このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

矢作川水系羽布ダムで事前放流を実施

矢作川水系羽布ダムで事前放流を実施

令和2年7月豪雨に関連して、農林水産省が国営矢作川農業水利事業(昭和27年から昭和38年)により築造し、愛知県農林基盤局に管理を委託する矢作川水系羽布ダムにおいて、令和2年7月5日午前7時から事前放流を実施しました。

この事前放流は令和2年5月29日に締結した矢作川水系治水協定に基づくもので、協定による基準降雨量(250ミリメートル/48時間)を超える降雨が予測されたため、河川管理者から事前放流を実施する態勢に入るよう連絡を受けて、予測降雨量に対する容量2,155千立方メートル(ナゴヤドームの約1.3倍)を確保するために貯水位をEL465.0メートル(満水位より2メートル水位低下)まで下げる操作を行ったものです。

さらに降雨継続期間中も、水位維持、放流量の抑制のための操作を実施し、7月8日午前10時には最大流入量 毎秒53.8立方メートル(25メートルプールが約8秒で満タン)が記録される中、7月9日午前10時には最大ピークカット量(流入量ー放流量=放流量の抑制)として、毎秒30.6立方メートル(25メートルプールが約14秒で満タン)の洪水制御機能を発揮しました。

羽布ダムの概要

  • 型式:直線越流型コンクリート重力式ダム
  • 流域面積:51.34平方キロメートル
  • 満水位:EL467.0メートル
  • 堤高:62.5メートル
  • 有効貯水量:18,461千立方メートル(ナゴヤドームの約10.9倍)


             羽布ダムと桜                
近影から見た羽布ダム

お問合せ先

農村振興部設計課

担当者:水利計画官
代表:052-201-7271(内線2666)
ダイヤルイン:052-223-4635
FAX番号:052-219-2667