このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

地域の農地を後継者に託せるまで頑張りたい!(株)ファームきぬがわ

今回は、福知山市夜久野町の(株)ファームきぬがわ代表取締役の衣川重人さんにお話を伺いました。お父様の後を継いで水稲栽培を始めて以降、地域の農地を託されることが多くなり、後継者を育成できる環境を整えるため、平成29年2月に(株)ファームきぬがわを設立されました。

栽培作物について

  栽培作物について

現在、水稲のコシヒカリ8ha(種子用5.5ha、主食用2.5ha)、万願寺甘とう等の栽培に取り組まれています。
水稲については、種子用は全てJA出荷、主食用は直売(固定客7割、直売所3割)をされています。直売所では、「衣川の男米」の名称で、斬新なデザインが描かれた米袋で販売されており、さらに売り上げを伸ばしたいとの意欲を示されています。

平成29年度「京のプレミアム米コンテスト」で入賞★

  平成29年度「京のプレミアム米コンテスト」で入賞★

平成29年度には、京都府が開催している「京のプレミアム米コンテスト」で入賞されました。
夏場でも夜には気温が下がり、寒暖の差が大きくなるというおいしい米作りに適した土地条件で生産されていることに加えて、日々技術研鑽に取り組まれている成果も出たのでしょうね。

これからの展望

  これからの展望

雪が降り、日照時間が短いため、冬場にできる農作業が少ないのが課題。本年4月から衣川さん(右側)を含めて従業員が4人となることから、収益を増やすためパイプハウスの増築を検討されています。現在8棟あるハウスでは万願寺甘とうを栽培されていますが、新たな作物にも取り組んでいきたいそうです。

お問合せ先

京都府拠点

担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX番号:075-414-9057