このページの本文へ移動

近畿農政局

メニュー

農福連携の推進


農福連携(障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組)に関する情報や近畿地域の取組を紹介しています。

お知らせ  令和3年度農山漁村振興交付金(農福連携対策)の概算決定について

令和3年度の農福連携対策に係る事業の詳細はこちらを参照して下さい。
農山漁村振興交付金(農福連携の推進)(PDF : 1,772KB)

令和3年度の農福連携対策に係る事業の紹介動画

1.近畿ブロック「農と福祉の連携による就労・雇用促進ネットワーク」について

社会の高齢化・成熟化の進展に伴い、農山漁村、都市地域及びその周辺地域では「農」に対する多様なニーズが生まれてきており、農と福祉の連携による障害者の就労や雇用等を目的とした農園の開設等も増えてきています。

このような農と福祉の連携による就労・雇用の取組の推進を図ることを目的として、近畿農政局では、”近畿ブロック「農と福祉の連携による就労・雇用促進ネットワーク」”を設立し、関係機関が相互の情報共有を図るための仕組みづくりを行っています。

規約(PDF : 101KB)

参加を希望される方は、下の「参加登録票」により登録願います。

 参加登録票はこちらです(WORD : 32KB)(登録による会費等、参加者の負担は発生いたしません。)

2.近畿地域での「農福連携」の取組事例

動画で見る

障がい者が、農作業や地域との交流に活躍している姿をぜひご覧ください。
(撮影協力:社会福祉法人 京都聴覚言語障害者福祉協会 就労継続支援B型事業所「山城就労支援事業所 さんさん山城」)


フォトレポートで見る

近畿地域で、障がいのある方等が農業分野で活躍する「農福連携」に取り組む農家のみなさんをご紹介します。

事例集で見る

農福連携事例集(近畿版) (令和2年12月公表)(PDF : 1,121KB)
他の取組と比較した際の特徴点を強調しつつ、農業と障害福祉サービス事業における経営的効果を中心に記載しています。


農福連携の取組実践事例集(平成31年3月公表)(PDF : 6,860KB)
全国における代表的な取組について、5つの取組形態に分類し、掲載した事例です。
生じた課題とその解決方法を中心に記載しています。

ノウフクアワード2020優秀賞(令和3年3月公表)(PDF : 443KB)
  農福連携等応援コンソーシアムは、農福連携に取り組んでいる優れた事例を表彰し、全国への発信を通じて他地域への横展開を図るため「ノウフク・アワード2020」を実施し、2020年度は16団体が優秀賞として選定され、近畿管内からは以下の3団体が選定されました。
  また、優秀賞を受賞した団体から、グランプリ及び審査員特別賞として8団体が選定され、近畿地区では赤文字の2団体が選定されています。

  1. 特定非営利活動法人HEROES(京都府京都市)「審査員特別賞」(PDF : 375KB)
  2. 社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会 さんさん山城(京都府京田辺市)(PDF : 448KB)
  3. 社会福祉法人青葉仁会 あおはにファーム(奈良県奈良市)「審査員特別賞(地域を耕すの部)」(PDF : 216KB)

ノウフク・アワード2020優良事例(近畿版)(令和3年3月公表)(PDF : 1,912KB)
ノウフク・アワード2020応募の取組のうち、表彰されたもの以外においても素晴らしい取組があることを知っていただくために、近畿地区において優秀賞3団体に1団体を加えた4団体の優良事例を発表しています。

3.農福連携の推進

4.シンポジウム・セミナー

農福連携推進近畿ブロックセミナー「広がる農福連携の輪」
1.開催日時:令和2年2月6日
2.会場:キャンパスプラザ京都5階第1講義室
3.主催:近畿農政局、京都大学大学院農学研究科「寄附講座「農林中央金庫」次世代を担う農企業戦略論」
4.プログラム
(1)基調講演「農福は地球を救うか」
講演者:日本農福連携協会会長皆川芳嗣氏
「農福連携で何が変わるか?」
講演者:農林水産省農林水産政策研究所企画広報室長吉田行郷氏
(2)施策の紹介
「ノウフクJASについて」一般社団法人日本基金理事木下卓氏
(3)パネルディスカッション
テーマ「福祉事業の多様化と持続可能性」
パネリスト
日本農福連携協会会長皆川芳嗣氏
農林水産省農林水産政策研究所企画広報室長吉田行郷氏
さんさん山城施設長新免修氏
有限会社ポニーの里ファーム代表取締役明見美代子氏
コーディネーター
京都大学大学院農学研究科特定准教授横田茂永氏
京都大学大学院農学研究科 助教川﨑訓昭氏
基調講演会場風景


近畿ブロック農福連携シンポジウム「未来につなぐ農福連携~持続性のある農業と福祉の連携~」
1.開催日時:平成31年1月22日
2.会場:キャンパスプラザ京都5階第1講義室
3.主催/共催
主催:近畿農政局、京都大学大学院農学研究科「寄附講座「農林中央金庫」次世代を担う農企業戦略論」
共催:きょうと農福連携センター(京都府庁内)
4.プログラム
(1)基調講演「~コクヨグループの農福連携の取組~」
講演者:ハートランド株式会社代表取締役社長  谷健次氏
(2)取組事例の紹介
きょうと農福連携センター(京都府庁内)
(3)施策等の紹介
農林水産省農村振興局農村政策部
(4)パネルディスカッション
テーマ「持続性のある農業と福祉の連携」
パネリスト
ハートランド株式会社代表取締役社長  谷健次氏
社会福祉法人よさのうみ福祉会リフレかやの里  藤原さゆり氏
京都大学大学院農学研究科博士課程  植田剛司氏
きょうと農福連携センター(京都府庁内)
コーディネーター
京都大学大学院農学研究科横田茂永特定准教授、川﨑訓昭特定助教
基調講演会場の様子

近畿ブロック農福連携シンポジウム「はじめるつづける農福連携」
1.開催日時
平成30年1月24日(水曜日)13:30~17:30
2.会場
キャンパスプラザ京都 4階第3講義室
3.主催/後援
主催:農林水産省近畿農政局、京都大学大学院農学研究科「寄附講座「農林中央金庫」次世代を
担う農企業戦略論」
後援:京都府、全国農福連携推進協議会
4.プログラム
(1)基調講演
「農福連携の情勢と全国動向~事業・経営のあり方について~」
講演者 全国農福連携推進協議会会長(JA共済総合研究所主任研究員) 濱田健司 氏
(2)施策等の紹介
農林水産省、厚生労働省、京都府
(3)パネルディスカッション
テーマ 「経営の持続には何が大切なのか?~実践報告から~」
パネリスト
(株)いずみエコロジーファーム 神﨑裕也社長
植村牧場(株) 黒瀬礼子社長
全国農福連携推進協議会 濱田健司会長
コーディネーター
京都大学大学院農学研究科 坂本清彦特定准教授、川﨑訓昭特定助教
基調講演会場の様子




5.リンク・パンフレット・マニュアル

リンク

農福連携等推進会議(内閣官房WEBサイト)
農福連携等推進ビジョン(PDF : 376KB)
農福連携等推進ビジョンの概要(PDF : 326KB)

パンフレット・マニュアル

農福連携を広く知りたい方へ
『福祉分野に農作業をver.8』(PDF : 4,029KB)

分割版
福祉分野に農作業を(分割版1)(PDF : 1,797KB)
福祉分野に農作業を(分割版2)(PDF : 1,583KB)


取組手順を知りたい方へ (農業者・障害福祉サービス事業所向け)
農福連携スタートアップマニュアル 第1分冊(PDF : 1,520KB)


取組手順を知りたい方へ(地方自治体・JA向け)
農福連携スタートアップマニュアル 第2分冊(PDF : 871KB)


障がい者の受入れを始めたい方へ
『農業分野における障害者就労マニュアル』(PDF : 1,496KB)

障がい者に適した作業を知りたい方へ
『農業分野における障害者就労の手引き』(PDF : 2,898KB)

分割版
『農業分野における障害者就労の手引き』(分割版1)(PDF : 2,004KB)
『農業分野における障害者就労の手引き』(分割版2)(PDF : 1,399KB)

お問合せ先

農村振興部農村計画課
担当者:推進係
代表:075-451-9161(内線2423)
ダイヤルイン:075-414-9051
FAX:075-451-3965

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader