ホーム > 政策情報 > 経営 > 担い手の育成


ここから本文です。

担い手の育成

農林水産省では、地域農業の担い手の育成・確保に取り組んでいます。 

認定農業者

認定農業者制度は、経営改善に取り組む意欲のある農業者が、「農業経営のスペシャリスト」を目指すための「農業経営改善計画」を作成し、市町村が認定するものです。いきいきファーマー(認定農業者)

農業経営改善計画の認定状況

* 農業経営改善計画の認定状況(全国) (農林水産省へリンク)

優良経営体表彰 (農林水産省へリンク)

集落営農の組織化・法人化

集落営農とは、集落共同で営農を行うことをいいます。

これからの地域の農業を担う集落営農は、将来的に効率的で安定した経営を行うことができるよう、組織の運営や経理の面でしっかりしていくことが必要です。

* 集落営農の解散、脱退等に関する実態把握結果 (農林水産省へリンク)

* 集落営農の組織化・法人化 (農林水産省へリンク)

農業経営の法人化

集落営農への取組は、地域の実情に応じて多様であり画一的ではありませんが、効率的・安定的な経営体として永続性を確保するためには、任意組織の形態から、成熟度の高い法人形態をとることが適当です。

* 農業経営の法人化 (農林水産省へリンク)

金融、税制、農業者年金に関する情報

農業の担い手に対しては、低利資金の融資、税制特例、農業者年金などの各種の支援措置が用意されています。

農業法人設立への不正勧誘にご注意を!

実在しない助成金や補助事業、又は、これらに類する文書を配布して法人の設立を持ちかけられた場合、あるいは、不審に思われた場合は、農林水産省へご相談ください。

農業担い手メールマガジン

担い手育成の取組事例、水田経営所得安定対策に関する疑問や質問等の最新情報をお届けしています。

* 農業担い手メールマガジン (農林水産省へリンク)

ページトップへ

北陸農政局案内

リンク集