このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

旅行者(携行品)

植物にも検疫が必要です。

植物の病害虫の侵入・まん延を防ぐための国際的な規制があります。
このページでは、個人で植物類を海外から持ち込んだり海外へ持ち出したりする方のための情報を提供しています。

海外から植物を持ち込む時

輸入検査

 

 

 

 

 海外へ植物を持ち出す時

輸出検査 渡航先の検疫条件の確認へ 輸出植物検査について

 海外からの植物の持込みについて

  海外から手荷物として植物を持ち込む際は、入国審査後、税関検査場内にある「植物検疫カウンター」で税関検査の前に植物検疫の検査を受ける必要があります。

  国・地域によって持ち込みが禁止されている種類があるなど、海外から植物を持ち込む場合には規制があります。

  規制の内容については、「よくあるご質問(海外旅行編)」を見ていただくか、お近くの植物防疫所へお問い合わせください。

  お土産や、インターネットショッピングなど個人用で少量のものであってもこの規制が適用されますので、ご注意ください。

 海外から植物を送付した場合は、日本に届いた際に郵便局又は植物防疫所で植物検疫の検査が行われています。

 海外から植物を持ち込む場合の植物検疫のお知らせもご覧ください。

簡易検索(持込み)

よくあるご質問(持込み)

植物類を持ち込まれた場合には、税関検査の前に必ず「植物検疫カウンター」にお立ち寄りください。

 

海外への植物の持出しについて

  諸外国においても自国の状況に応じて植物検疫が実施されています。

  日本からの持込みが禁止されている植物があるか、輸出検査が必要かなどの規制は、輸出相手国・地域によって異なりますので、事前に「旅行者用簡易検索情報」またはお近くの植物防疫所でご確認ください。

  相手国から検査証明書(植物検疫証明書又はphytosanitary certificateとも言います。)の提出を求められている場合は、お近くの植物防疫所(国際空港内にもあります)で検査を受け、検査証明書を入手してください。

簡易検索(持出し)

よくあるご質問(持出し)

 

 

 

国内での植物の移動について

  国内の植物であっても、病害虫のまん延を防止するため移動が規制されているものがあります。

  お土産や、インターネットショッピングなど個人用で少量のものであってもこの規制が適用されますので、ご注意ください。

移動規制情報

よくあるご質問(国内)

気をつけて!持ち出せない植物があります