このページの本文へ移動

関東農政局

メニュー

2.主要河川の概要【管内の自然と農業】

 1.地勢  2.主要河川の概要 3.農業の概要  4.農地の整備状況  5.農業生産の状況 

管内の水系は、利根川水系をはじめ、荒川水系、那珂川水系、久慈川水系等で構成されています。

 

利根川水系

利根川(とねがわ)

   群馬県北端の丹後山付近に発し、関東平野をほぼ北西から南東へと流れ、千葉県の銚子で太平洋へと注ぐ、長さ322km、流域面積6,745km2の河川です。古来、「坂東太郎」とも呼ばれた大河川で、流域は、群馬、栃木、埼玉、千葉、茨城、東京の1都5県にまたがり、流域面積は日本最大となっています。古くから、流路の変遷が著しく、江戸時代以前は、古利根川(ふるとねがわ)が本流であり、現在の下流は、鬼怒川の流路でした。江戸時代の1654年、水田開発や水運、水害の防止のために、現在の流路へと変更され、江戸への輸送のため、水運が発達、関宿、佐原など、多くの河港が栄えました。

 

渡良瀬川(わたらせがわ)

   栃木県足尾町の北に発し、南西へと流れた後、群馬県大間々町で南東へと向きを変え、埼玉県久喜市で利根川に合流する、長さ108km、流域面積2,602km2の河川です。洪水の被害が多く、大正7年には、下流に遊水池を設け、洪水調節を行いました。平成3年には、遊水池をさらに掘り込んで、貯水池谷中湖(やなかこ)が完成し、都市用水を供給しています。

 

鬼怒川(きぬがわ)

   栃木県北部の帝釈(たいしゃく)山脈に発し、川治(かわじ)で男鹿(おじか)川を合わせ、県中部を南流、茨城県南西部で利根川に合流する、長さ176.7km、流域面積1,760km2の河川です。江戸時代には、多くの河岸が置かれ、年貢米や商品の輸送に利用されました。上流では、川俣(かわまた)・川治・鬼怒川などの温泉が湧き出ています。

 

江戸川(えどがわ)

   茨城県猿島郡五霞町及び千葉県野田市関宿で利根川から分かれ、東京湾に至る長さ60km、流域面積200km2の河川です。かつては、利根川の本流でしたが、江戸時代の1654年に行われた改修によって分流となり、以来、関東における水運の主要経路として栄えました。上・中流は埼玉・千葉の、下流は千葉・東京の境界となっています。

 

荒川水系

荒川(あらかわ)

   山梨・埼玉・長野3県にまたがる甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に発し、関東平野を南東に流れ東京湾へと注ぐ、長さ173km、流域面積2,940km2の河川です。埼玉県秩父市の三峰口(みつみねぐち)付近まで峡谷をなし、秩父盆地、長瀞(ながとろ)を経て、寄居町(よりいまち)から平野へと出ます。たびたび洪水を起こし、流路変更などの改修工事が行われましたが、荒川放水路の完成後、大洪水はなくなりました。

 

入間川(いるまがわ)

   埼玉県飯能市(はんのうし)の妻坂峠に発し、川越市の上江橋(かみごうばし)付近で荒川に注ぐ、長さ63km、流域面積721.0km2の河川です。荒川最大の支流で、江戸時代初期、荒川の本流が現在の元荒川の流路であったころには、入間川は東京湾に注ぐ重要な舟運路でした。

 

那珂川水系

那珂川(なかがわ)

   栃木県北端の那須岳(なすだけ)に発し、茨城県那珂湊で太平洋に注ぐ、長さ150km、流域面積3,270km2の河川です。上流は、支流とともに那須野原(なすのはら)をつくっており、中流部は、八溝山地を峡谷をなして南東に流れています。下流では、蛇行して、氾濫原を形成しています。古くから水運に利用され、多数の河岸が設けられました。また、コイ・スズキ・アユなどの漁が行われています。

久慈川水系

久慈川(くじがわ)

   福島・茨城・栃木県境の八溝山(やみぞさん)北斜面に発し、茨城県日立市南端で太平洋へと注ぐ、長さ124km、流域面積1,490km2の河川です。上流は棚倉破砕帯に沿って、谷底平野を形成しています。中流部では、河岸段丘が発達しており、景勝の久慈渓谷となっています。茨城県常陸大宮市から下流には、水田地帯が広がっています。

お問合せ先

利根川水系土地改良調査管理事務所
〒277-0831 千葉県柏市根戸471-65
電話番号:04(7131)7141 FAX番号:04(7133)3527