このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

トレーサビリティ関係

食品トレーサビリティでは、生産から小売りまで食品の移動に関する記録を作成・保存することにより、食品事故が発生した際は、迅速な回収に役立ちます。

関東地域食品トレーサビリティ・システム普及啓発セミナー開催結果

  「食」の安全や安定供給の確保に対する消費者の関心が年々高まるなか、生産・製造、加工・流通、販売の各段階で、「食」の安全確保対策の充実・強化が求められています。
  このため、農林水産省では、「食」の安全確保の様々な取組を進めると同時に、消費者の信頼を確保し、消費者が「食」に対して安心できるよう、食品の流通経路情報を活用して食品を追跡・遡及できるトレーサビリティ・システムの普及・啓発を行っています。
  以上のことを踏まえ、関東農政局において、農協等の農畜水産業関係団体、食品の製造・流通・販売業者等へのトレーサビリティ・システムの普及を図るため、管内の特色ある様々な取組事例の紹介を内容とする事例報告会を開催しましたので、開催結果の概要をご紹介いたします。

 

 

米トレーサビリティ法、食糧法「遵守事項」、米穀流通監視相談窓口

トレーサビリティ関係(農林水産省)

お問合せ先

消費・安全部消費生活課
代表:048-600-0600(内線3210)
ダイヤルイン:048-740-0096
FAX:048-601-0548

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader