このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

きゅうり

とうほく 食のもの知り隊
 
        私たちの食卓    東北の農林水産業    安全・安心な食べ物について    食べ物と自然環境
 

いぼいぼの秘密

「写真」 きゅうり

きゅうりの原産地はインドのヒマラヤと言われています。日本には6世紀頃、今から約1500年前に中国から伝わりました。

きゅうりは暖かい気候に適しており、しもに弱いため、18度から25度が適温と言われています。生長が早いことも特ちょうのひとつです。生産の約6割がビニールハウスさいばいなので、1年中、スーパーなどで売られています。

きゅうりの表面には、いくつもの「いぼ」がありますが、この「いぼ」がチクチクするものほど新せんです。

また、きゅうりにはビタミンCが豊富に含まれています。

緑色のあざやかさから、サラダや料理のトッピングとしても、たびたび食卓に登場する食材です。

一口メモ・・おいしいきゅうりの見分け方

  • ポイント1・太さが均一でずっしり重く、にぎるとハリとだんりょく性がある。
  • ポイント2・いぼいぼがピンと張っている。
  • ポイント3・切り口に白いトゲが出ている。
  • ポイント4・花がとれた部分がみずみずしい。

この4つのポイントでおいしいきゅうりを見分けてみましょう。

東北の主な産地

  • 福島県須賀川市
  • 岩手県盛岡市紫波町

お問合せ先

企画調整室
代表:022-263-1111(内線4270、4313)
ダイヤルイン:022-221-6107
FAX:022-217-2382