このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

新潟県拠点フォト・ギャラリー

更新日:令和4年8月15日

新潟県拠点の取組

事業創造大学院大学(新潟市)を訪問しました(令和4年7月25日)NEWアイコン

   7月25日(月曜日)、事業創造大学院大学(学校法人新潟総合学園)を訪問しました。同学では、地域社会と国際社会に貢献できる起業家や企業内人材の育成に取り組んでいます。
   学長から、新潟県の活性化には新しい事業を作り出して人を留めることが必要、との強い信念で大学を運営しているとお話がありました。幅広い企業や世界各国からの多様な学生が学んでいること、多彩な講師陣・カリキュラムが準備されていることに驚きました。
   県拠点から、学生に農業・食産業も事業領域のひとつとして検討して欲しいこと、そのために農業現場の視察など協力したい旨、提案しました。 意見交換の結果、学生や卒業生を対象にお話をする機会を頂けることになりました。農業・食産業に関心を持ってもらうきっかけになればと思います。

意見交換の様子
意見交換の様子
(当方は少々緊張気味)


「地域の活性化には新事業の創出が不可欠」
と熱く語る五月女学長

 

弥彦村枝豆共同選果場を視察しました(令和4年7月14日)

   7月14日(木曜日)、弥彦村の枝豆共同選果場を視察しました。この施設は令和2年度産地生産基盤パワーアップ事業を活用し、今季から本格稼働を開始したものです。
   共同選果場では、当日収穫された枝豆が、洗浄から選別、異物検査、袋詰めまで、一連の設備で処理されていました。複数の選別機と人手を使って形の悪いものや皮に傷がついたものなどを厳しく取り除くとともに、枝豆の温度が上がらないよう施設内の温度にも配慮して迅速に処理するなど鮮度を保つ努力もされています。お客様のことを考えた工夫と努力に驚きました。
   担当の説明では、これまで選果作業がネックとなって枝豆の栽培を拡大できないという課題があったが、今後は、共同選果場を活用し、特産品である枝豆の生産拡大を図るとともに、徹底した選果によって他産地との差別化を図っていきたいとのことでした。

荷受された枝豆の選別
荷受けされた枝豆の選別
(莢雑物を除くには、人の手も重要)

説明を受ける福井地方参事官
説明を受ける福井地方参事官
(真剣な目線)

袋詰め
袋詰め
(この後、箱詰めされ出荷へ)

 

そら野ファームに訪問しました(令和4年7月14日)

   7月14日(木曜日)、新潟県でいち早く6次産業化に取り組んでこられた「そら野ファーム」社を訪問し、意見交換を行いました。
   そら野ファームは、直売所(そら野マルシェ)や農園カフェ(TONERIKO)、観光農園などを手掛け、「そら野テラス」として運営し地域での雇用創出や農業の活性化に貢献しています。
   農地や生産に関する経営上の課題について説明を受ける中、福井地方参事官からスマート農業の導入を提案するなど、課題解決に向けた話し合いが行われました。
   また、新たなチャレンジとして新製品の開発を進めており、販売も間近とのことです。

そら野ファーム会長
そら野ファーム会長
(「直売所が生産者を育てる」と熱く語る会長)

意見交換の様子
意見交換の様子
(「新製品の販売は楽しみですね」と弾む会話)

そら野ファーム社長
そら野ファーム社長
(「もっと来客数を伸ばしたい」と意気込む社長)

 

むらかみ「食のみらい」講演会で講演を行いました(令和4年7月12日)

   7月12日(火曜日)、食により村上市の地域活性化を目指す、むらかみ「食のみらい」創造協議会が主催する講演会にて、「1次産業を活用した地域活性化の取組」をテーマに、福井地方参事官が講演を行いました。
   講演では、以前福井地方参事官が副市長をしていた鹿児島県鹿屋市の楽しい地域活性化の取組(カンパチダンス、豚ばら丼等)をおもしろおかしく紹介するとともに、塩引鮭×村上茶×岩船米でコラボした「鮭茶漬道」の創設、教育関係者とコラボした「鮭の子奨学金」など、村上市の豊かな食文化と1次産業を生かした地域活性化策について提案を行いました。やや受けでした(本人評)。

講演の様子
講演の様子

講演を行う福井地方参事官
講演を行う福井地方参事官

 

新潟県農業改良クラブ連盟の皆さんが来訪されました(令和4年6月10日)

   6月10日(金曜日)、新潟県農業改良クラブ連盟の新役員4名が当拠点に来訪され、意見交換を行いました。
   福井地方参事官から、農林漁業者が中心となって取り組んでいる他県の楽しい地域活性化の事例を紹介し、県内の農業改良クラブでも地域の関係者を巻き込んで楽しく面白く活動してほしい、と連盟の活動にエールを送りました。

4Hクラブの皆さん
意見交換の様子

 

 








(今年は活動内容を発表する「サマーフェスティバル」が開催されるそう。どんな発表があるか楽しみですね。)


arrow_hokuriku_b.png これまでの取組を見る

北陸農政局及び各県域拠点の「フォトギャラリー」

お問合せ先

新潟県拠点

〒951-8035 新潟市中央区船場町2-3435-1
ダイヤルイン:025-228-5216
FAX:025-223-2264