このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

フルーツで南あわじ市を元気に!

南あわじ市で、認定新規就農者として「いちじく」と「ぶどう」を栽培している、澤内ファームの
井上 佐苗(旧姓 澤内)さんにお話しを伺いました。

いちじくのほ場前でご主人と

就農したきっかけは

大阪で会社勤めをしていましたが、父の病気を機に実家に戻り農業を手伝うことになりました
2011年に興味と好奇心から、いちじく栽培の現地見学に参加した際、専門員の方に栽培を強く薦められました
無料
配布された穂木を植えてみたところ、順調に成長したことで引き返せなくなり、いちじく部会や研修会にも参加。先輩方の園地を訪問しご指導をいただく中で、栽培の奥深さや手を掛け無事に育っていく いちじくに愛情が湧いてくるようになりました。(子育てと同じ!
定植から5年、収穫量が増えたことを機に本格的に両親の農業を手伝うことに2019にはぶどうの苗木を試験的に定植し、この栽培が順調に進んだことで、本年1月、両親から農業を継承し就農しました。

試験栽培中の澤内さんぶどう

どのような農業をされていますか?

いちじくを7a、ぶどうは18aでシャインマスカットやピオーネなど5品種を栽培しています。いちじくの収穫は必ず完熟で行い、お客様に一番美味しい状態で提供することを心掛けています。
地元の直売所などで“澤内さん
ちのいちじくとして販売し「美味しい!」との声をいただくなどリピーターも増えてやりがいを感じています。
地元ではフルーツ女子会を作り、知識や経験を活かしてアドバイスを行うなど、農作業は「大変」ではなく「楽しい!」ということを伝え合い、今後も果樹栽培を盛り上げていきたいです。

マルシェでも大人気の “澤内さんちのいちじく

今後の夢や目標は?

直売所や観光農園をしてみたいですし、南あわじ市のフルーツの魅力を多くの方に知っていただきたいです。また、フルーツ離れが深刻な子供達にフルーツの魅力、美味しさを伝えるため果樹園への招待や学校・保育所などへの食育活動も計画しています
南あわじ市には果樹を栽培している方、特に若い方が少なその育成を行うことで過疎化が進む地域の活性化、活気あふれる地域となるよう努めていきたいです
いちじく栽培を教えてくださった皆さん、支えてくれる主人、多くの関係者の方々に助けていただき今日があることに、感謝しています。

お問合せ先

近畿農政局兵庫県拠点
代表:078-331-9941(内線242)
ダイヤルイン:078-331-5924
FAX番号:078-331-5177