このページの本文へ移動

東北農政局

メニュー

事業の目的・概要

概   要

   本地区は、山形県の庄内平野に位置する鶴岡市、酒田市及び東田川郡庄内町にまたがる5,921ha の水田地帯で、水稲を中心に、水田の畑利用による大豆、そば、野菜等を組み合わせた農業経営が展開されています。
   本地区の農業水利施設は、県営かんがい排水事業(昭和40年度~昭和52年度)等により造成され、湛水被害の軽減に寄与してきましたが、近年の降雨量の増加や土地利用の変化に伴い、地区内では排水能力以上の排水が施設に流入し、湛水被害が生じています。
   また、経年的な施設の劣化により排水機場ではポンプ設備からの油漏れ、排水路では今リートブロック積み護岸が欠損するなど、排水機能に支障を来しているとともに維持管理に多大な労力を要しています。
   このため、本事業では、排水系統の再編を行うとともに、排水機場及び排水路の改修等を行い、併せて関連事業において排水施設を整備することにより、排水機能の強化による湛水被害の軽減と維持管理の労力の軽減を図り、農業生産性の維持向上及び農業経営の安定に資することを目的としています。




〇受益面積


〇排水計画















お問合せ先

最上川下流左岸農業水利事業所
〒999-7781 山形県東田川郡庄内町余目字上梵天塚15(最上川土地改良区 1階)
電話:0234-28-8316
FAX:0234-28-8381