このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「次世代に願いを込めて紀州備長炭を語る!」


BUZZ MAFF「紀州備長炭 焼いてみた!」(※1)の撮影に御協力頂いた炭焼き職人の土山徹(つちやま とおる)(※2)さんが、令和3年1月26日(火曜日)田辺市立中辺路小学校で1~2時限を利用して「紀州備長炭」をテーマに出前授業をされました。

【出前講座の内容】
  ・ 紀州備長炭の名前の由来
  ・ 備長炭用材(ウバメガシ)の説明
  ・ BUZZ MAFFの内容を教材用に編集したDVDを放映しながらのお話
    「伐採、木ぞろえ、窯入れ、焼き、窯出しといった製炭の一連の流れや、炭を焼く際に土山さんが大切にしていること
   (伝統技術と持続的可能な山林利用)など」


  講師の土山さん



  ウバメガシの説明



  ウバメガシの原木と備長炭(机の右上)を配布



  生徒に備長炭を見せながら


【まとめ】
  ・ 材料であるウバメガシは、適切な管理(択伐(たくばつ)と萌芽更新(ほうがこうしん)を説明)(※3)が必要。
  ・ 先人が炭を焼く技術を伝えて下さっただけでなく、原料であるウバメガシの山を守ってきて下さったからこそ、いま私が
     炭を焼くことができる。
  ・ 材料があるからといって無計画に使ってしまっては、この先に生きる人が困ることになる。これは製炭に限ったことでは
     なく、人が生きていく上で常に持ち続けなければならないこと。




【児童からの感想】
  ・ 旧中辺路町で昔は300人もいた炭焼き職人が4人にまで減ってしまったことや、炭にも種類(黒炭・白炭)があることは
     知らなかった。

  ・ 炭を窯で焼くことは知っていたが、DVDを見てこんなに長い時間と手間がかかり、技術が必要であることを知り、備長炭
     の価値が分かった。


(※1)BUZZ MAFF・・・農林水産省公式YouTubeチャンネル。我が国の農林水産物の良さや農林水産業、農山漁村の魅力を
      発信するプロジェクト。「紀州備長炭 焼いてみた!」は近畿農政局和歌山県拠点が作成した動画。
    「紀州備長炭 焼いてみた!」アドレス
       https://www.youtube.com/playlist?list=PLVc03uX0IwZv4B-jCGTnjMSEumWEVkOeZ

      

(※2)土山さんのご紹介(近畿農政局和歌山県拠点 農業者紹介サイト)
      https://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/torikumi/img/tutiyamatooru/tutiyamatooru.html

(※3)択伐・・・森林を一度に伐採せず、成長度合いによって少しずつ抜き伐りし後継樹を育てること。
          萌芽更新・・・択伐した切り株の根元から伸びた萌芽を生長させ、次の薪炭材に育てること。

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点

ダイヤルイン:073-436-3831
FAX番号:073-436-0914