このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

地産地消

地産地消とは、国内の地域で生産された農林水産物を、その生産された地域内において消費する取組です。食料自給率の向上に加え、直売所や加工の取組などにより農林漁業の6次産業化や農山漁村の持続的発展につながるものとして、推進を図っています。

 お知らせ   

農林水産省の事業に関する情報

 「農泊  食文化海外発信地域 (Savor Japan)」について

食と農のロゴ「農泊  食文化海外発信地域」(旧「食と農の景勝地」について
海外における日本食・食文化に対する関心は、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録、ミラノ国際博覧会等を通じて近年大きく高まっており、日本を訪れて「本場の日本食」を体験したいという外国人のニーズも高まっています。また、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会も見据え、地域の食と、それを生み出す農林水産業を核として訪日外国人を中心とした観光客の誘致を図る地域での取組を「食と農の景勝地」として認定する制度を平成28年度に創設しました。全国から公募したところ、28道県44地域から応募があり、厳正なる審査の結果、北海道十勝地域、岩手県一関市・平泉町、山形県鶴岡市、岐阜県下呂市馬瀬地域、徳島県にし阿波地域の5地域を認定いたしました。
今年度より、訪日外国人旅行者の観光需要を国産農林水産物・食品の需要拡大及び農山漁村の所得の向上に繋げ、農山漁村における「農泊」を強力に後押しするため、制度名称を「農泊 食文化海外発信地域」と変更し、Savor Japanブランドで我が国が誇る農山漁村の食の魅力を世界に向けて強力かつ一体的に発信します。


  ●「食と農の景勝地」推進協議会について
「食と農の景勝地」認定地域及び認定を目指す地域のレベルアップに向けて、勉強会・交流会の開催、地域の課題やニーズに応じた有識者の派遣等を行い、「食と農の景勝地」のネットワーク化を促進します。
また、「食と農の景勝地」に関する戦略的かつ一体的な情報発信を通じて、多くの訪日外国人旅行者に日本各地の「食と農の景勝地」を訪れていただけるよう、情報発信力・訴求力を高め、「食と農の景勝地」ブランドの着実な浸透を目指します。

 地産地消に関する各種資料

地産地消推進関連の法律について

地産地消関連の法律について、詳しくお知りになりたい方は以下のリンクを御参照ください。

 地産地消の「促進計画」策定状況について

 「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」第41条に基づき、県及び市町村が策定した地産地消の「促進計画」について詳しくお知りになりたい方は以下のリンクを御参照ください。

 その他資料

「平成29年度地産地消等優良活動表彰」及び「第10回地産地消給食等メニューコンテスト」の受賞者が決定しました!

「平成29年度地産地消等優良活動表彰」(平成29年11月)NEW

東北管内の受賞


「第10回地産地消給食等メニューコンテスト」(平成29年11月) NEW

東北管内の受賞

各種調査結果等

地産地消関連リンク

フードアクションニッポン

          農林水産省では、地域の農林水産物の魅力を広く発信し、その消費拡大を推進するため「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」公式WEBサイトを開設しました

         みんなではぐくむにっぽんの食     

地場産物の安定供給体制の構築など地域の農林水産物の生産、販売、消費をつなぐ中心的な役割を果たし、今後、各地の地産地消のさらなる発展のために活躍が期待される方々です。      

青森のうまいものたち 

いわて食財倶楽部 

食材王国みやぎ 

あきた食の国ネット 

おいしい山形 

福島りんく

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:地産地消推進係
代表:022-263-1111(内線4374)
ダイヤルイン:022-221-6403
FAX:022-722-7378

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader