このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

 新潟県地図  新潟県拠点

新潟県拠点情報かわら版

かわら版

『新潟県拠点情報かわら版』を発行しました。(令和2年4月) NEWアイコン

新潟県拠点では、「現場と農政を結ぶ」業務を通じて、地域の皆様にタイムリーに農政に関する情報をお伝えするとともに、農業現場の抱える課題や農政に対する意見をきめ細かに汲み上げ、各種施策につなげていくこととしています。
 
  arrow1 情報かわら版を見る 

フォトギャラリー

田中清氏と齊藤地方参事官

「令和元年度飼料用米多収日本一」における北陸農政局長賞の伝達(令和2年3月26日)NEWアイコン

 令和2年3月26日(木曜日)、齊藤地方参事官は、「令和元年度飼料用米多収日本一」単位収量の部で優れた取組を行った新潟市西蒲区の生産者 田中清氏の自宅を訪問し、北陸農政局長賞の伝達を行いました。
 
  arrow1 フォト・ギャラリーを見る    NEWアイコン

  arrow1『新潟の農と食の風景』を見る 

園芸振興

園芸作物事例集

『新潟県における「園芸作物導入」事例集(Vol.2)』を発行しました。(令和2年3月) NEWアイコン

新潟県拠点では、県内の生産者の御協力を得ながら、水田稲作に加え、野菜(園芸作物)をはじめとする高収益作物を導入する複合経営の事例集を作成しました。
今後の農業経営をお考えいただく際の参考となり、新潟県農業のさらなる発展の一助となれば幸いです。
この度、平成31年3月発行のVol.1に新たな5つの事例について追加しました。

〇 株式会社 阿部農園(新潟市南区)・・・P11
    稲作・果樹の複合経営から、更なる付加価値を図るため他産業とコラボしたぶどう農家
〇 BIG BRIDGE FARM(新潟市西蒲区)・・・P12
    角田山の麓でごま柿栽培と育苗ハウスを活用した春菊の生産に取り組む若手農家
〇 吉竹  和巳(三条市)・・・P13
    家族経営で規模拡大し高品質な果樹を生産販売
〇 竹内  正彦(長岡市)・・・P14
    水田園芸の実践と枝豆の産地化を目指す
〇 (株)Qzaemon(南魚沼市)・・・P15
    法人設立により経営を強化し水稲とサツマイモの複合経営
 
  arrow1  『新潟県における「園芸作物導入」事例集(Vol.2) 』(令和2年3月)(PDF : 2,374KB)

農福連携

農福連携

『新潟県における「農福連携」の取組事例集(Vol.3)』を更新しました NEWアイコン

本事例集は、農業者等による「農福連携」の取組を紹介するものであり、「経緯」「取組」「今後の展望と課題」を分かりやすく整理しました。
本事例集を一助として、農業と福祉の連携「農福連携」の取組がますます広がっていくことを期待します。
この度、平成30年11月発行のVol.2に新たな3つの事例について追加しました。

arrow1「農福連携」を見る 

災害関連情報

参考資料

大雨や台風等により被災された方々へ

令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号、第15号及び第17号の暴風雨を含む。)、台風第19号等により全国各地域の農林水産業に被害がもたらされました。
このため、被災された農林漁業者の方々が営農意欲を失わず一日も早く経営再建できるように、既に決定した支援施策に加え、以下の総合的な対策を講じます。

  arrow1台風19号等による農林水産関係被害への支援対策について 

  • 電話でのお問い合わせ
  • 北陸農政局新潟県拠点地方参事官室  025-228-5216
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • ※お問い合わせは休日、夜間を含め24時間受け付けています。 

地方参事官ホットライン

  • 農林水産省では、全国の県域拠点に、農政を伝え、現場の声を汲み上げ、ともに解決する地方参事官を配置しています。
  • 農業者・消費者・行政関係者の皆様からの、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています。
  • 電話でのお問い合わせは 025-228-5216
  • メールでのお問い合わせはこちら

注目情報

お知らせ

※各リンク先から、管内各県のデータがご覧いただけます。

新潟県の情報

クローズアップ北陸農政局長賞

新潟県拠点の概要

政策情報

県域拠点

 富山県拠点  石川県拠点  福井県拠点 

バナー集

補助金等の逆引き辞典    TPP関連情報  米粉情報  食育イベント情報

お問合せ先

新潟県拠点

〒951-8035 新潟市中央区船場町2-3435-1
ダイヤルイン:025-228-5216
FAX:025-223-2264

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader