このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

06.河川・水路工

技術の名称

新技術・新工法紹介ページへ戻る

技術の概要

名称 概要 会社名 登録日

KCフォーム(GRC製側溝用埋設型枠)
(外部リンク)

【概要】
既設の開水路や道路側溝の暗渠化に用いるGRC(耐アルカリ性ガラス繊維補強セメント)製の埋設型枠。側溝や水路の蓋掛り部に本製品を設置し、その上に配筋・生コンクリート打設・硬化させて鉄筋コンクリート蓋を作製することで、水路内側に支保工を設置することなく暗渠化が可能。構造体(かぶりの一部)として機能することが認められており、本製品を用いた鉄筋コンクリート蓋は、曲げ荷重を受けたとき本製品とコンクリートが一体として機能する。

インフラテック株式会社
(外部リンク)

平成29年7月20日

JSフォーム(GRC製大型側溝用埋設型枠)
(外部リンク)

【概要】
既設の開水路や道路側溝の暗渠化に用いるGRC(耐アルカリ性ガラス繊維補強セメント)製の埋設型枠。側溝や水路の蓋掛り部に本製品を設置し、その上に配筋・生コンクリート打設・硬化させて鉄筋コンクリート蓋を作製することで、水路内側に支保工を設置することなく暗渠化が可能。
小型水路(溝幅250から600ミリメートル)適用のKCフォームの特長を活かしながら、鉄筋入りのリブ構造にしたことで、大型水路側溝への適用が可能。

インフラテック株式会社
(外部リンク)

平成29年7月20日

LSフォーム(FRC製プレストレスト長尺埋設型枠)
(外部リンク)

【概要】
既設の開水路や道路側溝の暗渠化に用いる埋設型枠。側溝や水路の蓋掛り部に本製品を設置し、
その上に配筋・生コンクリート打設・硬化させて鉄筋コンクリート床版を作製することで、水路内側に支保工を設置することなく暗渠化が可能。
KCフォーム(溝幅250から600ミリメートル適用)やJSフォーム(溝幅600から1500ミリメートル適用)の特長であるガラス繊維による補強に加え、補強材、プレストレスの緊張材による複合効果でこれまで以上の曲げ耐力を実現し、溝幅2500ミリメートルまでの大型側溝暗渠化から、建築・橋梁スラブ、砂防ダム、擁壁などの残存型枠として適用可能。
FRC(Fiber Reinforced Cement)は、「繊維補強セメントコンクリート」の総称。

インフラテック株式会社
(外部リンク)

平成29年7月20日

LCユニット工法
(外部リンク)

【概要】
劣化したコンクリート構造物を補修・補強する工法であり、インフラ施設の延命化や新設構造物の長寿命化対策に貢献。
安定した品質を確保。また工期短縮による経済性の向上を実現。
安全性・耐摩耗性・付着力に優れた高品質なポリマーセメントモルタルとユニット化された鉄筋、正確なかぶり厚さを確保できる特殊アンカーを使用した工法。

株式会社エム・ティー産業
(外部リンク)

平成29年6月15日

 

グリッドメタル(格子鋼板筋)を使ったRC構造物の補修補強工法
(外部リンク)


本工法はコンクリート構造物の補修、補強の際のコスト縮減、工期短縮に寄与する工法である。グリッドメタルは縦筋と横筋の一体化により、配筋作業が省力化でき、縦筋と横筋が同一面であるため、補強断面が薄くでき、経済的である。また、従来の鉄筋による増厚工法や鋼板接着工法に代わる工法として、工期の短縮や鉄筋工不足に対応できる。補強部位は形状に合わせて加工が可能であり、溶融亜鉛めっき等の防錆処理を施すことで耐食性に優れている。

JFEシビル株式会社
(外部リンク)

平成29年5月10日

CMT改築推進工法
(外部リンク)

【概要】
長年培った岩盤推進技術を生かし、老朽化した鉄筋コンクリート管(A・B型管)を効率良く潰しながら新設管を敷設していく改築推進技術を確立した。

1.工法の概要
推進方式:回転式破砕推進工法
新設管適用径:800から2000ミリメートル
既設管適用径:200から2000ミリメートル

2.工法の特長
新設管の増径が可能で、近年要望の多い流量増加にも対応ができる。
老朽管から新設管へと入れ替えられ、将来にわたって数十年以上の供用が可能となる。
既設管の蛇行は、改築用掘進機の方向制御ジャッキにより、計画した勾配に修正が可能。
既設管の破砕ガラ・鉄筋を完全に回収できる。

株式会社推研
(外部リンク)

平成27年2月26日

CMT工法
(外部リンク)

【概要】
長距離推進は、想定外の地盤変化や障害物に遭遇する確率が高くなってくる。この課題の対応なくして長距離推進の計画は無謀と考えられる。CMT工法の原点は、岩盤推進にある。岩盤推進は、岩盤の種類・強度によりビットの摩耗は様々であり、岩盤推進においてはビット交換のできない機種での推進計画は不適となる。このことより、開発当初より切羽状況の確認・ビット交換の可能な掘進機を基本構成として開発されたのがCMT工法である。本工法は、掘進機の隔壁部に「点検扉」を有しており、「点検扉」を開けて機内よりビットの摩耗状況や障害物の内容・位置確認等が目視で確実に行え、その障害物の最適な処置を講じることが可能となっている。

株式会社推研
(外部リンク)

平成27年2月16日

お問合せ先

土地改良技術事務所企画情報課

〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2−2
電話:052-232-1057
FAX番号:052-219-2660

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader