このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

新潟県拠点フォト・ギャラリー

更新日:令和3年8月12日

新潟県拠点の取組

ベトナム人留学生等のスマート農業視察をアレンジしました。(令和3年7月5日、8月3日) NEWアイコン

   令和3年7月5日(月曜日)、新潟食料農業大学の依頼により、スマート農業を研究しているベトナム人留学生に対し、スマート農業実証プロジェクトや普及施策等についてレクチャーしました。
   8月3日(火曜日)には、ベトナム人留学生の研究に加えて、新潟食料農業大学教員の教育内容の参考とするために、スマート農業実践者である株式会社白銀カルチャーへの視察と意見交換をアレンジしました。
   株式会社白銀カルチャーでは、「地域を守る」ことをモットーに、米作りにスマート農業を取り入れて効率化し、空いた時間で枝豆などの野菜を作り収益を上げて、地域の方、若者や障がい者の方に雇用の場を作っています。
   ベトナム人留学生からは、「新たな知見が得られて、非常に勉強になった。論文に必要なデータが十分に取れ、修士論文の完成の見通しが立った。」 また、新潟食料農業大学教員からは、「スマート農業は、これからの大学の教育の中で活かしていくべき重要なテーマと考えており、本日現場で学ぶことができ、大変参考になった。」と感謝の言葉をいただきました。

レクチャーしている様子
レクチャーしている様子

意見交換の様子
(株)白銀カルチャーとの意見交換の様子
ドローンの操作説明
ドローンの説明を受けている留学生

経営継承セミナー及び個別相談会に出席しました。(令和3年7月5日)

  令和3年7月5日(月曜日)、「経営継承セミナー及び個別相談会」が公益社団法人新潟県農林公社主催により新潟市内で開催され、県内の農業者等約50人の参加がありました。当日は、仲井総括農政推進官が出席し、「経営継承・発展等支援事業」について説明し情報提供を行いました。

説明を行う仲井総括農政推進官
説明を行う仲井総括農政推進官

農福連携サポーター養成講座2021(特定非営利活動法人UNE主催)で講師を務めました。(令和3年6月20日)

  令和3年6月20日(日曜日)、農林水産省農山漁村振興交付金(農福連携人材育成支援事業)を活用した「農福連携サポーター養成講座2021」(主催者:特定非営利活動法人UNE、開催期間延べ4日間)において、約15名の受講者の方を対象に、佐久間地方参事官が「農福連携に関する北陸農政局新潟県拠点の取組」と題し、講義を行いました。

講義を行う佐久間地方参事官
講義を行う佐久間地方参事官
会場の様子
会場の様子

「新潟県米消費拡大推進協議会 令和3年度総会」に出席しました。(令和3年5月21日)

  令和3年5月21日(金曜日)、新潟市のJA新潟ビルにおいて、「新潟県米消費拡大推進協議会 令和3年度総会」が開催され、構成員である佐久間地方参事官が出席しました。
  冒頭、佐久間地方参事官から挨拶の中で、全国有数の米どころである新潟県における本協議会の活動の意義について、また、農林水産省のSNSを活用したPR活動等について説明しました。その後、令和2年度の事業報告、収支決算、令和3年度の事業計画等について協議が行われ、事務局案のとおり承認されました。

挨拶をする佐久間地方参事官
挨拶をする佐久間地方参事官
総会の様子
総会の様子

 「新潟県農福連携推進連絡会議」を開催しました。(令和3年4月23日)

  令和3年4月23日(金曜日)、「第3回新潟県農福連携推進連絡会議(事務局:新潟県拠点)」を開催しました。連絡会議の構成メンバー11名が出席し、令和3年度の取組について協議したほか、県内で農福連携に取り組んでいる農業生産法人、福祉事業所の取組内容や千葉大学の吉田教授から「水田作における農福連携の可能性と意義」と題したお話を伺った後、出席者で意見交換を行いました。

挨拶をする佐久間地方参事官
挨拶をする佐久間地方参事官
連絡会議の様子
連絡会議の様子

arrow_hokuriku_b.png これまでの取組を見る

北陸農政局及び各県域拠点の「フォトギャラリー」

お問合せ先

新潟県拠点

〒951-8035 新潟市中央区船場町2-3435-1
ダイヤルイン:025-228-5216
FAX:025-223-2264