スマート農業推進フォーラム2022 in 東北 ~「みどりの食料システム戦略」の実現に向けたスマート農業技術の活用~」をオンライン方式で開催いたします。本フォーラムは公開です。また、取材は可能です。

1.概要

スマート農業技術は、令和3年5月に策定された「みどりの食料システム戦略」に貢献するものと期待されており、その社会実装をより加速化する必要があります。そのため、スマ-ト農業実証プロジェクトで得られた成果やスマート農業技術に関する最新の情報について、農業者をはじめとした多くの関係者に広く情報発信するフォーラムを開催します。

2.開催日時及び開催方法

日時:令和4年11月30日(水曜日)13時10分~16時45分
開催方法:オンライン開催(Microsoft Teamsを利用)
ブラウザでも視聴可能ですが、正しく表示されない場合もあるため、Microsoft Teamsの利用を推奨します。
共催:農林水産省、東北農政局、農研機構東北農業研究センター
協力:東北地域農林水産・食品ハイテク研究会

3.内容

(1)「スマート農業実証プロジェクト」令和3年度採択コンソーシアムによる事例紹介
  ・東北地域のタマネギ生産の安定化と出荷連携体制の構築に向けた実証
        農研機構東北農業研究センター畑作園芸研究領域
  ・パプリカスマート商流実現と他社間連携による安定出荷体制の構築
        宮城県農政部園芸推進課
  ・通年対応型のスマート水管理による農村地域の減災・生物多様性保全機能向上の実証
        農研機構農村工学研究部門施設工学研究領域
  ・カキ・モモの収穫適期判定と輸送環境管理技術を用いた長期輸送における品質保持を可能にするスマート輸出商流技術の実証
        株式会社世界市場                                                ※コンソーシアムの都合により、事例紹介を取りやめます。
(2)「スマート農業実証プロジェクト」令和4年度採択コンソーシアムによる事例紹介
  ・ICT利用による東北地域における畑作物(大豆・小麦)収量向上サービスの実証・実装
       農研機構東北農業研究センター緩傾斜畑作研究領域      ※新たに事例紹介を追加しました。       
(3) 農業支援サービス事業者の取組事例紹介
  ・ドローンによる空中散布防除について
        株式会社アルサ
(4)スマートサポートチームの紹介
  ・スマートサポートチームの活動について
        農林水産技術会議事務局研究推進課
  ・東北管内でのスマートサポートチームの今後の取組
        テラスマイル株式会社
(5)スマート農業技術を活用した「みどりの食料システム戦略」に寄与する研究成果報告
       農研機構東北農業研究センター水田輪作研究領域
  ・農地周辺の土地利用情報を用いた斑点米被害予測とハザードマップ
  ・効率的な栽培管理に利用できる「農業気象見える化システム」
  ・省力除草、安定生産の水田有機栽培体系の実証と支援アプリケーションの開発

4.スケジュール

13時10分~13時20分  開会、挨拶
13時20分~14時40分  スマート農業実証プロジェクト事例紹介
14時40分~15時10分  農業支援サービス事業者の取組事例紹介
15時10分~15時45分  スマートサポートチームの紹介
15時45分~16時45分  スマート農業技術に関する研究成果報告

5.参集範囲

スマート農業に関心のある者  (農業者、農業者団体、民間企業、県・市町村、公設試験研究機関、報道機関 等)

6.参加可能人数

200名

7.参加申込み方法

参加費は無料です。※申込みを締め切りました。
以下の参加申込みフォームよりお申込みください。
申込み締切:令和41121(月曜日)
https://www.contactus.maff.go.jp/j/tohoku/form/kankyo/221130.html

 ・定員に達し次第、申込みを締め切らせていただきます。希望に添えない場合は、メールにてその旨を連絡します。
 ・参加可能となった方には、参加日の前日までに、登録のあったメールアドレスあてに「招待用URL」を送付いたします。

<個人情報の取扱いについて>
 ・お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否確認や当日のURLの御案内等、御本人への連絡を行う場合に利用します。

8.その他

 ・フォーラム当日の様子は、東北農政局のホームページ等に掲載する場合がありますので、御了承ください。
 ・資料やセミナーの詳細な時間割等については、以下のホームページに掲載します。
https://www.maff.go.jp/tohoku/seisan/smart/221130.html

9.報道機関の皆様へ

取材を希望される方は、上記「参加申込み方法」に従い、令和41121日(月曜日)までにお申込みください。
その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。

<添付資料>
開催要領(PDF : 78KB)

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:花田、佐藤
代表:022-263-111(内線4398)
ダイヤルイン:022-221-6214

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader