このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

更新日:令和元年12月13日

石川県拠点フォト・ギャラリー

石川県拠点の取組 

津幡町「奥山田の棚田」の保全等に係る取組等について、意見交換を行いました。(令和元年12月11日)

令和元年12月11日(水曜日)、石川県拠点は、日本棚田百選に認定されている「奥山田の棚田」(津幡町)の保全と活性化をバックアップしている池野 翔吾氏(株式会社JAアグリサポートかほく取締役)を訪問し、棚田地域振興法等について説明を行うとともに、取組の現状や課題、国に対する要望等について意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子
(左が池野氏)
 
奥山田の棚田
日本棚田百選に認定されている
「奥山田の棚田」

 

 


かほく農業青年グループ会長の村田智氏と意見交換を行いました。(令和元年12月2日)

令和元年12月2日(月曜日)、石川県拠点は、かほく農業青年グループ会長の村田智氏と意見交換を行いました。その後開催された「農業青年グループ定例会」において、収入保険制度の説明を行い、加入を呼びかけました。なお、定例会では、来年1月に開催される石川県農業青年大会におけるプロジェクト発表の内容の検討や、今後のグループ活動等について話し合いが行われました。

説明の様子
意見交換の様子
 
会長の村田氏
かほく農業青年グループ会長の
村田氏

 定例会の様子
定例会の様子

 


富山県入善町で「金沢農女」が実施した視察研修に参加しました。(令和元年11月26日)

令和元年11月26日(火曜日)、石川県拠点の若手女性職員は、金沢市の農業女子グループ「金沢農女」が実施した富山県入善町の(株)Stay gold てらだファーム(寺田晴美代表)での視察研修に参加しました。経営概要や6次産業化、女性目線での農業等について説明があり、規格外の里芋を活用したコロッケ「さとっころっ」製造の取組は参加者の興味・関心を集めていました。

様子
視察研修の様子

寺田代表
(株)Stay gold てらだファーム
寺田晴美 代表取締役
 

 

 


JAはくい担い手研修会に出席しました。(令和元年11月25日)

令和元年11月25日(月曜日)、石川県拠点は、JAはくい担い手研修会に出席し、参加農業者23名に対して、令和2年度農林水産予算概算要求の概要説明を行いました。

北市総括
説明をする北市総括農政推進官
 
 

 

 


みなくち農園を訪問し、意見交換を行いました。(令和元年11月22日)

令和元年11月22日(金曜日)、石川県拠点は、珠洲市で水稲をはじめ、スイカやイチゴ、小豆(能登大納言)等を栽培しているみなくち農園を訪問し、イチゴの観光農園等の経営を担っている若手農業者の皆口 英樹氏と意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子(左が皆口氏)
 
 

 

 



 

 


 arrow_hokuriku_b.pngこれまでの取組を見る

北陸農政局及び各県域拠点の「フォトギャラリー」

 

お問合せ先

石川県拠点

〒921-8031 金沢市野町3丁目1番23号 金沢野町庁舎
ダイヤルイン:076-241-3154
FAX:076-244-2465

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader