このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

フォト・ギャラリー  局長・局次長の動き

更新日:令和3年4月8日

岩濱局長がJA小松市新規就農支援センター(アグリスクール小松)開校式・入校式に出席しました。(令和3年4月2日)

令和3年4月2日(金曜日)、岩濱局長が小松市農業協同組合において開催された「JA小松市新規就農支援センター(アグリスクール小松)開校式・入校式」に出席し、祝辞を述べました。

岩濱局長祝辞を述べる岩濱局長


内畠局次長が富山県内において意見交換を行いました。(令和3年3月23日)

令和3年3月23日(火曜日)、内畠局次長が入善町のNPO法人工房あおの丘及び高岡市のclover farmを訪問し、農福連携の取組や酪農経営の今後の展望などについて意見交換を行いました。

NPO法人工房あおの丘NPO法人工房あおの丘で意見交換を行う内畠局次長(左から3人目)

clover farm
clover farmで意見交換を行う内畠局次長(左から2人目)

内畠局次長が、「農福連携」、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」全国選定団体を訪問し、意見交換を行いました。(令和3年3月11日~12日)

令和3年3月11日(木曜日)から3月12日(金曜日)、内畠局次長が農福連携に取り組むNPO法人UNE(うね)(新潟県長岡市)及び「ディスカバー農山漁村の宝」に選定された(株式会社)岩の原葡萄園(新潟県上越市)を訪問し、意見交換を行いました。

NPO法人UNENPO法人UNEの家老代表(左側)から農福連携の取組について説明を受ける内畠局次長(右から2人目)

(株)岩の原葡萄園
(株式会社)岩の原葡萄園の上村製造部長(左側)からワイン製造の工程等について説明を受ける内畠局次長(右側)

内畠局次長が、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」北陸農政局選定地区を訪問し、意見交換を行いました。(令和3年2月17日)

令和3年2月17日(水曜日)、内畠局次長が、「ディスカバー農山漁村の宝」北陸農政局選定団体に選定された能登ワイン株式会社(石川県穴水町)、チーム能登喰いしん坊(穴水町)及び能登島地域づくり協議会(七尾市)を訪問し、意見交換を行いました。

能登ワイン

能登ワイン株式会社代表取締役の村山氏(中央)から醸造施設の説明を受ける内畠局次長(左側)


チーム能登喰いしん坊

チーム能登喰いしん坊 代表 森本氏(左側手前)から活動状況の説明を受ける内畠局次長(右から2人目)


能登島地域づくり協議会

能登島地域づくり協議会 事務局の福嶋氏(右から2人目)から取組状況の説明を受ける内畠局次長(右側)


岩濱局長が令和2年度北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」選定地区を訪問し、意見交換を行いました。(令和3年1月20日~21日)

令和3年1月20日(水曜日)から1月21日(木曜日)、岩濱局長が南砺市において、令和2年度北陸農政局「ディスカバー農山漁村の宝」に選定された中西邦康氏(個人部門)及び一般社団法人moribio森の暮らし研究所(コミュニティ部門)を訪問し意見交換を行いました。

中西邦康氏(右側)から地域活性化の取組について説明を受ける岩濱局長(左側)中西邦康氏(右側)から地域活性化の取組について説明を受ける岩濱局長(左側)

一般社団法人moribio森の暮らし研究所の江尻理事(中央)から研究所の取組について説明を受ける岩濱局長(左側)一般社団法人moribio森の暮らし研究所の江尻理事(中央)から研究所の取組について説明を受ける岩濱局長(左側)

岩濱局長が令和2年から3年までの冬期の大雪による被災状況(新潟県・富山県)の調査を行いました。(令和3年1月19日・21日)

令和3年1月19日(火曜日)及び21日(木曜日)、岩濱局長が令和2年12月からの大雪により被害を受けた新潟県と富山県で、被災状況を確認し、被害にあった生産者・農業団体、地元自治体の担当者と意見交換を行いました。

被害状況の説明を受ける岩濱局長(左から2人目))被害状況の説明を受ける岩濱局長(左から2人目)
被害状況を確認する岩濱局長(右から2年目)被害状況を確認する岩濱局長(右から2人目)
倒壊したハウス倒壊したハウス
倒壊したハウス内で栽培されていたアスパラ菜倒壊したハウス内で栽培されていたアスパラ菜
積雪で支柱が曲がった育苗ハウス積雪で支柱が曲がった育苗ハウス
施設の被害状況の説明を受ける岩濱局長(左)施設の被害状況の説明を受ける岩濱局長(左)

小林局次長が令和2年から3年までの冬期の大雪による被災状況(福井県・石川県)の調査を行いました。(令和3年1月19日・20日)

令和3年1月19日(火曜日)及び20日(水曜日)、小林局次長が令和2年12月からの大雪により被害を受けた福井県と石川県で、被災状況を確認し、被害にあった生産者・農業団体、地元自治体の担当者と意見交換を行いました。

被害状況の説明を受ける小林局次長(左)被害状況の説明を受ける小林局次長(左)
ビニールを剥がしていたが損壊したハウスビニールを剥がしていたが損壊したハウス
石山大野市長と意見交換を行う小林局次長(右から2人目)石山大野市長と意見交換を行う小林局次長(右から2人目)
被害状況の説明を受ける小林局次長(右から4人目)被害状況の説明を受ける小林局次長(右から4人目)
12月の積雪で損壊したハウス12月の積雪で損壊したハウス
暴風及び積雪により損壊したハウス暴風及び積雪により損壊したハウス

お問合せ先

企画調整室

ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218