このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

利根川水系

1.利根川水系 2.荒川水系 3.那珂川水系

利根川水系の変遷

かつての関東平野は、合流や分流を繰り返し西に東に乱流する河川と、無数に点在する大小の川や沼が入り組んでいて、開発の手の及ばない土地でした。
しかし、江戸時代に行われた利根川の東遷(東京湾に流れていた利根川を渡良瀬川、鬼怒川へと瀬替えを行い銚子の先へと導き現在の利根川とした)により、利根川以南では旧河道や遊水地の変動は少なくなり、流域が安定します。これらの旧河道や遊水地を用水源や排水路として利用することで水田が拓かれ、関東平野は穀倉地帯として、その姿を大きく変貌させていきます。
 
利根川水系の変遷

(青:旧利根川赤:新利根川) 

旧河道や遊水地を用水源や排水路として利用した耕地の開発が極限に達すると、見沼代用水の開削に見られるように、大河川からの直接取水によって、取水量の増加が図られるようになりました。河川中・下流の沖積地には、大規模な用水路が設けられ、排水河川を分離するなど、それまでの個別的・反復的な用排水システムが改良されました。
こうして関東平野の姿は大きく変貌し、流域に水田が拓かれるとともに、現在にまでつながる地域の用排水系統が確立しています。

【実施中の国営土地改良事業】
【かんがい排水事業】
北総中央農業水利事業(千葉県)
印旛沼二期農業水利事業(千葉県)
【国営施設機能保全事業】
大利根用水施設機能保全事業(千葉県)

お問合せ先

利根川水系土地改良調査管理事務所
〒277-0831千葉県柏市根戸471-65
電話番号:04(7131)7141FAX番号:04(7133)3527