このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

石川県拠点フォト・ギャラリー

更新日:令和4年12月16日

石川県拠点の取組

金沢市のAKIO VEGETABLEファームグループの代表と意見交換を行いました。(令和4年12月2日)NEWアイコン

金沢市に事務所を構え、農業生産管理から食品の販売・加工まで行うAKIO VEGETABLEファーム(AVF)グループの松川代表と県産野菜の需要や生産の動向などについて意見交換を行いました。AVFグループは、農業生産管理を行う「株式会社HARUSA」、生鮮食品卸売業の「株式会社あきお食品事業部」、野菜等の加工を行う「株式会社畑のシェフ」で構成されています。意見交換の中で、松川代表は、「グループとしては、消費者に安全・安心の食品を届けるだけではなく、生産者が手取り(所得)をいかに確保するかを考えている。また、そういった観点で、あえて県内産にこだわった加工品を手がけることで、農業者が新規の栽培にも取り組めるようになることにつなげていきたい。」とおっしゃっていました。

意見交換の様子(右:松川代表)
意見交換の様子(右:松川代表)
自社農場(県内)産を使った冷凍かぼちゃ
自社農場(県内)産を使った冷凍かぼちゃ

白山市で環境保全型農業に取り組む「おおた農場」の副代表と意見交換を行いました。(令和4年7月6日)

白山市渡津地区で環境保全型農業に取り組む「おおた農場」の大田副代表と、自然と共存する農業やみどりの食料システム戦略等について意見交換を行いました。おおた農場では、有機質肥料を使った完全農薬不使用栽培と減農薬栽培で、石川県からエコ農業者の認定を受けてお米の栽培に取り組んでいます。大田副代表は、「蛍が生息できる水田を守り、安全、安心な食料を生産していくことで、持続可能な食料システムの構築にも繋がる。」とおっしゃっていました。

意見交換の様子(左:大田副代表)
意見交換の様子(左:大田副代表)
蛍が舞うほ場周辺の説明をする副代表
蛍が舞うほ場周辺の説明をする副代表
蛍が生息する水田
蛍が生息する水田

地域で活躍する若手農業者が抱える課題解決のためのセミナーを開催しました。(令和4年3月4日)

令和4年3月4日(金曜日)、石川県拠点主催による「地域農業活性化セミナー」をWeb方式で開催しました。講師に、都市農業の振興や農村の再生に係る研究に従事されている増田昇大阪府立大学名誉教授を招き、「地域農業の活性化に向けて」と題した講演をしていただいた後、県内の若手農業者、講師及び地方参事官を交え、若手農業者が抱える地域農業の課題やその解決方策、将来展望などについて意見交換を行いました。

Web方式による開催
Web方式による開催
石川県拠点参加者:平地方参事官(左から2番目)他
石川県拠点参加者:
平地方参事官(左から2番目)他
講師:増田昇 大阪府立大学名誉教授
講師:増田昇 大阪府立大学名誉教授
県内若手農業者(4Hクラブ参加会場)
県内若手農業者(4Hクラブ参加会場)

令和3年度北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」優良事例に選ばれた「もりラバー林業女子会@石川」の代表と意見交換を行いました。(令和3年12月21日)

もりラバー林業女子会@石川は、石川県在住で、山、森、木が好きな人であれば誰でも参加することができます(現在、会員100名超え)。主な活動は、森林に関する勉強会を行ったり、気軽におしゃべりをしたり、森の中でヨガをしたり、食事会でジビエやキノコを積極的に食べたり、木を素材とした日用品を作ることで林業を応援しています。また、声がかかれば、森林整備のボランティアも行っています。砂山代表は、「もりラバー林業女子会@石川の活動は、山を好きになってもらうことを大切にしています。海、川、水、農産物のすべてが森林と関わりをもっていることを知ってもらいたい。」とおっしゃっていました。

意見交換の様子(左:砂山代表)
意見交換の様子(左:砂山代表)
イベントに出店(砂山代表)
イベントに出店(砂山代表)
森の中でヨガ
森の中でヨガ
竹林の整備活動
竹林の整備活動

令和3年度北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」優良事例に選ばれた(株)奥能登元気プロジェクトの代表と意見交換を行いました。(令和3年12月13日)

(株)奥能登元気プロジェクトは、障がい者福祉事業所「奥能登WORKSスタジオ」を運営しており、障がい者の自立支援や就労場所を提供しています。奥田代表取締役は、「農家が市場へ出荷できない規格外農産物を使って、福祉事業所が加工食品を製造・販売することで、農家の収入が増加し、障がい者の就労機会が増え、継続的な農福連携が行える。また、林業・水産業とも連携を進めており、奥能登地域の一次産業の活性化に繋げ、石川県から全国へ発信することを目指しています。」とおっしゃっていました。

意見交換の様子(中央:代表取締役)
意見交換の様子(中央:代表取締役)
福祉事業所内での作業
福祉事業所内での作業
商品販売の会場
商品販売の会場
ほ場での作業
ほ場での作業

arrow_hokuriku_b.png これまでの取組を見る

北陸農政局及び各県域拠点の「フォトギャラリー」

お問合せ先

石川県拠点

〒921-8031 金沢市野町3丁目1番23号 金沢野町庁舎
ダイヤルイン:076-241-3154
FAX:076-244-2465

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader