このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

 

中早さん(左)と児島さん

色づいてきたミニトマト

ハウスでの作業

子ども達につなげる町づくり
(みなべ町  中早大輔さん)

農業経営の概要

私、配偶者、両親、弟の5人で、ウメ6ha、ミニトマト8a、露地野菜(今年はブロッコリー、ソラマメ)の複合経営を行っています。
家族経営ですが、両親、私、弟の3世帯分の収益を出すためには、より収益性の高い経営を進める必要があります。
ウメは一次加工のみですが、消費者の手元まで『中早農園のウメ』として届けたい。そんな加工業者と取引をしていきたいです。

 

地域活動について

和歌山県農協青年部協議会の副会長など農業関係だけでなく、町を担う子ども達の地域貢献活動をサポートする地域活動にも力を入れています。
子ども達には、みなべ町を町の外から見る経験をし、その間に得た知識や経験を町で活かしてほしい。
そう思える町にするのが私たち世代の役割、農業も魅力ある仕事にしたい。
月並みな言い方ですが、『より良いみなべ町づくり』ですね。

 

和歌山県拠点から

みなべ町を守りたいとの強い想いで精力的に活動される中早さん。
『これも家族の理解と協力あってのこと』と、ご家族への感謝も話されていました。
  
また、9月19日~10月18日の間、農林水産省職員  児島貴郎さん(環境政策室)が研修生として奮闘しています。
農作業だけでなく地域との交流を図ってもらい、現場の声をしっかり感じてください。


 

 





 

お問合せ先

近畿農政局和歌山県拠点
〒640-8143 和歌山市二番丁3 和歌山地方合同庁舎5階
電話:073-436-3831
Fax :073-436-0914