このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

「高野町富貴産ホップ収穫体験会2021」開催!!

令和3年7月31日(土曜日)、高野町富貴地区の株式会社三ツ星ファームホップ畑において開催された「高野町富貴産ホップ収穫体験会2021」に参加しました。

株式会社三ツ星ファームは、高野町内の耕作放棄地の解消や新規就農者の確保につながる農業・地域振興を目的として、2018年からホップの栽培に取り組んでいます。
2019年はこの取組みを広く知ってもらうため、町内外から多くの参加者を募り大規模な収穫祭が行われましたが、新型コロナウイルス感染防止の観点から、昨年に引き続き今年も関係者のみでの収穫となりました。

   




ホップの収穫は、つるから松かさのような毬花(まりはな)を手で一つ一つ摘み取っていきます。
4~5cmに成長した毬花を、つるの根元の方から手の届く範囲を摘み取り、その後、手動で棚を下げて上の方を収穫します。
この日は約60名の参加者により約35kgを収穫しました。




毬花をプチっと摘み取る時に香る、フレッシュな香りが爽やかでした。


収穫したホップは、高野町オリジナルクラフトビール「天空般若」の原料になります。
「天空般若」は、現在、高野町内で同ビールを取り扱う宿坊寺院の宿泊者のみが味わうことができますが、今後、高野町内で一般に購入することができる新たなお土産のクラフトビールの製造を予定しています。



高野町では土壌づくりにこだわり、これまで、ホップをはじめ薬用作物の「大和当帰」の収量や品質の向上を目的として土壌改良に取り組んできました。
2021年度は野菜の土壌改良にも取り組み、高野町の新たなブランド野菜として販売していく予定です。
今後は、土壌作りから栽培、収穫までを一環してマニュアル化し、地域の農業者や新規就農者の間で共有することで、誰もがブランド野菜を栽培できる環境づくりを目指していきます。


高野町富貴地区の風景です。

富貴地区では、寒暖差の大きい寒冷地の気候を活かして少量多品目の農業が行われています。
日本の原風景のようなのどかな里山です。

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点

ダイヤルイン:073-436-3831
FAX番号:073-436-0914