このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

01.土工

技術の名称

技術の概要

名称 概要 会社名 登録日

有機酸バイオ系地盤改良材「コーンa」BP
(外部リンク)

【概要】

本技術「コーンa」BPは有機とキチン質のバイオ系地盤改良材で、従来は高炉セメントによる地盤改良で対応していた。本技術活用により改良土はpH中性域で、動植物にも安全で、品質向上と安全性の向上、再生砕石による道路の固化飛散防止、バチルス繁殖による放射線量抑制で周辺環境向上も図れる。

適用範囲(条件)

  1. 自然条件
    厳冬期に地盤凍結の恐れのある地域での厳冬期施工はしない。
    悪天候(降雨・降雪・強風)時は施工しないこと。
  2. 現場条件
    資材スペース:1m✕1m=1平方メートル
    作業スペース:3m✕7m=21平方メートル
  3. 技術提供可能地域
    技術提供地域には制限なし。
大崎建設(株)
(外部リンク)

平成30年7月27日

油圧ショベル用2Dマシンガイダンスシステム「iDig」 NEWアイコン
(外部リンク)

【概要】

(1)何をする技術なのか?

  • 短時間で着脱可能な油圧ショベル用2Dマシンガイダンスシステム「iDig」

(2)従来はどのような技術で対応していたのか?

  • オペレータや計測員の目視

(3)公共工事のどこに適用できるのか?

  • 油圧ショベルを使用する土工工事

(4)その他(「iDig」の特徴)

  • 油圧ショベルのバケットの刃先位置を表示しバケット刃先精度は±1cmでLED表示器の表示に従って作業ができる。
  • キャビンからバケットの刃先の位置をLED表示器で常時確認できる。
  • オペレータは、入力した深さ、距離、勾配の2Dマシンガイダンスデータに従って作業を進めるため、掘削等作業に集中できる。
  • 本技術の2DMGシステムは、簡単に設置できる仕組みで、1人の作業員で1時間程度の時間で設置が行える。
  • 本技術のセンサー等の設置には、専用シールとプレートで簡単に接着が可能となり、削孔や溶接を用いないため、専門技術者が不要となった。
  • 本技術のセンサー間の通信方法は無線を使用し、センサーは太陽電池式であるため、断線による不具合は発生しない。
  • 100種類のショベル×バケットが登録可能であるため、他の手持ちの油圧ショベルへ載せ換えすることで、専用車両が不要になる。(数分で他の油圧ショベルへ載せ換え可能)
  • 本技術のセンサーは受光器兼用センサーとなっているため、回転レーザーを水糸の代わりとする現場においても、別途受光器を取り付ける必要がない。

この技術による効果

(1)どこに新規性があるのか?(従来技術と比較して何を改善したのか?)

  • オペレータや計測員の目視から入力設定データによるLED表示器を使用した2Dマシンガイダンスシステムに変えた。

(2)期待される効果は?(新技術活用のメリットは?)

  • 入力設定データによるLED表示器を使用した2Dマシンガイダンスシステムに変えたことにより、
  1. 掘削等の作業中の深さや距離等の計測が不要になったため、施工性が向上し、工程の短縮が図れる。
  2. 掘削等の作業中の深さや距離等の計測が不要となり、計測員の労務費が削減できるため、経済性の向上が図れる。
  3. 掘削等の作業中におけるバケット刃先の位置確認等がキャビンから行えるため、オペレータの省力化が図れる。
グレートスタージャパン(株)
(外部リンク)
 令和元年10月17日

お問合せ先

土地改良技術事務所企画情報課

〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2−2
電話:052-232-1057
FAX番号:052-219-2660