このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

近畿「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回)選定証授与式を開催

毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクト(福知山市) ~「1000年続く里づくり」を目指して~

京都府拠点は、令和3年12月23日(木曜日)福知山市大江町毛原公会堂において、近畿「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回)選定証授与式を開催し、コミュニティ部門で選ばれた「毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクト」に対して近畿農政局京都府拠点地方参事官から選定証の授与を行いました。

福知山市大江町毛原集落では、20年以上前から棚田オーナー制度や民間企業と連携した地域活性化に取り組んでおり、地域外のメンバーを加えた「毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクト」を平成27年に設立。
集落の全住民12戸28人が主体となり、村外村民と一緒に「1000年続く里づくり」を目標に、地域特産品の復活、縁側喫茶の営業、地域通貨の導入などにより地域活性化に取り組んでおられます。

選定証授与式の様子

選定証授与式の様子

地方参事官から毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクトへ選定証を手交しました。

写真右:毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクト  水口代表


「毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクト」のみなさん

「毛原の棚田ワンダービレッジプロジェクト」のみなさん

役員の皆さんからは、「今とこれから住む人たちの1000年後の未来のために、毛原の美しい棚田を守りながら楽しく暮らし成長していけるよう、住民以外の多くのお力もいただきながらこれからも精一杯取り組んでいきたい」と思いを語っておられました。


田植えイベントの様子

毛原の棚田

毛原にある棚田は「美しい棚田百選」にも選ばれ、地域住民のほか「棚田体感ツアー」や「棚田オーナー制度」を設けて都市部からも人々を呼び、棚田の保全や景観づくりに取り組まれています。

写真:田植えイベントの様子


近畿「ディスカバー農山漁村の宝」 (近畿農政局HP)
https://www.maff.go.jp/kinki/keikaku/nousonshinkou/kasseika/dis2.html

毛原の棚田
https://www.keharanotanada.com/


お問合せ先

京都府拠点

担当者:総括班
電話:075-414-9015