このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

ディスカバー農山漁村の宝

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国へ発信するものです。

7回選定結果

  令和2年11月4日、内閣官房及び農林水産省は、全国で28地区及び4名を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定し、うち近畿農政局管内からは3地区が選定されました。

部門 府県
市町村
団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
ビジネス部門 京都府南丹市 ニシオサプライズ株式会社(PDF : 282KB) 茅葺きを大衆でシェアできるものに 空家となった茅葺き民家を一棟貸し宿に改修し、町の飲食店と連携することにより、町全体をホテルとして運営。 1号店 美山FUTON&Breakfast  外観
ビジネス部門 兵庫県南あわじ市 福良漁業協同組合(PDF : 301KB) 淡路島のつくり育てる漁業から地方創生! 「淡路島3年とらふぐ」等の養殖を起点として、6次化や企業との連携等を通じた地方創生に取組む。 上から3年もの、2年もの、1年もの
コミュニティ部門 奈良県橿原市 大和平野土地改良区(PDF : 276KB) 吉野川分水~この水を未来に引き継ぐ~ 水の恵みを受ける者と水を育む者とで水のつながりを軸とした交流を図り、吉野川分水のありがたみを伝える。 水源流トレッキングツアー

第7回選定の募集内容【終了しました】

1.募集内容及び資格

(1)募集する取組

地域において、新たな需要の発掘・創造や埋もれていた地域資源の活用を行うことにより、農林水産業・地域の活力創造につながる次の(ア)から(ウ)のいずれかに該当する取組について幅広く募集します。

(ア) 美しく伝統ある農山漁村を次世代へ継承する取組
(イ) 幅広い分野・地域との連携により農林水産業・農山漁村を再生する取組
(ウ) 国内外の新たな需要に即した農林水産業を実現する取組

(2)応募資格

(ア) (1)に該当する取組を行っている団体及び個人とし、自薦・他薦は問いません。
(イ) 団体を対象とした「コミュニティ部門(関係者の連携による活動で地域に活力をもたらす取組等)」、「ビジネス部門(事業化を通 じて所得向上や雇用を生み出す取組等)」、個人を対象とした「個人部門(地域でリーダー的な活躍をしている者等)」の3部門を各々募集します。
(ウ)「コミュティ部門」及び「ビジネス部門」の重複応募は出来ませんが、「コミュニティ部門」と「個人部門」、「ビジネス部門」と「個人部門」の重複応募は可能です。また、「個人部門」のみの応募も可能です。
(エ) 過去に「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定された団体は、「コミュニティ部門」及び「ビジネス部門」には応募出来ませんが、「個人部門」には応募可能です。

詳細は、<添付資料>「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第7回選定)応募要領を御覧ください。

(3)応募期間

令和2年7月1日(水曜日)から令和2年9月4日(金曜日)まで

(4)選定方法

応募資料をもとに、有識者懇談会において総合的に審査し、優良事例を選定します。
(ア) 団体部門(「コミュニティ部門」及び「ビジネス部門」)
応募状況に応じて、応募の中から両部門計30地区程度を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例として選定し、両部門の中から最優良地区を「グランプリ」、グランプリ以外で各部門の優良地区を「準グランプリ(各部門)」として選定し、表彰します。
(イ) 個人部門
応募状況に応じて、応募の中から5~10名程度を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例として選定し、その中から優良者を「個人賞」として選定し、表彰します。

(5)選定結果及び選定証の授与

選定結果については、10月頃に「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」特設Webサイト等で公表します。また、選定証については、公表後に都内で開催される選定証授与式において授与する予定です。

2.応募方法

以下ページ内の応募フォームに必要事項を入力いただき、応募用紙(Wordファイル)を添付のうえ御応募ください。
【応募ページ】https://www.discovermuranotakara.com/sentei/(外部リンク)
応募方法の詳細につきましては、<添付資料>「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第7回選定)応募要領を御覧ください。


「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第7回選定)応募要領(PDF : 281KB)
「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第7回選定)募集リーフレット(PDF : 919KB)
応募用紙記入例(団体)(PDF : 271KB)
応募用紙(団体)(WORD : 72KB)
応募用紙記入例(個人)(PDF : 726KB)
応募用紙(個人)(WORD : 116KB)

6回選定結果

  令和元年10月21日、内閣官房及び農林水産省は、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、全国で31地区を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定し、うち近畿農政局管内からは2地区が選定されました。
団体名をクリックすると団体の活動概要が表示されます。

部門 府県
市町村
団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
コミュニティ部門
京都府
京田辺市
さんさん山城(PDF : 412KB) 農福連携で広がる地域コミュニティの輪 廃園予定の茶園を継承し、農福連携に取り組み、地域の特産品を栽培。また、特産品を使用した加工品も開発販売。
コミュニティカフェでは、障がい者が中心となりメニュー作り・接客・調理を行う。障がい者と交流しながら手摘みの体験も実施。
 農業の様子(宇治茶の手摘み体験)
コミュニティ部門
大阪府
河南町
農事組合法人かなん(PDF : 357KB) 直売所から町や農業を元気に!! 学校給食センターや幼稚園、福祉施設などへ野菜や味噌の納入や、地域の小中学校を対象とした職業訓練実習も受け入れるなど、食農教育に積極的に取り組む。
地場産農産物を使用した加工品を開発するなど、6次産業化にも取り組み、イベントや道の駅で販売。
 道の駅かなん及び直売所



 第6回選定の募集内容【終了しました】

1.募集する取組
地域において、新たな需要の発掘・創造や埋もれていた地域資源の活用を行うことにより、農林水産業・地域の活力創造につながる次の(1)から(3)のいずれかに該当する取組について幅広く募集します。


(1)美しく伝統ある農山漁村を次世代へ継承する取組
(2)幅広い分野・地域との連携により農林水産業・農山漁村を再生する取組
(3)国内外の新たな需要に即した農林水産業を実現する取組

2.応募資格
(1)上記1.に該当する取組を行っている団体及び個人とし、自薦・他薦は問いません。

(2)団体を対象とした「ビジネス部門(事業化を通じて所得向上や雇用を生み出す取組等)」及び「コミュニティ部門(関係者の連携による活動で地域に活力をもたらす取組等)」、個人を対象とした「個人部門(地域でリーダー的な活躍をしている者等)」の3部門を各々募集します。
(3)団体を対象とした2部門の重複応募は出来ませんが、「ビジネス(コミュニティ)部門」と「個人部門」の重複応募は可能です。
また、「個人部門」のみの応募も可能です。
(4)これまでに「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定されている団体は、「個人部門」のみ応募可能です。
詳細は「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第6回選定)応募要領を御覧ください。

3.応募期間
令和元年7月1日(月曜日)から令和元年9月2日(月曜日)まで


4.選定方法
応募資料をもとに、有識者懇談会において総合的に審査し、優良事例を選定します。

(1)団体部門(「ビジネス部門」及び「コミュニティ部門」)
応募状況に応じて、応募の中から両部門計30地区程度を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例として選定し、両部門の中から最優良地区を「グランプリ」として、グランプリ以外で各部門の優良地区を「準グランプリ(各部門)」として選定し、表彰します。
(2)個人部門
応募状況に応じて、応募の中から複数者(5~10名程度)を選定し、その中から優良者を「個人賞」として選出し、表彰します。

5.選定結果及び選定証の交付
選定結果については、10月頃に、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」特設Webサイト等で公表します。また、選定証については、後日、都内で開催される選定証授与式において交付する予定です。

6.応募方法
下記ページ内の応募フォームに必要事項を入力いただき、応募用紙(Wordファイル)を添付のうえ御応募ください。

【応募ページ】https://www.discovermuranotakara.com/sentei/(外部リンク)
応募方法の詳細につきましては、5.その他の〈添付資料〉「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第6回選定)応募要領を御覧ください。

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第回選定)応募要領(PDF : 567KB)
応募用紙(団体)(WORD : 115KB)
応募用紙(個人)(WORD : 115KB)

応募概要(PDF : 738KB)

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」特設Webサイト
https://www.discovermuranotakara.com/(外部リンク)

ディスカバー農山漁村の宝サミット

農林水産省の「農山漁村情報発信事業」の一環として、令和元年6月7日(金曜日)に東京都港区の東京ミッドタウンにおいて、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」サミットを開催しました。
サミットでは、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」第1回から第5回までの選定地区(143地区)の中から、選定後も意欲的に取組を継続している最優良地区を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝大賞」として決定し、和歌山県有田市の株式会社早和果樹園が受賞しました。

ディスカバー農山漁村の宝大賞受賞団体の取組概要(PDF : 398KB)
府県
市町村
団体名 キャッチフレーズ 活動概要 受賞時の様子
和歌山県
有田市
株式会社 早和果樹園 有田みかんの6次産業化や加工品の輸出による地域活性化   高品質の有田みかん生産に取り組むほか、みかんジュース、ジャム、ポン酢など有田みかんに特化した商品開発を推進。生産はICT農業システムを導入し栽培技術の「見える化」を進め、農作業の効率推。
  各種商談会や百貨店等での販売海外へ輸出など、販売促進と消費者のニーズを把握。消費者との交流事業も実施。
  農作業や加工などシニア女性の活躍の場である子会社を設立。
 受賞時の様子


5回選定結果

  平成30年10月17日に、内閣官房及び農林水産省は、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、全国で32地区を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定し、うち近畿農政局管内からは3地区が選定されました。

府県
市町村
団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
京都府
与謝野町
与謝地域⼭村活性化協議会 農福連携で次世代に繋ぐ農村のかたち 地域の未利用農産物を高機能冷凍機により商品開発、販路開拓し、障害者を含む雇用の促進と地域農業を活性化  新商品開発
兵庫県
丹波市
有限会社 こやま園
特別賞
「プロデュース賞」
新丹波ブランド丹波なた⾖茶を世界に発信 原料の栽培から加工販売まで自社で一貫して取り組み、丹波なたまめ茶を国内外に丹波の食材とともに展開  なた豆加工品
奈良県
川上村
⼀般社団法⼈吉野かわかみ社中 室町時代から続く吉野林業を次の500年へ 吉野林業の再興を目指し、『Next500』ビジョンに基づく一貫体制の構築による優良木材の供給  吉野スギ見学ツアー

選定地区の概要(PDF : 1,813KB)

第5回選定の募集内容【終了しました】

1.募集する取組
農山漁村の持つ豊かな自然や食、産物など、埋もれていた資源の活用を行うことにより、都市と農村の交流、6次産業化、移住・定住の推進など農林水産業や地域の活力創造に繋がる取組について幅広く募集します。

2.応募資格
1.に該当する取組を行っている団体とします。自薦・他薦は問いません。
なお、これまでに「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に選定されている団体は、御応募いただけませんので御了承ください。

3.応募期間
平成30年6月1日(金曜日)から平成30年8月13日(月曜日)まで

4.応募方法
下記ホームページ内の応募フォームに必要事項を入力いただき、応募用紙(Wordファイル)を添付のうえ御応募ください。
「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」ホームページ:https://www.discovermuranotakara.go.jp【外部リンク】
応募方法の詳細につきましては、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回選定)応募要領を御覧ください。

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第5回選定)応募要領(PDF : 500KB)
応募用紙(WORD : 437KB)
応募の御案内(PDF : 480KB)

農林水産省ホームページ「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は以下のURLでご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html


4回選定結果

  平成29年10月24日に、内閣官房及び農林水産省は、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、全国で31地区を「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定し、うち近畿農政局管内からは3地区が選定されました。
  なお、11月22日に開催された第3回有識者懇談会において、和歌山県古座川町「古座川ジビエ振興協議会」が特別賞「ジビエグルメ賞」に選定されました。

府県
市町村
団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
京都府
南丹市
美山ふるさと株式会社美山自然文化村 日本の農山村の「暮らし」で稼いでがっちり 地域の観光資源を生かすことこそが、唯一の地域の活性化につながると信じ、農村の暮らしや自然体験、害獣である鹿肉の活用をおこなってきた。  美山画像
京都府
和束町
一般社団法人
えんーTRANCEわづか
基幹産業の6次産業化による挑戦~宇治茶の産地から世界のティーテラスへ~ 茶業の6次産業化による観光産業への参入を目指し、その拠点施設として、「お茶の直売所(和束茶カフェ)」を平成22年6月に生産者を含む地域住民で設立、今や和束の玄関口として観光の一翼を担う。  エントランスわづか画像
和歌山県
古座川町
古座川ジビエ振興協議会

特別賞
「ジビエグルメ賞」
厄介者を地域の宝に!マイナスからプラスへ 有害鳥獣駆除で捕獲されたシカやイノシシを「地域の宝」と位置付け、食文化の創出や観光・産業振興に取組む。  古座川画像

第4回選定の募集内容【終了しました】

1.募集する取組
農山漁村の持つ豊かな自然や食、産物など、埋もれていた資源の活用を行うことにより、都市と農村の交流、6次産業化、移住・定住の推進など農林水産業や地域の活力創造に繋がる取組について幅広く募集します。

2.応募資格
1.に該当する取組を行っている団体とします。自薦及び他薦の方法により御応募ください。

なお、過去に「ディスカバー農山漁村の宝」に選定された団体は応募できませんので御了承ください。

3.応募期間
平成29年6月15日(木曜日)から平成29年9月11日(月曜日)まで(当日消印有効)

(他薦による場合:平成29年6月15日(木曜日)から平成29年9月11日(月曜日)まで(当日消印有効))

※募集期間を変更しております。
※今年からは、応募して頂いた団体の中から各地方農政局等で「地方版ディスカバー農山漁村の宝」の選定も行います。
また、応募して頂いた団体の活動については、ご希望に応じて農林水産省のSNSで紹介していきます。

4.応募方法
応募方法の詳細につきましては、以下の応募要領、応募用紙を御覧下さい。
「ディスカバー農山漁村の宝」(第4回選定)応募要領(PDF:405KB)
応募用紙(自薦)(Word:618KB)
応募用紙(他薦)(Excel:563KB)
応募の御案内(PDF:304KB)

農林水産省ホームページ「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は以下のURLでご覧になれます。
http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html 

第3回選定結果

平成28年10月17日に、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、全国で30地区が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定され、うち近畿農政局管内からは4地区が選定されました。
団体名をクリックすると、訪問結果の詳細がご覧になれます。順次掲載予定。

府県市町村 団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
兵庫県養父市 畑特産物生産出荷組合(PDF : 394KB) 集落ビジネスによる地域活性化~朝倉山椒を海外へ~ 大学等の協力により地域で生産される朝倉山椒を使った新商品の開発。直売所等による販売のほか、ミラノ万博関連イベントに出展、イタリアに商品を輸出。山椒の1次加工について、障がい者団体に委託を行うなど農と福祉の連携に係る取組を実施。 畑特産物生産出荷組合
奈良県山添村 山添村波多野地区活性化協議会「かすががーでん」(PDF : 629KB) 農業体験で茶畑を再生「世界一の紅茶・紅誉復活」 耕作放棄地を借り受け、都市住民の農作業体験活動を通じた農地再生活動、郷土料理の体験を実施。再生した茶園において、茶摘み、手もみ体験を実施するとともに、生産された茶葉から紅茶を製造・販売。かつてロンドンの品評会で最優秀と評価された品種の復活に取り組む。 山添村波多野地区活性化協議会
和歌山県有田川町 株式会社ふみこ農園 農産漁村の活性化の源となるキッチンの設立 地域の柿や桃、みかん等果物、梅などの農作物の加工品を製造。全国から量販店、通信販売会社、百貨店の関係者を招き、自社商品のほか地域の商品の商談の場所を提供し、地域問屋業としての役割を発揮。 ふみこ農園
和歌山県紀の川市 紀の里農業協同組合 農業体験で、都市と農村、人と人をつなぐ 直売所における販売事業のほか、体験交流事業を展開。田植えや稲刈りなどの農作業体験、ジャム等の調理加工体験などの日帰り体験や農家民泊を活用した多様な交流プログラムを整備。Wi-Fi環境や免税店の登録などインバウンドツアーの受入も積極的に取り組む。 紀の里農業協同組合

第3回選定の募集内容【終了しました】

1.募集する取組
地域において、新たな需要の発掘・創造や埋もれていた地域資源の活用を行うことにより、農林水産業・地域の活力創造につながる、次のいずれかに該当する取組とします。

  • 美しく伝統ある農山漁村を次世代へ継承する取組(例:歴史的景観、伝統、自然等の保全・活用を契機とした農山漁村活性化を図る取組、消費者や住民のニーズを踏まえた都市農業の振興に関する取組など)
  • 幅広い分野・地域との連携により農林水産業・農山漁村を再生する取組(例:6次産業化、農福連携、震災復興、都市と農山漁村の共生・対流を推進する取組、女性・高齢者の活躍する取組など)
  • 国内外の新たな需要に即した農林水産業を実現する取組(例:学校給食等食育を推進する取組、農山漁村に外国人観光客を呼び込む取組、農林水産物の輸出に向けた取組など)

2.応募資格
1.に該当する取組を行っている団体とします。該当する取組を行っている団体とします。自薦及び他薦の方法により御応募ください。

過去に「ディスカバー農山漁村の宝」に選定された団体は応募できませんので御了承ください。

3.応募期間
平成28年6月14日(火曜日)から平成28年8月15日(月曜日)まで(当日消印有効)

(他薦による場合:平成28年6月14日(火曜日)から平成28年8月1日(月曜日)まで(当日消印有効))

4.応募方法
応募方法の詳細につきましては、以下の農林水産省リンク先にある応募要領、応募用紙を御覧下さい。

 第2回選定結果 

平成27年9月30日に、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、全国で27地区が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定され、うち近畿農政局管内からは3地区が選定されました。
団体名をクリックすると、訪問結果の詳細がご覧になれます。順次掲載予定。

府県市町村 団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
和歌山県有田市 株式会社早和果樹園(PDF : 476KB) 有田みかんの6次産業化による地域活性化 高品質の有田みかんの生産に取り組むほか、ミカンジュース、ジャム、ポン酢など有田みかんに特化した商品開発を推進。ICT農業システムを導入し、栽培技術の「見える化」により農作業の効率化を推進。農作業や加工などシニア女性の活躍の場として子会社を設立。 早和果樹園
滋賀県野洲市 せせらぎの郷(PDF : 547KB) 生きものと人が共存できる農業を目指して 大人から子どもまでが一丸となって「魚のゆりかご水田」のための魚道づくりや生きものに配慮した米作り(減農薬・無科学肥料)を実施。また、6次産業化の取組として、日本酒の製造・販売を行うなど、環境と経済の両立を視野に入れた活動を展開。 せせらぎの郷
和歌山県田辺市 農業法人株式会社秋津野 都市と農業の交流施設 秋津野ガルテン(廃校舎を活用した施設で日本型グリーン・ツーリズムの推進) 都市と農村の交流を図り、地域を活性化。農家レストラン事業、宿泊事業、農業体験(収穫体験・加工体験)事業、みかんのオーナー制度事業、地域づくり学習事業、市民農園事業に取り組み、学校跡地と地域にある全ての資源を活用した日本型グリーンツーリズムを推進。 秋津野

 

 第1回選定結果 

平成26年5月13日に、首相官邸において、第2回有識者懇談会を開催し、全国で23地区が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定され、うち近畿農政局管内からは3地区が選定されました。

府県市町村 団体名 キャッチフレーズ 活動概要 取組写真
大阪府泉南市 ハートランド 障がい者雇用の職域として農業の可能性へのチャレンジ 株式会社が障害者雇用促進を目的とした特例子会社を設立することによる「障がい者を主人公」とした農業ビジネスモデルを確立。
近畿フォトレポート
ハートランド従業員
奈良県奈良市 植村牧場 日本一遅れた牧場と奈良の名物アイス 障がい者、高齢者を常時雇用して牧場を経営。自家生乳でアイスクリーム等を製造、販売。県、大学、と共同で新商品も開発。
フォトレポート(奈良県拠点)
牛舎
和歌山県那智勝浦町 色川地域振興推進委員会 移住者受け入れをバネに地域再生 新規定住希望者や農業実習希望者などの受入を、地域ぐるみで一体的に対応。 農業体験

お問合せ先

農村振興部農村計画課

担当者:課長補佐(農村計画推進)
ダイヤルイン:075-414-9050
FAX番号:075-451-3965

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader