このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

ツマジロクサヨトウ関連情報


  ツマジロクサヨトウ(Spodoptera frugiperda)は、極めて広食性なヤガ科の害虫であり、サトウキビ、トウモロコシ、イネ、豆類、いも類、野菜類等、80種類以上の作物に被害を与えることが知られています。

  令和元年7月、鹿児島県南九州市内の一部ほ場において、本虫の発生が我が国で初めて確認されました。

ツマジロクサヨトウとは(PDF : 183KB)

生産者向けツマジロクサヨトウ防除飼料生産マニュアルと対策ポスター

  「飼料生産におけるツマジロクサヨトウ対策事業」の成果物として、「ツマジロクサヨトウ防除飼料生産マニュアル(第1版)」及び「ツマジロクサヨトウ対策ポスター」が完成しました。
  防除、飼料用とうもろこしの収穫・調製などそれぞれのポイントごとに対策が紹介されていますので、ご活用ください。

ツマジロクサヨトウ情報関連リンク


お問合せ先

生産支援課 酪農・畜産グループ

ダイヤルイン:011-330-8807
FAX番号:011-330-8609