このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー


 arrow_hokuriku_b.png最新に戻る

石川県拠点フォト・ギャラリー(これまでの取組) 

津幡町「奥山田の棚田」の保全等に係る取組等について、意見交換を行いました。(令和元年12月11日)

令和元年12月11日(水曜日)、石川県拠点は、日本棚田百選に認定されている「奥山田の棚田」(津幡町)の保全と活性化をバックアップしている池野 翔吾氏(株式会社JAアグリサポートかほく取締役)を訪問し、棚田地域振興法等について説明を行うとともに、取組の現状や課題、国に対する要望等について意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子
(左が池野氏)
 
奥山田の棚田
日本棚田百選に認定されている
「奥山田の棚田」

 

 


かほく農業青年グループ会長の村田智氏と意見交換を行いました。(令和元年12月2日)

令和元年12月2日(月曜日)、石川県拠点は、かほく農業青年グループ会長の村田智氏と意見交換を行いました。その後開催された「農業青年グループ定例会」において、収入保険制度の説明を行い、加入を呼びかけました。なお、定例会では、来年1月に開催される石川県農業青年大会におけるプロジェクト発表の内容の検討や、今後のグループ活動等について話し合いが行われました。

説明の様子
意見交換の様子
 
会長の村田氏
かほく農業青年グループ会長の
村田氏

 定例会の様子
定例会の様子

 


富山県入善町で「金沢農女」が実施した視察研修に参加しました。(令和元年11月26日)

令和元年11月26日(火曜日)、石川県拠点の若手女性職員は、金沢市の農業女子グループ「金沢農女」が実施した富山県入善町の(株)Stay gold てらだファーム(寺田晴美代表)での視察研修に参加しました。経営概要や6次産業化、女性目線での農業等について説明があり、規格外の里芋を活用したコロッケ「さとっころっ」製造の取組は参加者の興味・関心を集めていました。

様子
視察研修の様子

寺田代表
(株)Stay gold てらだファーム
寺田晴美 代表取締役
 

 

 


JAはくい担い手研修会に出席しました。(令和元年11月25日)

令和元年11月25日(月曜日)、石川県拠点は、JAはくい担い手研修会に出席し、参加農業者23名に対して、令和2年度農林水産予算概算要求の概要説明を行いました。

北市総括
説明をする北市総括農政推進官
 
 

 

 


みなくち農園を訪問し、意見交換を行いました。(令和元年11月22日)

令和元年11月22日(金曜日)、石川県拠点は、珠洲市で水稲をはじめ、スイカやイチゴ、小豆(能登大納言)等を栽培しているみなくち農園を訪問し、イチゴの観光農園等の経営を担っている若手農業者の皆口 英樹氏と意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子(左が皆口氏)
 
 

 

 


収入保険の推進のため、白山市の農業者等と意見交換を行いました。(令和元年11月6日)

令和元年11月6日(水曜日)、石川県拠点は収入保険の推進のため、経営局保険課担当者(2名)、NOSAI石川等とともに白山市内の2カ所の会場で農業者等と意見交換を行いました。

意見交換の様子№1
山島地区の農業者等と意見交換する様子

意見交換の様子№2
旭地区の農業者等と意見交換する様子
 

 

 


金沢市農業青年グループ連絡協議会と意見交換を行いました。(令和元年8月6日)

令和元年8月6日(火曜日)、石川県拠点は、北陸農政局金沢野町庁舎において、金沢市農業青年グループ連絡協議会役員等の方々と就農のきっかけ、農業経営での課題等について意見交換を行いました。

参事官挨拶
地方参事官の開会あいさつ
浦野事務局長、太平氏
左から浦野事務局長、太平氏
本副会長、藪野会長
右から藪野会長、本副会長

 

 


農事組合法人能登ふれあいガーデンを訪問し、意見交換を行いました。(令和元年8月1日) 

令和元年8月1日(木曜日)、石川県拠点は、能登町の耕作放棄地を整備し、農業とガーデンを融合した体験型施設「ケロンの小さな村」を開村した農事組合法人能登ふれあいガーデンの上乗 秀雄(じょうのり ひでお)代表と意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子(左が上乗代表)
ケロンの小さな村の風景
ケロンの小さな村の風景
とがのきハウス
ケロンの小さな村の
樹齢100年以上の栂の大木を
中心に据えたツリーハウス
「とがのきハウス」

 

 


横山振興会(珠洲市)を訪問し、意見交換を行いました。(令和元年7月18日) 

令和元年7月18日(木曜日)、平地方参事官は、地域活性化のために地元の伝統農産物である「大浜大豆」を復活させた、横山振興会(珠洲市)の二三味 義春(にざみ よしはる)氏と意見交換を行いました。

対談
意見交換の様子(右が二三味氏)
畑
地元の伝統農産物「大浜大豆」

 

 


特定非営利活動法人能美市作業所連合「一歩(いっぽ)」及びJA根上加工部会と意見交換を行いました。(令和元年6月27日) 

令和元年6月27日(木曜日)、平地方参事官は、JA根上において農福連携に取り組んでいる、特定非営利活動法人能美市作業所連合「一歩(いっぽ)」が能美市の伝統野菜である「赤井にんじん」の栽培を始めたきっかけや、JA根上加工部会がその「赤井にんじん」を使用した「ごはんば~が」の商品化に至った経緯等について、意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子
(左から一歩の山内理事長、加工部会の浜田代表)
ごはんば~が
バンズ(ごはん)に「赤井にんじん」を
混ぜ込んだ「ごはんば~が」

 

 


ひらみゆき農園を訪問し、意見交換を行いました。(令和元年6月21日) 

令和元年6月21日(金曜日)、平地方参事官は、多品種のブルーベリーを無農薬で栽培している、能登町のひらみゆき農園を訪問し、平美由記代表と、ブルーベリーの生産振興やこれからの経営展開について意見交換を行いました。

ブルーベリー
平美由記代表(左)との意見交換の様子
商品
新商品開発で地域農業に活力を!

 

 


有限会社ひぎし農場を訪問し、意見交換を行いました。(令和元年6月12日) 

令和元年6月12日(水曜日)、平地方参事官は、本年度新たに石川県農業法人協会に入会した川北町の有限会社ひぎし農場を訪問し、披岸智範(ひぎしとものり)代表取締役と、現在抱えている課題や今後の抱負について意見交換を行いました。

意見交換の様子
披岸代表取締役(左)との意見交換の様子

 

 


のとキリシマツツジ連絡協議会事務局長と意見交換を行いました。(平成31年4月26日) 

平成31年4月26日(金曜日)、平地方参事官は、のとキリシマツツジ連絡協議会事務局長である能登町の今正広さんを訪問し、「のとキリシマツツジ」を通じて地域振興を図る取組について意見交換を行いました。

対談
今事務局長(左)との意見交換の様子

庭
一般公開されている庭にて

芦田
芦田家のキリシマツツジ(能登町)
(平成30年5月8日訪問時撮影)



 


北形青果株式会社の北形取締役と意見交換を行いました。(平成31年3月26日) 

平成31年3月26日(火曜日)、赤堀地方参事官は、北形青果株式会社 北形謙太郎取締役と「加賀野菜」の消費と生産の現状及び今後の取組について、意見交換を行いました。

〈参考〉北陸の地方野菜
http://www.maff.go.jp/hokuriku/seisan/engei/dentou.html

意見交換
意見交換の様子(左が北形取締役)

 

 


地産地消文化情報誌「能登」編集長と意見交換を行いました。(平成31年3月20日) 

平成31年3月20日(水曜日)、赤堀地方参事官は、地産地消文化情報誌「能登」の経塚(つねづか)幸夫編集長と、創刊した経緯や能登地域に対する思い等について、意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子


経塚氏
経塚 幸夫編集長(左から2番目)

 

 


担い手農業者と意見交換を行いました。(平成31年3月4日) 

平成31年3月4日(月曜日)、石川県拠点は、経営局経営政策課の大髙経営専門官及び藤谷係員、春日北陸農政局次長とともに、金沢市農業センターにおいて、金沢市の農業者のほか県・市・JAの方々と、生産現場の経営の現状・課題について意見交換を行いました。

農政局等
右から赤堀地方参事官、春日次長、経
営政策課 大髙経営専門官、藤谷係員
農業者1



右から(株)金沢大地 井村代表、
金沢農女 小林会長、
農事組合法人One 宮野副代表

農業者2
右から西瓜部会 荒川部会長、
五郎島さつまいも部会 西村部会長、
農事組合法人大場坊主の里市原代表理事

 


担い手農業者と意見交換を行いました。(平成31年2月8日) 

平成31年2月8日(金曜日)、石川県拠点は、経営局経営政策課の御村課長補佐及び奥田北陸農政局長とともに、白山市福祉ふれあいセンターにおいて、白山市の農業者のほか県・市・JAの方々と、生産現場の経営の現状・課題について意見交換を行いました。

挨拶
挨拶する赤堀地方参事官
意見交換
意見交換の様子
本省・局長
奥田局長(右)と御村課長補佐(中央)

 






農事組合法人興津(きょうづ)営農組合を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年12月19日) 

平成30年12月19日(水曜日)、赤堀地方参事官は、津幡町の農事組合法人興津営農組合を訪問し、山崎 朋博代表と今後の地域農業等について意見交換を行い、その後ため池を視察しました。

山崎氏
地域農業について説明をする山崎代表
ため池
興津営農組合が農業用水として
使用しているため池

ため池説明
ため池について説明を受ける
赤堀地方参事官(右)

 






農業生産法人粟蔵(あわぐら)水稲株式会社を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年12月13日) 

平成30年12月13日(木曜日)、赤堀地方参事官は、輪島市の農業生産法人粟蔵水稲株式会社を訪問し、宇羅 恒雄代表と水稲の生産・販売等について、意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子(中央が宇羅代表、
右が息子の恒一氏)
 

 











穴水町で「のとてまり」(しいたけ)を栽培している山方氏を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年12月12日) 

平成30年12月12日(水曜日)、赤堀地方参事官は、穴水町の生産者 山方 正治氏を訪問し、「のとてまり」(しいたけ)の栽培等について、意見交換を行いました。
 ※「のとてまり」として認められるのは、傘の大きさ8cm以上、肉厚3cm以上、巻き込み1cm以上の規格を満たすもの。

栽培について説明
「のとてまり」の栽培について説明する山方氏(左)
しいたけ
原木しいたけ
 

 











農業法人有限会社わくわく手づくりファーム川北を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年12月7日) 

平成30年12月7日(金曜日)、赤堀地方参事官は、川北町の有限会社わくわく手づくりファーム川北を訪問し、入口博志代表取締役社長と6次産業化の取組、ビールの輸出の現状等について、意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子(左から入口代表、
高橋マーケティング担当)
施設説明
麦芽の製造について説明を受ける
赤堀地方参事官(左)

 

 











小松能美農業青年グループと、意見交換を行いました。(平成30年12月6日) 

平成30年12月6日(木曜日)、赤堀地方参事官は、小松能美農業青年グループ(小松市・能美市・川北町の若手農家で構成)5名と、各人の経営の現状や今後の意向などについて、意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子
 

 











中能登町で農家レストランを経営している田中氏を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年11月30日) 

平成30年11月30日(金曜日)、赤堀地方参事官は、中能登町の生産者田中 良夫氏を訪問し、米の生産、どぶろく製造及び農家レストランの運営等について意見交換を行いました。

書類説明
どぶろく製造の申請書類について
説明する田中氏(右)
施設説明
醸造所の説明を受ける赤堀地方参事官(右)
 

 











農事組合法人千耕(せんこう)を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年11月22日) 

平成30年11月22日(木曜日)、赤堀地方参事官は、小松市の農事組合法人千耕を訪問し、北村代表理事及び本多理事と水稲のほか、加工用トマト等水田園芸への取組について意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子
(右から北村代表理事、本多理事)
 
 
 











農事組合法人SKYファームを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年11月15日) 

平成30年11月15日(木曜日)、赤堀地方参事官は、能登町の農事組合法人SKYファームを訪問し、青木  悟代表理事と米の生産・販売や水田の基盤整備等について意見交換を行いました。

意見交換
青木代表理事(右)
基盤整備
基盤整備が進む能登町の水田
 
 
 











JA能登わかば「なかじま菜部会」を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年11月6日) 

平成30年11月6日(火曜日)、赤堀地方参事官は、七尾市のJA能登わかば「なかじま菜部会」を訪問し、井田  啓一部会長と中島菜の生産及び販売状況等について意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子(右が井田部会長)
中島菜畑
中島菜のほ場について説明する井田部会長(右)
 
中島菜
収穫された中島菜
 











農事組合法人モロオカエーシーを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年10月31日) 

平成30年10月31日(水曜日)、赤堀地方参事官は、輪島市の農事組合法人モロオカエーシーを訪問し、竹内  新一代表と地域農業の課題や、今後の農業経営等について意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子(中央が竹内代表)
写真
左から、吉田総括、竹内新一代表、
竹内毅氏、赤堀地方参事官

 

 











株式会社ちはらファームを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年9月7日) 

平成30年9月7日(金曜日)、農林水産政策研究所の吉田企画広報室長と赤堀地方参事官は、金沢市の株式会社ちはらファーム代表  前田  泰一氏を訪問し、農福連携による「ブルーベリー」「薬草(紫根)」等の栽培・加工について意見交換を行いました。

前田氏
(株)ちはらファーム代表  前田氏
選別風景
ブルーべーリーの選別を見る
吉田室長(左から2人目)

 
ブルーベリー
収穫されたブルーベリー
 











金沢市地域おこし協力隊の黒瀬氏を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年9月4日) 

平成30年9月4日(火曜日)、赤堀地方参事官は、金沢市地域おこし協力隊員  黒瀬  博之氏と湯涌地域の活性化について意見交換を行いました。
なお、「花咲く湯涌まちづくりネットワーク」のメンバー(黒瀬氏ほか)が栽培した、大麦とホップを使用したクラフトビールが、9月23日(日曜日)いのしし感謝祭でお披露目されます。詳しくは、以下のURLをご覧ください。
http://ishikawa.fun/19734.html

意見交換
ホップ栽培を説明する黒瀬隊員(左)
ホップ
収穫されたホップ
 
収穫風景
ホップの収穫作業風景
 











農事組合法人Oneを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年8月30日) 

平成30年8月30日(木曜日)、赤堀地方参事官は、金沢市の農事組合法人Oneを訪問し、宮野 義隆副代表理事と地域と農業の関わり方を考えた経営状況(レンコン、米等)等について意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子
説明
(農)Oneが取り組んでいる
SDGs(持続可能な開発目標)について
説明する宮野副代表

 
事務所前
南統計企画課長(左)、宮野副代表理事(中央)、
赤堀地方参事官(右)
 











有限会社三共農園(加賀フルーツランド)を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年8月27日) 

平成30年8月27日(月曜日)、赤堀地方参事官は、加賀フルーツランドを運営している加賀市の有限会社三共農園を訪問し、岸  英樹支配人と果樹の生産・販売、観光農園の経営状況等について意見交換を行いました。

意見交換
岸支配人(左)との意見交換の様子
カフェ
お客さんで賑わう
加賀フルーツランド内のカフェ

 
 バナナ
売店に展示しているバナナ
 











有限会社内浦アグリサービスを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年8月21日) 

平成30年8月21日(火曜日)、赤堀地方参事官は、能登町の有限会社内浦アグリサービスを訪問し、東  久男代表と米の生産・販売について意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子
東代表
東  久男代表
 
 
 












株式会社中東(ちゅうとう)を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年8月8日) 

平成30年8月8日(水曜日)、赤堀地方参事官は、能美市の株式会社中東を訪問し、小坂勇治代表取締役社長と集成材等の生産・販売、輸出について意見交換を行いました。

意見交換
小坂代表(左)との意見交換の様子
金沢駅鼓門
(株)中東の構造用集成材が天井部に使われている
金沢駅鼓門

 
 
 












有限会社すえひろを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年7月31日) 

平成30年7月31日(火曜日)、赤堀地方参事官は、珠洲市の有限会社すえひろを訪問し、末政代表と水稲や大豆の生産・販売等について意見交換を行いました。

意見交換
末政代表(左)との意見交換の様子
農機具説明
保有する農機具を説明する末政代表(右)

 
 
 












有限会社川原農産を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年7月11日) 

平成30年7月11日(水曜日)、赤堀地方参事官は、輪島市の有限会社川原農産を訪問し、川原伸章代表と水稲と果樹の生産及びその加工・販売等について意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子
川原代表
川原代表
 
 
 












石川県森林組合連合会を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年7月5日) 

平成30年7月5日(木曜日)、赤堀地方参事官は、石川県森林組合連合会を訪問し、森本専務及び亀井理事と、石川県内の林業の状況について意見交換を行いました。

意見交換
意見交換の様子
森林組合
県産材をふんだんに使用した
石川県森林組合連合会館

 
 
 












有限会社ながせを訪問し、意見交換を行いました。(平成30年6月28日) 

平成30年6月28日(木曜日)、赤堀地方参事官は、羽咋市の有限会社ながせを訪問し、長瀬 清隆代表と米の生産・販売やGAP(農業生産工程管理)への取組について意見交換を行いました。

風景1
長瀬代表(左)との意見交換の様子
風景2
「(有)ながせ」の水稲ほ場の前で
左から赤堀地方参事官、長瀬代表、
辻係員
 
 
 












農福連携に取り組んでいる社会福祉法人弘和会を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年6月7日) 

平成30年6月7日(木曜日)、赤堀地方参事官は、羽咋市の社会福祉法人弘和会を訪問し、農福連携に取り組んでいる畝(うね)理事長と今後の活動等について意見交換を行いました。

説明風景
畝理事長(左から1人目)から法人の
概要等の説明を受けている赤堀地方参事官
作業風景
サツマイモの苗を植えている施設利用者
ニンニク畑
ニンニク畑で説明を受ける様子
 
 












農福連携に取り組んでいる滝本農園を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年5月29日) 

平成30年5月29日(火曜日)、赤堀地方参事官は、金沢市の滝本農園を訪問し、障害者を受け入れ、農福連携に取り組んでいる滝本正人代表と意見交換を行いました。

概要説明
滝本代表から(右)から農園の概要説明を
受けている赤堀地方参事官
作業風景1
マルチビニールの除去作業の様子
作業風景2
水耕栽培用のハウス内での
定植作業の様子
 
 












羽咋市獣肉処理施設を訪問し、意見交換を行いました。(平成30年5月17日) 

平成30年5月17日(木曜日)、赤堀地方参事官は、羽咋市獣肉処理施設を訪問し、「合同会社のとしし団」の髙田事務担当と羽咋市における獣害対策の状況等について、意見交換を行いました。

概要説明
髙田事務担当(左)から施設の概要説明を
受けている様子
処理風景
イノシシ肉の処理風景
革製品
イノシシの皮を利用した革製品
 
 












野菜栽培、かき養殖及び飲食店を経営している農事組合法人能登風土と意見交換を行いました。(平成30年4月25日) 

平成30年4月25日(水曜日)、赤堀地方参事官は、七尾市の農事組合法人能登風土を訪問し、酒井代表と農業への取組等について意見交換を行いました。

概要の様子
酒井代表(右)から経営概要等の説明を
受けている様子
飲食店
2月15日にオープンした飲食店
「浜焼き能登風土」の店内の様子
前で
酒井代表(中央)と赤堀地方参事官(中央右)
 
 












小水力発電を活用した観光農園等に取り組んでいる農事組合法人んな-がら上野営農組合と意見交換を行いました。(平成30年4月12日) 

平成30年4月12日(木曜日)、赤堀地方参事官は、白山市の農事組合法人んなーがら上野営農組合中西代表理事と小水力発電を活用した観光農園等について意見交換を行いました。

中西代表理事から施設の概要説明を受けている様子
中西代表理事(右)から施設の概要説明を
受けている様子

観光農園の高施栽培いちご
高設栽培の観光農園

観光農園の高施栽培いちご
高設で栽培されているいちご

 
 












農福連携に取り組んでいる笠間農園と意見交換を行いました。(平成30年3月20日)) 

平成30年3月20日(火曜日)、赤堀地方参事官は、「河北潟のコマツナ」のブランド化を目指している笠間農園(内灘町)を訪問し、収穫作業に障害者を受け入れ、農福連携を周辺農家にも広めることを目指している笠間令子さんと今後の取組について意見交換を行いました。

出荷までの作業内容について説明を受けている様子
笠間令子さん(左から1人目)から出荷までの
作業内容について説明を受けている様子

収穫作業の様子
収穫作業の様子

選果作業の様子
選果作業の様子

 
 












金沢農業大学校の研修生と意見交換を行いました。(平成29年12月19日) 

平成29年12月19日(火曜日)、石川県拠点は、金沢市内での就農を目指し、「地域に根ざした農業をやりたい」、 「金沢でみかけない希少野菜を作りたい」、 「無農薬で生産したい」といった展望を持ち、金沢農業大学校で農業技術を学ぶ研修生8人と、新規就農に関する意見交換を行いました。
注:「金沢農業大学校」は、金沢の農業の健全な発展を目指し、新たな農業の担い手を育成するために、平成18年3月に金沢市により設立されました。

金沢農業大学校の研修生の皆さんとの意見交換の様子
金沢農業大学校の研修生の皆さんとの
意見交換の様子

 
 













農事組合法人 アグリスターオナガの濱田代表と意見交換を行いました。(平成29年12月6日)  

平成29年12月6日(水曜日)、赤堀地方参事官は、農事組合法人 アグリスターオナガの濱田 栄治代表(羽咋市)を訪問し、米の生産・販売、コスト削減に係る取組及び水田園芸における生産・販売について意見交換を行いました。

濱田代表との意見交換の様子
濱田代表(中央)との意見交換の様子

右から赤堀地方参事官、濱田代表、守総括農政推進官
右から赤堀地方参事官、濱田代表、
守総括農政推進官
 













農事組合法人 岩井戸農産の棚田代表と意見交換を行いました。(平成29年11月15日)  

平成29年11月15日(水曜日)、赤堀地方参事官は、農事組合法人 岩井戸農産の棚田昭男代表理事(能登町)を訪問し、奥能登の中山間地域における水稲栽培省力化や菌床シイタケとの複合経営について意見交換を行いました。

棚田代表との意見交換の様子
棚田代表(右)との意見交換の様子

 
 












農事組合法人 北辰農産 舘代表と意見交換を行いました。(平成29年10月24日)  

平成29年10月24日(火曜日)、赤堀地方参事官は、農事組合法人 北辰農産の舘 喜洋代表理事(白山市)を訪問し、今後の水田農業や農産物加工品の生産・販売について意見交換を行いました。

北辰農産の代表と意見交換を行う様子
舘代表(左)との意見交換の様子

お米や米加工品を販売する「稲穂舎」の店舗の様子
お米及び米加工品を販売するとともに、田んぼや
自然を学ぶ場でもある「稲ほ舎」の店内
 













6次産業化等に取り組んでいる(株)鹿渡島定置 酒井代表と意見交換を行いました。(平成29年8月23日) 

平成29年8月23日(水曜日)、赤堀地方参事官は、株式会社 鹿渡島定置(七尾市)を訪問し、酒井秀信代表取締役と6次産業化事業や人材育成等について、意見交換を行いました。

酒井代表との意見交換の様子
酒井代表(左)との意見交換の様子

酒井代表の画像
酒井代表

定置網について説明を受ける様子
定置網漁について説明を受ける様子

 
 












ワイン用ブドウ栽培を柱に、農業に軸足を置いた地域振興に取り組む、(株)OkuruSky (オクルスカイ)村山代表と意見交換を行いました。(平成29年8月4日)  

平成29年8月4日(金曜日)、赤堀地方参事官は、(株)OkuruSky(穴水町)を訪問し、村山智一代表取締役とワイン用ブドウ栽培から地域農家と連携した農産加工品の製造・販売や新規就農希望者の受け入れの取組について、意見交換を行いました。

村山代表との意見交換の様子
村山代表(左)との意見交換の様子

左赤堀地方参事官、右村山代表
村山代表(右)と赤堀地方参事官(左)

ぶどう園の画像
ワイン醸造用のブドウ畑

 
 












有機農産物を販売する(株)金沢大地 井村代表と意見交換を行いました。(平成29年8月3日)  

平成29年8月3日(木曜日)、赤堀地方参事官は、(株)金沢大地の井村辰二郎代表取締役(金沢市)を訪問し、有機農産物の輸出や有機栽培ブドウを使用したワイン造りについて意見交換を行いました。

井村代表との意見交換の様子
井村代表(左奥)との意見交換の様子

ぶどう園視察の様子
ブドウ(キャンベルア-リ-)の説明を受ける様子
 













NPO法人歴町センター大聖寺の瀬戸 達氏と意見交換を行いました。(平成29年7月18日)  

平成29年7月18日(火曜日)、赤堀地方参事官は、歴史的資産を活かしたまちづくりに取り組むNPO法人歴町センター大聖寺(加賀市)の事務局長 瀬戸 達氏を訪問し、地域の活性化等について意見交換を行いました。

意見交換の様子
意見交換の様子

 
 












「農」を中心とした障害者の就労支援に取り組んでいる(福)花友会と意見交換を行いました。(平成29年7月13日)  

平成29年7月13日(木曜日)、桑原総括農政推進官は、障害者の就労支援のため野菜の水耕栽培や野菜レストラン等に取り組んでいる社会福祉法人 花友会(加賀市)を訪問し、多機能型事業所 アグリ加賀を担当されている村田直之さんと農福連携について意見交換を行いました。
*(福)花友会は、「多機能型事業所 アグリ加賀」「就労継続支援A型事業所 三ツ星(野菜百楽&花の~と)」「共同生活援助(グループホーム、ショートステイ)」の事業を展開しています(花友会HPより)。

意見交換の様子
意見交換の様子

農産物の仕分け作業の様子
仕分作業の様子

水耕栽培されるチンゲンサイ
チンゲンサイの水耕栽培

 
 












IoT技術を活用した「ルビーロマン」栽培に取り組んでいる(有)丸山ぶどう園と意見交換を行いました。(平成29年7月12日) 

平成29年7月12日(水曜日)、赤堀地方参事官は、石川県オリジナル新品種のぶどう「ルビーロマン」や完熟フルーツトマト等を栽培している有限会社丸山ぶどう園を訪問し、丸山充雄取締役とIoT技術を活用した農産物の栽培等について意見交換を行いました。

丸山取締役との意見交換の様子
丸山取締役(右)との意見交換の様子

ほ場に設置されたセンサー画像
ほ場に設置されたセンサー
(データは、スマートフォンで確認ができる。)

栽培されているルビーロマン
ルビーロマン

 
 












(有)たけもと農場 竹本会長と意見交換を行いました。(平成29年6月27日)  

平成29年6月27日(火曜日)、赤堀地方参事官は、有機JAS認証米、特別栽培米、イタリア米等を栽培し、産地直送で販売している有限会社たけもと農場(能美市)を訪問し、竹本敏晴取締役会長と需要に応じた米生産に関する意見交換を行いました。

竹本会長との意見交換の様子
竹本会長(左奥)との意見交換の様子

 
 











(株)八幡(八幡グループ) 久保代表取締役社長と意見交換を行いました。(平成29年6月22日)  

平成29年6月22日(木曜日)、赤堀地方参事官は、羽咋市を拠点として石川県内で食品事業を展開している株式会社八幡(八幡グループ) 久保順一代表取締役社長を訪問し、地産地消の取組と地域の活性化に向けた活動等について意見交換を行いました。

久保社長との意見交換の様子
久保社長(右)との意見交換

左赤堀地方参事官、右久保社長
赤堀地方参事官(左)久保社長(右)
 











能登の地域おこしに尽力されている星野正光さん、森さやかさんと意見交換を行いました。(平成29年6月15日)  

平成29年6月15日(木曜日)、赤堀地方参事官は能登の文化や食を積極的に発信しながら、地域おこしに尽力されている「能登 手仕事屋」店主 星野正光さん(輪島市)、農家民宿フォレストを開業し「能登半島のうちごはん」も主宰している森さやかさん(輪島市)と能登の豊かな自然と食を活かした農泊等について意見交換を行いました。

左から赤堀地方参事官、星野さん、森さん、守総括農政推進官
左から赤堀地方参事官、星野正光さん、
森さやかさん、守総括農政推進官
わらびほ場視察の様子
わらびほ場の説明を受ける様子
現場での意見交換の様子
能登の豊かな自然と食を活かした地域
おこしについての意見交換の様子












発達障害者の就労に取り組む(株)ちはらファーム代表と意見交換を行いました。(平成29年5月8日)  

平成29年5月8日(月曜日)、赤堀地方参事官は農業分野において発達障害者の就労に取り組む(株)ちはらファーム(金沢市)を訪問し、前田代表と農業経営の確立と障害者の自立について意見交換を行いました。

前田代表との意見交換の様子
前田代表(右)との意見交換の様子
ブルーベリーほ場の説明を受ける様子
ブルーベリー圃場の説明を受ける様子
ブルーベリーほ場
ブルーベリー圃場












農福連携の今後の事業展開について関係団体と意見交換を行いました。(平成29年4月26日)  

平成29年4月26日(水曜日)、農林水産政策研究所の吉田室長と赤堀地方参事官は、自然栽培による農福連携について、JAはくい等の関係団体と意見交換を行いました。その後、河北潟にあるハーブ農園ペザンを訪問し、俵代表・澤邊氏、福祉施設リハスファーム藤島取締役と今後の農福連携について意見交換を行いました。

JAはくいでの意見交換の様子
JAはくいでの関係団体との
意見交換の様子
ハーブ農園ペザンでの意見交換の様子
ハーブ農園ペザンでの意見交換の様子
意見交換に参加した人達
左から赤堀地方参事官、俵代表、
澤邊氏、藤島取締役、吉田室長












米農家と連携し耕作放棄地の再生に取り組んでいる数馬酒造(株)代表と意見交換を行いました。(平成29年4月20日)  

平成29年4月20日(木曜日)、赤堀地方参事官(石川県担当)と金田地方参事官(特命)は、大学生が米作りから酒作りまで手がける「Nプロジェクト」や、米農家と連携し耕作放棄地の再生に取り組んでいる数馬酒造(株)を訪問し、数馬代表と今後の事業展開・現在の課題について意見交換を行いました。

数馬代表との意見交換の様子
数馬代表(中央)との意見交換の様子
左から赤堀地方参事官、数馬代表、金田地方参事官
数馬代表(中央)と赤堀地方参事官
(左)、金田地方参事官(右)












(有)能都ピッグファーム代表と意見交換を行いました。(平成29年4月13日)  

平成29年4月13日(木曜日)、赤堀地方参事官は「能登産もち豚」を出荷している(有)能都ピッグファームを訪問し、吉中代表と今後の養豚経営や飼料用米等について意見交換を行いました。

田中代表との意見交換の様子
吉中代表(左)との意見交換の様子
豚舎の説明を受ける様子
豚舎の説明を受ける赤堀地方参事官












無菌包装米飯工場を保有するJA松任と米加工品の需要拡大について意見交換を行いました。(平成29年4月6日)  

平成29年4月6日(木曜日)、赤堀地方参事官がJA松任食品加工部の無菌包装米飯工場を訪問し、パックご飯等の輸出を視野に入れた米加工品の需要拡大について意見交換を行いました。
*無菌包装米飯工場は、1日最大5万食の製造能力を有し、平成26年にはISO22000(食品安全)を取得。

意見交換の様子
意見交換の様子
無菌包装米飯工場の視察の様子
無菌包装米飯工場の説明を受ける様子












arrow_hokuriku_b.png最新に戻る

arrow_hokuriku_b.png平成28年度の取組を見る

arrow_hokuriku_b.png平成27年度の取組を見る


北陸農政局及び各県域拠点の「フォトギャラリー」

お問合せ先

石川県拠点

〒921-8031 金沢市野町3丁目1番23号 金沢野町庁舎
ダイヤルイン:076-241-3154
FAX:076-244-2465

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader