このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

京都府口丹地域(亀岡市・南丹市・京丹波町)でがんばる農業者と意見交換をしました

JA京都は、京都府の南部から北部まで広範な地域を事業区域に持つ農協です。
今回は、JA京都にご協力をいただき、口丹地域の2名の若手農業者、法人代表と意見交換をしました。                                                                                                                                              
ja-kyoto01.JPG

  亀岡市 松田紘輔さん

松田さんは就農4年目で、JA京都亀岡直売部会に所属し、亀岡市内のスーパーの地場野菜直売コーナー「亀岡そだち」に出荷しています。経営の主力は、紫ずきん・丹波黒大豆の枝豆とじゃがいもで、ハウスでは、パプリカ・ミニトマト・小松菜を栽培しています。
就農のきっかけは、テレビでアフリカの餓死の問題を見たこと。将来的には、法人化し、人を雇用し、自分はアフリカへ渡り、自分のお金と知識を使い農業で、現地の人を助けたいそうです。


ja-kyoto02.JPG

  南丹市 木村元気さん

木村さんは、農業のアルバイトと研修を7年経験後、独立して3年の若手農業者です。経営の主力は露地の万願寺とうがらしと施設での壬生菜で、JA京都京野菜部会日吉支部に入り、出荷しています。
課題は、ほ場が3カ所に分散しているため、一人での営農では限界であり、今後は整理していかなければと考えていることと、露地の草刈りがたいへんなため、施設へ集約したいそうです。


ja-kyoto03.JPG

  京丹波町 (株)みとけ 代表取締役 谷口勝己さん

(株)みとけは、地域の農作業共同組合を前身とし平成24年6月に設立された農業生産法人です。経営は、黒大豆、水稲のほか、14棟のハウスで年6回京水菜を栽培しています。
また、前身の農作業共同組合から引き継いだライスセンターを運営しています。
(株)みとけでは、新規就農者を積極的に雇用し、現在は京都府立農業大学校の卒業生2名が働いています。

〇写真左が谷口代表

お問合せ先

京都府拠点

担当者:総括班
ダイヤルイン:075-414-9015
FAX番号:075-414-9057