このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

02.共通工

技術の名称

新技術・新工法紹介へ戻る

技術の概要

名称

概要 会社名 登録日

浅層・中層地盤改良工法 マッドミキサー M-1型、M-2型

【概要】

改良率100%で安全・安心の地盤を提供

バックホウをベースマシンとした地盤改良工法
M-1型 対応深度 0.5m~2.0m
M-2型 対応深度 2.0m~8.0m

0.28m3~1.4m3のベースマシンを選択することができ、様々な現場環境に対応可能。M-1・2型ともに粉体・スラリーの2種類材料供給を選択可能であり、超ロングバックホウにも装着可能。

メリット
1 現場環境に柔軟に対応
2 選べる材料供給方法
3 作業半径拡大による施工性の向上
4 原位置での一層処理が可能
5 高い攪拌能力で安定した地盤を構築

株式会社セリタ建設

平成30年3月30日(平成30年8月7日更新)

環境負荷低減型固化材 HSS工法「ドクトール」
(外部リンク)

【概要】

無機系リサイクル資源を有効活用した環境負荷低減型の固化材及び土壌改良工法。
日々発生する産業副産物の中で、無機系リサイクル材を有効活用し、開発した土壌改良材「ドクトール」と建設現場から発生する残土や泥土と混合撹拌することにより良質な土への改良を確立し、廃棄物にすることなく、再利用できると共に、従来のセメント系や石灰系の固化材以上の品質を確保でき、施工性・経済性そして環境負荷低減で、社会的要求も十分に満足できる土壌改良材とその施工方法を可能とした。
【特徴】
現場発生土と混合することにより、早期に必要強度を発現させると共に、改良後早い段階でpHを中性域にでき再泥化しない。また、固化材成分中の六価クロムや有害物質の含有がなく環境負荷のない改良法として有効である。

HSS株式会社
(外部リンク)

平成29年6月15日

ブランチブロック工法(自然環境に調和する擁壁工)
(外部リンク)

【概要】

枝状のコンクリート製品(ブランチブロック)をハニカム状に組み合わせ、その隙間に石を詰めて一体化する工法で堅固な石積擁壁を構築する工法
自然石とコンクリート製品によって一体化された堅固な石積もたれ式擁壁。
曲線施工・天端の高さ変化や法勾配等、様々な現場の形状に対応可能。
基礎・・胴込めコンクリート等の生コンクリートが不要。
河川護岸では表面の凹凸が流速を抑制し、発生渦流が基礎の洗掘崩壊を防止。
雨水・地下水は石の隙間から自然に排水される性能を兼ね備えている。
施工スピードが極めて速く、短期間での施工が可能で、経済性に優れる。
石の隙間に植物が育ち、生物が生息して自然環境・生態系の保全が可能。
法面、河岸及び海岸の崩壊・浸食等の防止、災害現場の早期修復に最適。
緑化やビオトープ形成に効果を発揮。

ブランチブロック工法協会
(外部リンク)

平成27年7月11日

お問合せ先

土地改良技術事務所企画情報課

〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸1丁目2−2
電話:052-232-1057
FAX番号:052-219-2660

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader