このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

バーチャルリアリティ(VR)体験会

東海農政局は、農業・農村について理解を深めていただくためのVRコンテンツを作成し、これをご覧いただけるVR体験会を各種イベントで開催しています。
東海地域の農業関連施設や農作物、農村などを、その場所にいるかのように360度で体感していただける貴重な機会です。ぜひ体験してみてください。

ゴーグルをのぞく様子

VR体験会について

バーチャルリアリティ(VR)は、一般的に「仮想現実」と訳され、コンピュータによって作られた環境を、あたかも現実かのように体感できる技術です。

本体験会では、スマートフォンをディスプレイとして取り付けたゴーグルを使用し、農業・農村の360度画像をご覧いただきます。
このゴーグルをのぞくと、上下左右360度のパノラマが広がり、周りを見渡すと、まるで自分がその場所にいるかのような臨場感を味わうことができます。
普段見ることのできない東海地域の農業関連施設や農作物、農村の風景を身近に感じてみてください。

VRコンテンツ

東海農政局が作成したVRコンテンツは、こちらからご覧いただけます。

http://www.maff.go.jp/tokai/kikaku/vr/content/index.html

VRページURLのQRコード

食用(大豆)油ができるまで!
牛乳はどこからくるの?
「れんこん」ができるまで
羽布ダム見学ツアー
農業用水「田んぼの水はどこから来るの?」
地域の農業施設・農作物を見学しよう!
お米ができるまで

VR体験会の様子

本年度に実施したVR体験会の様子をご紹介します。

平成31年/令和元年

四日市市環境フェア

実施日:令和元年12月7日(土曜日)
場所:じばさん三重(三重県四日市市)
コンテンツ:お米ができるまで/地域の農業施設・農作物を見学しよう!

  • 東海農政局は「四日市市環境フェア」にて広報ブースを出展し、360度のパノラマで「お米ができるまで」、「地域の農業施設・農作物を見学しよう!」のVR体験会を行いました。
  • 約90名の子どもたちと保護者が、お米ができるまでの様子や、日本の農業風景をVRで体験しました。

 VRを体験する子どもたち VRを楽しむ子ども達

知立の農!Know!マーケット

実施日:令和元年11月23日(土曜日)
場所:知立文化広場(愛知県知立市)
コンテンツ:農業用水「田んぼの水はどこから来るの?」/お米ができるまで

  • 東海農政局は、「知立の農!Know!マーケット」においてVR体験会を行い、子どもを中心に約60人が参加しました。
  • 「リアルだった」「稲に実がなった時うれしく思った」など、子どもたちの感想がアンケートに記入されていました。

VRを体験する参加者 VRを楽しむ子どもたち

令和元年度東海農政局モニター交流会

実施日:令和元年11月7日(木曜日)
場所:東海農政局/木曽川水系土地改良調査管理事務所 犬山頭首工管理所(愛知県犬山市)
コンテンツ:お米ができるまで/農業用水「田んぼの水はどこから来るの?」/羽布ダム見学ツアー/「れんこん」ができるまで

  • 東海農政局統計部は、東海三県から計12名のモニターの方に参加いただき、犬山市でモニター交流会を開催しました。
  • 交流会前の空き時間を利用して、参加者全員がVR体験を行い、迫力ある羽布ダムや、ダムから用水をつたわり田んぼに水が流れる360度の画像に、驚きの声や「画像はどこの市町村か」、「このダムを見学してみたい」など話をされました。

VRを体験するモニターの皆様 VRを体験するモニターの皆様

第33回岐阜県農業フェスティバル

実施日:令和元年10月26日(土曜日)、10月27日(日曜日)
場所:OKBぎふ清流アリーナ(岐阜県岐阜市)
コンテンツ:お米ができるまで/地域の農業施設・農作物を見学しよう!

  • 東海農政局「消費者の部屋」は岐阜県拠点と連携し、岐阜県農業フェスティバルにおいて、VR体験コーナーを設置しました。
  • 親子を中心に288名が参加し、子どもたちは喜んでゴーグルをかけ、バーチャルな世界を体験していました。

VRを体験する親子の方 VR体験を楽しむ子どもたち

農業文化圏・戸田川緑地

実施日:令和元年10月13日(日曜日)
場所:農業文化圏・戸田川緑地(名古屋市港区)
コンテンツ:牛乳はどこからくるの/お米ができるまで

  • 東海農政局は、農業文化圏・戸田川緑地農業科学館において、「食べものについて もっと考えてみよう」をテーマに、食育に関するVR体験を行いました。
  • 子どもや子育て世代を対象に63名が、牛舎での搾乳の様子や乳業メーカーで牛乳がパック詰めされる様子などをバーチャル体験しました。

VRを体験する参加者 VRを楽しむ子どもたち 牛舎内の乳牛たち


キッズプロジェクト(4)カラフルタウン岐阜

実施日:令和元年9月8日(日曜日)
場所:カラフルタウン岐阜(岐阜県岐阜市)
コンテンツ:お米ができるまで/地域の農業施設・農作物を見学しよう!

  • 夏休みキッズプロジェクト第4弾として、「農業のこと食べ物のこと考えてみよう!」をテーマに、子どもたちを中心に約110名がVRを体験しました。
  • 子どもたちはゴーグルをかけると、顔や体を動かすなどして、食や農業のバーチャルな世界を楽しんでいました。

VRを体験する親子の方々 VR体験を楽しむ子どもたち

キッズプロジェクト(3)桑名市立中央図書館

実施日:令和元年8月23日(金曜日)
場所:桑名市立中央図書館(三重県桑名市)
コンテンツ:お米ができるまで/地域の農業施設・農作物を見学しよう!

  • 夏休みキッズプロジェクト第3弾として、「VR体験&正しいおはしの持ち方を学ぼう!」を開催し、子どもたちを中心とした約45名がVRを体験しました。

VR体験を楽しむ子どもたち VR体験を楽しむ子供たち

キッズプロジェクト(2)ララスクエア四日市

実施日:令和元年8月19日(月曜日)
場所:ララスクエア四日市(三重県四日市市)
コンテンツ:お米ができるまで/地域の農業施設・農作物を見学しよう!

  • 夏休みキッズプロジェクト第2弾として、「農業のこと食べ物のこと考えてみよう!」を開催し、夏休み中の子どもたちがVRを体験しました。
  • 和食すごろくや魚釣りのゲームを行い、食べ物への理解を深めました。

VR体験を楽しむ子どもたち

キッズプロジェクト(1)わくわく夏休みinテクノプラザ2019

実施日:令和元年7月30日(火曜日)
場所:岐阜県科学技術振興センターテクノプラザ(岐阜県各務原市)
コンテンツ:お米ができるまで

  • 東海農政局「消費者の部屋」は、子どもや保護者の方を対象に、農林水産業や食に関する理解を深める取組として、「キッズプロジェクト」を実施しました。
  • キッズプロジェクト第1弾として、「農業のこと食べ物のこと考えてみよう!」を開催し、子どもたちを中心とした約120名がVRを体験しました。

VRを体験する子どもたち VR体験を楽しむ子どもたち

国家公務員採用一般職試験(大卒程度)業務説明会

実施日:令和元年6月28日(金曜日)、7月1日(月曜日)
場所:東海農政局(名古屋市中区)
コンテンツ:羽布ダム見学ツアー/お米ができるまで

  • 国家公務員採用一般職試験(大卒程度)業務説明会の参加者約180名の方々に、説明会前の空き時間を利用してVR体験を行いました。
  • 迫力ある羽布ダムとお米生育の映像に驚きの声や質問が飛び交いました。

VRの体験をする説明会に訪れた方たち

第23回大師の里・彦左衛門のあじさいまつり

実施日:令和元年6月9日(日曜日)
場所:丹生大師の里(三重県多気郡多気町)
コンテンツ:羽布ダム見学ツアー

  • 東海農政局は、あじさいまつりにおいて広報ブースを出展し、360度のパノラマで農業の現場や農業水利施設を見学するVR体験会を行い、子どもたちを中心に35名の方が参加しました。

VRを体験する地域の方々

名古屋市農業センター2019 ゴールデンウィークフェア

実施日:令和元年5月6日(月曜日)
場所:名古屋市農業センター(名古屋市天白区)
コンテンツ:お米ができるまで

  • 東海農政局は、「名古屋市農業センター2019ゴールデンウィークフェア」においてVR体験コーナーを設置し、主に小学生と保護者の方を中心とした93名が「お米ができるまで」のVRを体験しました。
  • いつも食べているお米が田んぼから食卓に届くまでにたどる道を知ることで、食に対する理解を深めました。

VRを体験する子どもたち VRを体験する皆さん


VR出張講座「お米ができるまで」

実施日:平成31年1月30日(水曜日)
場所:名古屋市立飯田小学校(名古屋市北区)
コンテンツ:お米ができるまで

  • 飯田小学校の5年生88名を対象にVR出張講座を実施しました。子どもたちは「田んぼの稲の様子をVRで体験できて楽しかった」など、楽しみながらお米が育つ様子を勉強しました。
  • パソコンを使っての農業施設・農作物のVR見学では、大豆やばれいしょの花をみんなで探して、クイズに答えました。

VR体験する子どもたち VRを楽しむ子どもたち パソコンでVRを見る様子

お問合せ先

企画調整室

担当者:広報担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン:052-223-4610
FAX番号:052-219-2673

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader