このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

フォト・ギャラリー  局長・局次長の動き

更新日:令和4年12月7日

川合局長が「石川・福井合同肉牛枝肉共励会」に出席。表彰状を授与し、祝辞を述べました。(令和4年12月5日)

令和4年12月5日(月曜日)に金沢食肉流通センターで開催された「第34回石川県肉牛枝肉共励会・第29回福井県肉牛枝肉共励会」において、牛枝肉取引規格の審査が行われ、グランドチャンピオン(石川、福井両県の中の最優秀賞)の畜産農家に対し、川合局長が北陸農政局長賞を授与し、祝辞を述べました。

表彰式
表彰式

祝辞
祝辞

河合局次長が「富山県畜産共進会」に出席し、表彰状の授与及び祝辞を述べました。(令和4年11月25日)

令和4年11月25日(金曜日)に富山県食肉総合センターで開催された「富山県畜産共進会」に河合局次長が出席し、格付けの良い枝肉の生産者に対し農林水産大臣賞及び北陸農政局長賞の授与を行い、祝辞を述べました。

表彰式
表彰式

祝辞
祝辞

河合局次長が「女性農業者交流会~ランチ&ミーティング~」に出席しました。(令和4年11月17日)

令和4年11月17日(木曜日)、金沢広坂合同庁舎において開催した「女性農業者交流会~ランチ&ミーティング~」に河合局次長が出席しました。女性農業者が経営する家庭料理屋のお弁当を食べた後、農産物の加工やオンライン上での交流の在り方について意見交換を行いました。

石川県産野菜たっぷりのお弁当
石川県産野菜たっぷりのお弁当

河合局次長(正面右)
意見交換をする河合局次長(正面右)

内畠局次長が福井県内において意見交換を行いました。(令和4年11月15日~16日)

令和4年11月15日(火曜日)、内畠局次長が若狭町を訪問し、日本農業遺産の認定を受けた三方五湖の漁業の持続発展のための取組や認定の価値を生かして地域づくりにつなげる活動の展開等について意見交換を行いました。翌16日(水曜日)には坂井市を訪問し、農村派遣研修の研修生を受け入れてくださった稲作農業者にその御礼を述べるとともにスマート農業の実装の可能性や水管理の効率化と今後の農地の維持の在り方等について、関西から移住していちご生産に取り組んでいる若き農業者と稼げる品種選択や一味違う農業のスタイル等について意見交換を行いました。

鳥浜漁業協同組合との意見交換鳥浜漁業協同組合との意見交換
(右から2人目:内畠局次長)

湖上館パムコとの意見交換湖上館パムコとの意見交換

田中農園株式会社との意見交換田中農園株式会社との意見交換

ICHIGOOJI株式会社のいちご栽培ICHIGOOJI株式会社のいちご栽培
ハウス訪問の様子

内畠局次長が金沢刑務所での意見交換会に出席しました。(令和4年11月11日)

令和4年11月11日、金沢刑務所主催の農福連携に係る意見交換会に内畠局次長が出席しました。「農福連携等推進ビジョン」においても触法者の立ち直りに向けた取組の推進が取り上げられており、その糸口として、所内を見学するとともに矯正処遇の実態等についての説明を受けました。ノウフク全体の推進方策を検討する上での参考となるいくつかの課題も見えました。

現 金沢刑務所
現 金沢刑務所

旧 金沢監獄
旧 金沢監獄
(写真提供:金沢刑務所)

内畠局次長が富山県内・石川県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年11月10日)

令和4年11月10日(木曜日)、内畠局次長が氷見市の論田・熊無地域を訪問し、大学と連携したワークショップの実施による地域の活性化や地域づくり活動等について意見交換を行いました。また、羽咋市の神子原農産物直売所(神子の里)を訪問し、農産物直売所を軸とした地域の所得向上と雇用の創出、交流人口の獲得、移動販売を通じた高齢者の見守り等の取組について意見交換を行いました。

氷見市論田公民館にて意見交換氷見市論田公民館にて意見交換を行う内畠局次長(奥左から1人目)
神子の里での意見交換神子の里での意見交換の様子
神子原の棚田
神子原の棚田の風景

内畠局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年11月9日)

令和4年11月9日(水曜日)、内畠局次長は石川県河北潟地区の農事組合法人one(わん)を訪問し、農福連携を推進する人材の育成や委託作業を体系化する取組、消費者・利用者の需要に応じた生産・販売体制の構築などについて意見交換を行いました。
また、実施中の国営総合農地防災事業「河北潟周辺地区」における土地改良施設の改修工事現場を視察し、地域の湛水被害を軽減する事業の進捗状況を確認しました。

農事組合法人oneのビニールハウス前で意見交換農事組合法人oneのビニールハウス前で意見交換を行う様子(左から1人目:内畠局次長)

イチジク栽培技術と農福連携の説明を受けるビニールハウスでのイチジク栽培技術と農福連携の説明を受ける様子

河北潟放水路防潮水門の施工状況について説明を受ける河北潟放水路防潮水門の施工状況について説明を受ける様子

建設中の内灘排水機場で説明を受ける建設中の内灘排水機場で説明を受ける様子

令和4年度北陸農政局豊かなむらづくり表彰式を開催しました。(令和4年11月8日)

令和4年11月8日(火曜日)、金沢広坂合同庁舎において令和4年度北陸農政局豊かなむらづくり表彰式を開催しました。地域ぐるみの連帯感の醸成及びコミュニティ機能の強化を図り、農林漁業及び農山漁村の健全な発展に資する優良な取組を行っている4団体に対し、川合局長から表彰状の授与を行いました。

式辞を述べる川合局長式辞を述べる川合局長
賞状授与賞状授与の様子
受賞団体と局幹部
受賞団体と局幹部の合同写真

内畠局次長が新潟県内において意見交換を行いました。(令和4年11月1日)

令和4年11月1日(火曜日)、内畠局次長が上越市の田中産業株式会社を訪問し、法人経営体の今後の農業の持続的発展や農地の維持・確保における位置づけ、兼営する建設業・運送業のノウハウを生かしたスマート農業の実装などについて意見交換を行いました。
また、妙高市の川上集落を訪問し、世界かんがい施設遺産の上江用水路に関する歴史的資料の収集・調査及びそれらを活用した広報・伝承の取組等について意見交換を行いました。

田中産業株式会社で意見交換を行う内畠局次長田中産業株式会社で意見交換を行う内畠局次長(左から2人目)

ライスファクトリーで説明を受ける様子ライスファクトリーで説明を受ける様子

水土里養水史料館で意見交換を行う様子水土里養水史料館で意見交換を行う様子(右から2人目)

上江用水路で説明を受ける様子上江用水路で説明を受ける様子

川合局長が「TOYAMA食の王国秋フェスタ2022」開幕式及び「富山県農林漁業功労者表彰式」に出席しました。(令和4年10月29日)

令和4年10月29日(土曜日)、富山市の富山産業展示館(テクノホール)で開催された「TOYAMA食の王国秋フェスタ2022」開幕式に川合局長が出席し、テープカットを行いました。その後、「富山県農林漁業功労者表彰式」に出席し、農林漁業功労者への祝辞を述べました。

テープカットをする川合局長開会式でテープカットをする川合局長(左から3人目)
表彰式表彰式の様子
農政局の出展ブース(移動消費者の部屋)
農政局の出展ブース(移動消費者の部屋)

川合局長が「第73回日本学校農業クラブ全国大会 令和4年度北陸大会」式典に出席しました。(令和4年10月27日)

令和4年10月27日(木曜日)、金沢市の石川県立音楽堂で開催された「第73回日本学校農業クラブ全国大会 令和4年度北陸大会」式典に川合局長が出席し、祝辞を述べました。農業を学ぶ高校生が取り組んだ活動成果発表の様子を映像で見た後、最優秀者に農林水産大臣賞を授与しました。

川合局長(中央演壇)
祝辞を述べる川合局長(中央演壇)
(写真提供:水野浩志氏)

農林水産大臣賞を授与する川合局長
農林水産大臣賞を授与する川合局長
(写真提供:日本学校農業クラブ連盟)

川合局長が石川県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年10月24日)

令和4年10月24日(月曜日)、川合局長が金沢市才田町にある石川県農林総合研究センター農業試験場を訪問しました。同試験場はJA松任、JA能美及び(株)オプティム等とともに「データシェアリング等による新たな農業支援サービス実証コンソーシアム」を組織し、「センシング画像を広域収集・データシェアリングする新サービス」等の実証に取り組んでいます。
試験場内ほ場での実演見学後、実証の取組について説明を受けるとともに意見交換を行いました。

ドローンセンシングについて説明を受ける川合局長試験場の担当職員から、ドローンセンシングについて説明を受ける川合局長(右から3人目)
散布用ドローンの説明を受ける様子散布用ドローンの実物を前に、仕組み等について説明を受ける様子
所感を述べる川合局長
意見交換終了後、所感を述べる川合局長

川合局長が「第24回全国農業担い手サミットinふくい」に出席しました。(令和4年10月20日)

令和4年10月20日(木曜日)、野中副大臣の出席に合わせ、川合局長がサンドーム福井(福井県越前市)で開催された「第24回全国農業担い手サミットinふくい」に参加しました。
本サミットでは、全国から意欲ある農業の担い手が一堂に会し、農業経営の現状や課題についての認識を深め、相互研鑽、交流が行われました。

大会会場大会会場
野中副大臣と展示パネルを視察野中副大臣とともに、展示パネルを視察
展示ブースを視察
展示ブースを視察

川合局長が「第43回石川の農林漁業まつり」開幕式に出席しました。(令和4年10月15日)

令和4年10月15日(土曜日)、金沢市で開催された「第43回石川の農林漁業まつり」開幕式に川合局長が出席し、挨拶及びテープカットを行いました。その後、会場内の各展示ブースを視察しました。
「第43回石川の農林漁業まつり」では、食と農のつながりの深化に着目した国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」と連携し、ステージイベント等で情報発信を行いました。

挨拶をする川合局長挨拶をする川合局長
テープカットテープカットの様子
ニッポンフードシフトのブースの視察
ニッポンフードシフトのブースの視察

河合局次長が新潟県内において記者懇談会を行いました。(令和4年10月14日)

令和4年10月14日(金曜日)、記者懇談会を開催しました。新潟県拠点において、河合局次長が令和4年産水稲の作付面積及び予想収穫量等について説明を行いました。

河合局次長
説明を行う河合局次長

記者懇談会
記者懇談会の様子

河合局次長が新潟県内において意見交換及び現地視察を行いました。(令和4年10月6~7日)

令和4年10月6日(木曜日)から7日(金曜日)、河合局次長が新潟県柏崎市の(株)大日、長岡市のナカムラ農産(株)、新潟市南区のきゅうり生産者及び新潟市西蒲区の(有)そら野ファームを訪問しました。経営方針やスマート農業の取組などの説明を受け、有機肥料の活用や高収益作物の生産について意見交換を行いました。

(株)大日で意見交換を行う河合局次長
(株)大日で意見交換を行う河合局次長(左から2人目)

鉄骨ハウスできゅうり生産の説明
鉄骨ハウスでのきゅうり生産について説明を受ける様子

内畠局次長が富山県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年9月29日)

令和4年9月29日(木曜日)、内畠局次長が立山町の富山地区広域圏エコロセンターを訪問し、有害鳥獣焼却施設の稼働状況を視察するとともに、今後の事業運営等について意見交換を行いました。
また、氷見市のSAYS FARMを訪問し、荒廃農地を再生しブドウ栽培を開始した経緯、ワイン醸造の取組及び日本農業遺産の認定を受けている定置網漁業と関連付けた地域振興策を含む今後の展開方向等について意見交換を行いました。

富山地区広域圏エコロセンターで意見交換を行う内畠局次長
富山地区広域圏エコロセンターで意見交換を行う内畠局次長(右:内畠局次長)

SAYS FARMで意見交換
SAYS FARMで意見交換を行う様子

内畠局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年9月27日)

令和4年9月27日(火曜日)、内畠局次長が加賀市山中温泉大土町を訪問し、自然豊かな里山や伝統的な赤瓦の家屋などを視察し、唯一の住民二枚田昇氏から一人で始めた集落を守る活動、国内外の学生や社会人ボランティアの受け入れ、若者への学びと成長の場の提供などについて説明を受け、地域振興について意見交換を行いました。

加賀市山中温泉大土町集落
加賀市山中温泉大土町集落

現地視察の様子
現地視察の様子(右側:内畠局次長)

河合局次長が石川県内で開催された「石川県からニッポンフードシフト」のキックオフイベントに出席しました。(令和4年9月22日)

令和4年9月22日(木曜日)、北國新聞社において石川県 西垣副知事、各メディアのアナウンサー、ほくりくアイドル部及び農林水産省が参集し、「石川県からニッポンフードシフト」のキックオフイベントが行われました。
本イベントは、食と農のつながりの深化に着目した国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」の取組の一環です。
令和4年10月1日(土曜日)から10月31日(月曜日)までの間、石川県内の地域メディア各社と連携し、合同キャンペーンCMの放映、各社独自テーマの番組・記事の発信等の取組を行います。また、令和4年10月15日(土曜日)~16日(日曜日)の「第43回石川の農林漁業まつり」において、ニッポンフードシフトと連携したステージイベント等で情報発信を予定しています。

河合局次長
挨拶をする河合局次長

キックオフイベント
キックオフイベントの様子

河合局次長が福井県内において意見交換及び現地視察を行いました。(令和4年9月21日)

令和4年9月21日(水曜日)、河合局次長が福井県あわら市の(株)グリーンファーム角屋に訪問しました。集落営農を将来的に維持していくために外部からの新たな担い手を受入れた経緯や、事業を継承するための取組について説明を受け、意見交換を行いました。その後、国営総合農地開発事業により整備された「坂井北部地区」で加工業務用野菜栽培の取組について現地で説明を受けました。

(株)グリーンファーム角屋との意見交換(株)グリーンファーム角屋との意見交換(右から1人目:河合局次長)
水田で新たに取組む「れんこん」水田で新たに取組む「れんこん」
坂井北部地区の加工業務用野菜(キャベツ)
坂井北部地区の加工業務用野菜(キャベツ)

農福連携の効果実証プロジェクト成果発表会ポストイベント「想いを語り尽くす座談会(第1弾)」(オンライン)を行いました。(令和4年9月20日)

令和4年9月20日(火曜日)、農福連携の効果実証プロジェクト成果発表会(令和4年7月15日開催)のポストイベントとして、同発表会の一部のパネラーの方にも再度御参加いただき、約20名の方の参加の下、今回の実証事業の成果を踏まえ、次なるノウフク発展に向けた課題の抽出とその取組方向を探るための第1弾のフリートークを行いました。

株式会社笠間農園取締役、内畠局次長
株式会社笠間農園取締役(写真中央)・内畠局次長(写真左)

京丸園株式会社代表取締役(写真中央テレビモニター)
京丸園株式会社代表取締役(写真中央テレビモニター)

【農福連携の効果実証プロジェクト成果発表会の概要(令和4年7月15日開催)】
【ポストイベント第1弾「想いを語り尽くす座談会」の案内チラシ】

河合局次長が石川県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年9月16日)

令和4年9月16日(金曜日)、河合局次長が川合農林水産技術会議事務局長とともに白山市徳光町にある(株)アグリとくみつ(大岸社長)の大豆作付ほ場を訪れました。同社は、石川県農林総合研究センターやJA松任、(株)オプティム等とともに「データシェアリング等による新たな農業支援サービス実証コンソーシアム」を組織し、「センシング画像を広域収集・データシェアリングする新サービス」等に取り組んでいます。 実演見学後、石川県農林総合研究センター農業試験場(金沢市才田町)において、意見交換を行いました。

川合事務局長(右から1人目)とともに、ドローンセンシングについて説明を受ける河合局次長(右から3人目)川合事務局長(右から1人目)とともに、ドローンセンシングについて説明を受ける河合局次長(右から3人目)
センシングに使用するマルチコプター型ドローンセンシングに使用するマルチコプター型ドローン
石川県農業試験場で、コンソーシアムメンバー(石川県等)と意見交換を行う様子
石川県農業試験場で、コンソーシアムメンバー(石川県等)と意見交換を行う様子

内畠局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年9月16日)

令和4年9月16日(金曜日)、内畠局次長が能登町のひらみゆき農園を訪問し、ブルーベリーの加工品開発、ブルーベリー染め、キッチンカーを併設した観光農園などの取組について、平美由記氏から説明を受けるとともに、提携先の拡大等の今後の事業展開について意見交換を行いました。

ブルーベリー
ブルーベリー

キッチンカーでの販売の様子
キッチンカーでの販売の様子(平さん達が着ているのはブルーベリー染めのエプロン)

内畠局次長が福井県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年9月14~15日)

令和4年9月14日(水曜日)から15日(木曜日)、内畠局次長が敦賀市の東浦みかん特産化組合及び坂井市のちくちくぼんぼんを訪問し、東浦みかん特産化組合では北陸では珍しいみかん生産の今後の展開方向などについて、ちくちくぼんぼんでは地区の全戸が参加して行うむらづくりの取組について現地視察と意見交換を行いました。また、坂井北部土地改良区を訪問し、農業者負担の軽減に資する土地改良事業の推進と事業を通じた地域の営農再編等ついて意見交換を行いました。

東浦みかん特産化組合で意見交換を行う内畠局次長東浦みかん特産化組合で意見交換を行う内畠局次長(右から1人目)
「ちくちくぼんぼん」での意見交換「ちくちくぼんぼん」での意見交換の様子
坂井北部土地改良区での意見交換
坂井北部土地改良区での意見交換の様子

河合局次長が石川県内で水稲収穫量調査の実演を公開しました。(令和4年9月5日)

令和4年9月5日(月曜日)、河合局次長が石川県志賀町の調査ほ場で水稲刈取りを、金沢市野町庁舎で脱穀作業を報道関係者向けに実演・公開し、その様子を報道していただきました。
これにより、生産者だけではなく、多くの消費者にもお米の出来具合に関心を持って見守っていただき、少しでも消費拡大に繋がることを願っています。

坪刈りを実演する河合局次長
坪刈りを実演する河合局次長(右:河合局次長)

電動脱穀機を使って脱粒する河合局次長
電動脱穀機を使って脱粒する河合局次長(右:河合局次長)

いしかわビブリオマルシェを訪問しました。(令和4年8月27日)

令和4年8月27日(土曜日)、7月に開館した新しい石川県立図書館(百万石ビブリオバウム)で開催されたいしかわビブリオマルシェ(主催:石川県ほか)を内畠局次長が訪問し、金沢農業女子グループ「金沢農女(ノマジョ・カナザワ)」小林会長ほかと意見交換しました。小林会長には本省からの農村派遣研修生を受け入れていただいており、同マルシェには研修の一環として当該研修生も参加し、次長より激励を受けました。

マルシェの様子
マルシェの様子(「金沢農女」ののぼり(左))

販売員として奮闘中の研修生
販売員として奮闘中の研修生(右)

河合局次長が富山県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年8月26日)

令和4年8月26日(金曜日)、河合局次長が南砺市の有機農業者みのふぁーむを訪問し、有機大豆の栽培実証等の説明を受けるとともに、今後の事業展開について意見交換を行いました。

みのふぁーむで意見交換
みのふぁーむで意見交換を行う河合局次長(奥左から2人目)

有機大豆のほ場視察
有機大豆のほ場視察の様子

内畠局次長が新潟県内において意見交換を行いました。(令和4年8月25~26日)

令和4年8月25日(木曜日)から26日(金曜日)、内畠局次長が新発田市・胎内市の株式会社ナカショクを訪問し、食品リサイクルによる飼料を活用した畜産経営について、また、新潟市の新潟県農業大学校では、教員や学生たちと今後の稲作経営の展望などについて意見交換を行いました。

株式会社ナカショクで意見交換
株式会社ナカショクで意見交換を行う内畠局次長(右から3人目)

新潟県農業大学校で意見交換
新潟県農業大学校で意見交換を行う内畠局次長(中央)

内畠局次長が新潟県内において意見交換を行いました。(令和4年7月26日~27日)

令和4年7月26日(火曜日)から27日(水曜日)、内畠局次長が長岡市の公益社団法人中越防災安全推進機構(にいがたイナカレッジ)と新潟市のNPO法人まちづくり学校を訪問し、地域実践型インターンやワークショップの実施等を通した地域づくりに向けた取組について意見交換を行いました。また、小千谷市の高の井酒造株式会社とクラウドファンディングを活用した棚田保全について、新潟市の新潟県土地改良事業団体連合会と土地改良区の女性理事登用推進などについて意見交換を行いました。

公益社団法人中越防災安全推進機構(にいがたイナカレッジ)にて意見交換公益社団法人中越防災安全推進機構(にいがたイナカレッジ)にて意見交換を行う内畠局次長(右から2人目)
NPO法人まちづくり学校と意見交換NPO法人まちづくり学校との意見交換
新潟県土地改良事業団体連合会と意見交換
新潟県土地改良事業団体連合会との意見交換の様子

農福連携の効果実証プロジェクト成果発表会を開催しました。(令和4年7月15日)

令和4年7月15日(金曜日)、金沢市の新神田合同庁舎大会議室において「農福連携の効果実証プロジェクト成果発表会」として、基調講演、実証調査結果に係る考察の発表及びこれらを踏まえての「ノウフク」の今後の展開についてのパネルディスカッションを行いました。

成果発表会冒頭で挨拶をする内畠局次長成果発表会冒頭で挨拶をする内畠局次長

基調講演「ユニバーサル農園について」講話する中本英里氏(農研機構)と会場の様子基調講演「ユニバーサル農園について」講話する中本英里氏(農研機構)と会場の様子

実証調査についての考察を医学的見地から発表する田邉望氏(金沢医科大学)実証調査についての考察を医学的見地から発表する田邉望氏(金沢医科大学)

パネルディスカッションの様子パネルディスカッションの様子(写真左から中本英里氏、田邉望氏、[スクリーン]鈴木厚志氏、笠間令子氏、齋藤峰雄氏、[コーディネーター]石橋正之)
 ※パネリストのプロフィールについては、
こちら(成果発表会チラシ)

生産資材・原材料高騰下における農林水産政策に関する地方説明会(北陸ブロック)を開催しました。(令和4年7月13日)

令和4年7月13日(水曜日)、燃油、穀物、肥料原料等の価格高騰が続く中、幅広い関係者に関連対策の周知を図るとともに、我が国の食料安全保障について意見交換を行うため、説明会を開催しました。

挨拶をする川合局長
挨拶をする川合局長

説明会の様子
説明会の様子

川合農政局長着任記者会見を新潟県で開催しました。(令和4年7月8日)

令和4年7月8日(金曜日)、新潟県庁記者発表室において、川合局長の着任記者会見を行いました。

川合局長の記者会見1
川合局長による記者会見

川合局長の記者会見2

河合局次長が富山県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年7月6日)

令和4年7月6日(水曜日)、河合局次長が富山市婦中町の株式会社富山環境整備を訪問し、事業概要、施設の説明を受けるとともに、今後の事業展開について意見交換を行いました。また、射水市の株式会社アルビスを訪問し、富山県産の地場野菜の仕入れ状況等、実需者が求めている野菜等について意見交換を行いました。

(株)富山環境整備で事業概要の説明を受ける河合局次長(株)富山環境整備で事業概要の説明を受ける河合局次長
トマト施設での説明の様子トマト施設での説明の様子
(株)アルビスでの意見交換
(株)アルビスでの意見交換

川合農政局長着任記者会見を石川県で開催しました。(令和4年7月5日)

令和4年7月5日(火曜日)、石川県政記念しいのき迎賓館において、川合局長の着任記者会見を行いました。

川合局長による記者会見
川合局長による記者会見

川合局長による記者会見

河合局次長が石川県内において現地調査を行いました。(令和4年7月4日)

令和4年7月4日(月曜日)、河合局次長が河北潟にある金沢農業(井村代表)の有機大豆作付ほ場を訪れ、除草ロボットによる作業状況(※1)を現地調査しました。 除草ロボットROBOVATOR(Frank Poulsen社、デンマーク製)は、かぎ爪による除草機構を有し、4条同時に除草ができます。ロボットに搭載したカメラで撮影した大豆画像のAI学習により、大豆を識別するプログラムを開発し(※2)、かぎ爪の開閉(大豆:開いて回避、雑草:閉じてかき取る)により、大豆を回避しながら株間の雑草をかき取ることが可能となります。

【除草ロボットに関する技術の詳細等については、「石川県農林水産研究成果集報第24号(2022)」より引用。】

(※1):金沢農業及び石川県による共同実証の取組。
(※2):撮影・提供した大豆画像をもとに、Frank Poulsen社がAI学習による大豆専用プログラムを開発。

挨拶を行う石川作業開始前に井村代表から説明を受ける河合局次長作業開始前に井村代表(写真中央)より、説明を受ける河合局次長(写真左)
除草ロボットROBOVATORによる除草作業の様子除草ロボットROBOVATORによる除草作業の様子
大豆を回避している様子
ロボットのかぎ爪が開いて、大豆を回避している様子

河合局次長が富山県内において意見交換及び表彰式に出席しました。(令和4年7月1日)

令和4年7月1日(金曜日)、河合局次長が富山県豆富商工組合(富山県富山市)を訪れ、大豆の需要拡大について、同組合の奥田事務局長、中平主事と意見交換を行いました。また、「第50回(令和3年度)全国豆類経営改善共励会北陸ブロック」の表彰式(JAみな穂本店で開催)にて、北陸農政局長賞受賞の中川誠氏に表彰状の授与を行い、その後大豆の生産等について、関係者と意見交換を行いました。

富山県豆富商工組合で意見交換富山県豆富商工組合で意見交換を行う奥田事務局長、中平主事(写真手前)と河合局次長(写真中央)
全国豆類経営改善共励会北陸ブロックの表彰式の様子1河合局次長(左)、受賞した中川氏(右)
全国豆類経営改善共励会北陸ブロックの表彰式の様子2
(左から)富山県拠点 佐藤地方参事官、河合局次長、受賞した中川氏、JAみな穂 細田組合長、新川農林振興センター 中井次長

河合局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年6月23日)

令和4年6月23日(木曜日)、河合局次長が石川県珠洲市を訪問し、ベジュール合同会社 CEO 足袋抜氏と、有機農業や環境保全型農業の現状と課題、今後の展望等について意見交換を行いました。

ベジュール(同)CEO足袋抜氏(写真手前右)と河合局次長
ベジュール(同)CEO足袋抜氏(写真手前右)と
意見交換を行う河合局次長

珠洲市の概況について説明を受ける河合局次長
珠洲市の概況について説明を受ける河合局次長
(写真左)

石川局長が「とやま輸出コミュニティ発足式」に出席しました。(令和4年6月22日)

令和4年6月22日(水曜日)、石川局長が富山県民会館で開催された「とやま輸出コミュニティ発足式(富山県主催)」に出席し、来賓挨拶及び「農林水産物・食品の輸出促進に向けた取り組みについて」と題して基調講演を行いました。

挨拶を行う石川局長挨拶を行う石川局長
講演の様子講演の様子
会場の様子

第6回食育活動表彰農林水産大臣賞受賞者がご来訪されました。(令和4年6月14日)

令和4年6月14日(火曜日)、第6回食育活動表彰 教育関係者・事業者部門【教育等関係者の部】において農林水産大臣賞を受賞したNPOエコラボの中村理事長と東理事がご来訪され、石川局長と受賞活動等に関する意見交換を行いました。

NPOエコラボの中村理事長、東理事との意見交換1NPOエコラボの中村理事長、東理事との意見交換(左から中村理事長、東理事)
NPOエコラボの中村理事長、東理事との意見交換2NPOエコラボの中村理事長、東理事との意見交換(右から1人目:石川局長)
前列左から中村理事長、石川局長、東理事
前列左から中村理事長、石川局長、東理事

内畠局次長が富山県内において農業者等と意見交換を行いました。(令和4年6月7日)

令和4年6月7日(火曜日)、内畠局次長が射水市の新湊漁業協同組合を訪問し、食育活動及び女性の活躍推進等について意見交換を行いました。また、魚津市の小菅沼・ヤギの杜では中山間地域振興等について、入善町の株式会社Stay goldてらだファームでは女性の活躍推進等について、意見交換を行いました。

新湊漁業協同組合 尾山代表理事組合長との意見交換新湊漁業協同組合 尾山代表理事組合長との意見交換
小菅沼・ヤギの杜 金森代表及び柴沢氏との意見交換小菅沼・ヤギの杜 金森代表及び柴沢氏との意見交換
株式会社Stay goldてらだファーム 寺田代表取締役との意見交換
株式会社Stay goldてらだファーム 寺田代表取締役との意見交換

石川局長及び河合局次長が富山県内において意見交換を行いました(令和4年5月27日)

令和4年5月27日(金曜日)、石川局長と河合局次長が富山県入善町を訪問し、入善町で先進的に水稲と高収益作物による複合経営や輸出用米の取組を行っている農業者の方々と意見交換を行いました。特に、輸出用米への取組、水田における高収益作物への転換、JGAP制度への取組等について現場の実情を聞きながら、課題解決に向けた方策を討論しました。

入善町農業者と意見交換を交わす石川局長(写真右)入善町農業者と意見交換を交わす石川局長
(写真右)
入善町農業者と意見交換を交わす河合局次長(写真左)入善町農業者と意見交換を交わす河合局次長(写真左)
意見交換会の様子
意見交換会の様子

内畠局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年5月26日)

令和4年5月26日(木曜日)内畠局次長が本省統計部橋本生産流通消費統計課長と共に、能美市の(有)岡元農場を訪問し、GI(地理的表示)登録産品の「加賀丸いも」の産地全体としての長期的生産・販売戦略や特別栽培米によるみりんの商品開発、次代の農業者の育成等について意見交換を行いました。

(有)岡元農場との意見交換1
(有)岡元農場との意見交換
(右:本省統計部橋本生産流通消費統計課長、
右から3人目:内畠局次長)

(有)岡元農場との意見交換2

河合局次長が福井県内において現地視察及び意見交換を行いました。(令和4年5月25日)

令和4年5月25日(水曜日)、河合局次長が坂井市丸岡町の九頭竜川鳴鹿土地改良区に訪問し事業概要、施設の説明を受けました。また、本省統計部橋本生産流通消費統計課長と共に、水稲に関する意見交換としてあわら市の長谷川農園(株)を訪問し、就農の経緯や今後の方向性、水稲調査の現場感覚及び農政に関する意見交換を行いました。

九頭竜川鳴鹿土地改良区訪問の様子1九頭竜川鳴鹿土地改良区訪問の様子

九頭竜川鳴鹿土地改良区訪問の様子2

長谷川農園(株)との意見交換1長谷川農園(株)との意見交換
(左:本省統計部橋本生産流通消費統計課長、
左から2人目:河合局次長)

長谷川農園(株)との意見交換2

内畠局次長が新潟県内において意見交換を行いました。(令和4年5月24~25日)

令和4年5月24日(火曜日)から25日(水曜日)、内畠局次長が小千谷市の有限会社農園ビギン、新潟市秋葉区の新津郷土地改良区及び株式会社白銀カルチャーを訪問し、園芸作物の導入等による地域農業の再編、スマート農業などについて意見交換を行いました。

有限会社農園ビギンで意見交換有限会社農園ビギンで意見交換を行う内畠局次長(右から2人目)
新津郷土地改良区で意見交換新津郷土地改良区で意見交換を行う内畠局次長(右から2人目)
株式会社白銀カルチャーで意見交換
株式会社白銀カルチャーで意見交換を行う内畠局次長(右から3人目)

内畠局次長が新潟県内において意見交換を行いました。(令和4年5月16日~17日)

令和4年5月16日(月曜日)から17日(火曜日)、内畠局次長が「つなぐ棚田遺産」に認定された「田毎の月」の存する十日町市の三ツ山集落を訪問し、中山間地域の活性化方策について意見交換を行いました。
「田毎の月」とは、棚田1枚1枚に満月が映し出される様子のこと。

三ツ山集落の「田毎の月」
三ツ山集落の「田毎の月」

三ツ山集落で意見交換を行う内畠局次長(左側手前から2人目)
三ツ山集落で意見交換を行う内畠局次長(左側手前から2人目)

管内農林水産部・農地部長会議(Web併用)を開催しました。(令和4年5月13日)

令和4年5月13日(金曜日)、令和4年度第1回管内農林水産部・農地部長会議を開催しました。
石川局長のほか農政局幹部と管内4県農林水産部長及び農地部長等が出席し、高収益作物拡大に向けた取組等について、意見交換を行いました。

会場とWebを併用して会議を開催会場とWebを併用して会議を開催
会場とWebを併用して会議を開催
新潟県産小麦を使用した食パンの試食
新潟県産小麦を使用した食パンの試食

河合局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年5月10日)

令和4年5月10日(火曜日)、河合局次長が金沢市の株式会社金沢大地を訪れ、同社代表の井村氏と、有機農業の課題や、みどりの食料システム戦略への期待等について意見交換を行いました。

(株)金沢大地代表の井村氏(写真手前左から2人目)と意見交換を行う河合局次長
(株)金沢大地代表の井村氏(写真手前左から2人目)と意見交換を行う河合局次長

不耕起栽培による六条大麦作付ほ場訪問の様子(河北潟にて)
不耕起栽培による六条大麦作付ほ場訪問の様子(河北潟にて)

内畠局次長が福井県内において意見交換を行いました。(令和4年4月19日~20日)

令和4年4月19日(火曜日)、内畠局次長が小浜市で“棚田キャンドル”などの活動を続ける『たがらす我袖俱楽部』とつなぐ棚田遺産に認定された「かんにゃの棚田」を訪れ、中山間地域の振興について意見交換を行いました。また、 翌20日(水曜日)には福井市の『三里浜オリーブ生産組合』を訪問し、オリーブの生産を通じた園芸の振興について意見交換を行いました。

たがらす我袖俱楽部との意見交換たがらす我袖俱楽部との意見交換
(右から2人目:内畠局次長)

つなぐ棚田遺産認定「かんにゃの棚田」訪問の様子つなぐ棚田遺産認定「かんにゃの棚田」訪問の様子

三里浜オリーブ生産組合との意見交換三里浜オリーブ生産組合との意見交換

オリーブ畑現地訪問の様子オリーブ畑現地訪問の様子

内畠局次長が株式会社笠間農園(内灘町)において、京丸園株式会社(静岡県浜松市)代表と意見交換を行いました。(令和4年3月26日)

令和4年3月26日(土曜日)、内畠局次長が内灘町の株式会社笠間農園を訪問するとともに、京丸園株式会社(静岡県浜松市)代表らと農福連携の取組等について意見交換を行いました。

京丸園株式会社代表夫妻と意見交換株式会社笠間農園の加工施設で、京丸園株式会社代表夫妻と意見交換を行う内畠局次長(写真右)
笠間農園取締役(写真左)と意見交換株式会社笠間農園取締役(写真左)と意見交換する内畠局次長(写真右)
笠間農園スタッフら
京丸園株式会社代表夫妻による農福連携に関する講話を聴く、笠間農園スタッフら

吉岡局次長が「最近の農業情勢~長期的な視点から~」をテーマとして講演を行いました。(令和4年3月1日)

吉岡局次長は、令和4年3月1日(火曜日)いしかわ農業振興協議会研究発表大会において、「最近の農業情勢~長期的な視点から~」と題して講義を行いました。

いしかわ農業振興協議会研究発表大会での講演の様子
いしかわ農業振興協議会研究発表大会での講演の様子

内畠局次長が石川県内において意見交換を行いました。(令和4年1月13日)

令和4年1月13日(木曜日)に、内畠局次長が加賀市の有限会社丸山ぶどう園を訪問し、果樹農業や土地改良区の女性理事登用推進などについて意見交換を行いました。

有限会社丸山ぶどう園で意見交換を行う内畠局次長(中央)
有限会社丸山ぶどう園で意見交換を行う内畠局次長
(中央)

初競りで最高評価を獲得したルビーロマンを結果させた木
初競りで最高評価を獲得したルビーロマンを結果させた木

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader