このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

地産地消って何がいいの?

地産地消を取り組むことは、消費者、生産者、生産と消費をつなぐ者にとっては、次のような利点があると考えられます。

 

消費者にとっては

  • 身近な場所から、新鮮で、より安価な農産物を得ることができる。
  • 消費者自らが生産状況等を確認でき、安心感が得られる。
  • 食と農について親近感を得るとともに、生産と消費の関わりや伝統的な食文化について、理解を深める絶好の機会となる。
  • 環境に優しい生活につながる。等

 

生産者にとっては

  • 消費者との顔が見える関係により地域の消費者ニーズを的確にとらえた効率的な生産を行うことができる。
  • 流通経費の節減により生産者の手取りの増加が図られ、収益性の向上が期待できる。
  • 生産者が直接販売することにより、少量な産品、加工・調理品も、さらに場合によっては不揃い品や規格外品も販売可能となる。
  • 対面販売により消費者の反応や評価が直接届き、生産者が品質改善や顧客サービスに前向きになる。等

 

生産と消費をつなぐ者にとっては

  • 市町村や栄養士には、学校給食で地場農畜産物を利用することで、生徒等の食育の推進につながる。
  • スーパーマーケットには、地場農産物コーナーの設置で新鮮で安心な農産物を求める消費者を確保できる。
  • 料理店や旅館には、地元食材を活用した特徴のあるメニューを提供することで、地元や観光客を集めることができる。
  • 食品製造業者には、地元食材を利用することで、流通経費や環境負荷の軽減につながる。等

 

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品・連携課

担当者:地域食品・連携班
代表:052-201-7271(内線2735)
ダイヤルイン:052-223-4602
FAX番号:052-219-2670