このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

令和3年度 食育の取組紹介

目次

  • 石川県料理学校協会 「じわもん石川おうちDEランチ笑顔の一皿コンテスト」(石川県金沢市)【令和3年11月14日】

石川県料理学校協会 「じわもん石川おうちDEランチ笑顔の一皿コンテスト」(石川県金沢市)【令和3年11月14日】


石川県料理学校協会が主催する、「じわもん石川おうちDEランチ笑顔の一皿コンテスト」の2次審査(料理実技選考)が青木クッキングスクール(石川県金沢市)で行われました。182点の応募の中から10組が1次選考(書類選考)を通過し、そのうち9組が2次審査に参加しました(都合により1組が不参加)。審査員が見守る中、1時間の制限時間の中で、石川県産食材をいかした、おうちで食べるランチの一皿を作り上げました。
北陸農政局からは、経営・事業支援部 川口地域食品・連携課長が審査員として出席しました。

笑顔の一皿コンテスト 募集チラシ抜粋版 
  • 主催
    石川県料理学校協会
    (青木クッキングスクール、金沢製菓調理専門学校、中田料理学園)
  • 審査員
    青木クッキングスクール 校長 青木 悦子 氏(石川県料理学校協会会長
    学校法人北川学園 金沢製菓調理専門学校 講師 乙川 美和 氏
    石川県栄養士会 理事 田中 弘美 氏

    北陸農政局経営・事業支援部 地域食品・連携課長 川口 健史
開会挨拶をする青木会長
開会挨拶をする青木会長
挨拶をする北陸農政局経営・事業支援部川口地域食品・連携課長(審査員)
挨拶をする北陸農政局経営・事業支援部 川口地域食品・連携課長(審査員)
一斉に調理を開始する参加者
一斉に調理を開始する参加者
持参した新鮮な鯖を調理している様子
持参した新鮮な鯖を調理している様子


石川県料理学校協会の青木会長(青木クッキングスクール校長)からは、「きらめきやときめきが大切。緊張すると思うが、楽しみながら挑戦してほしい」と、開会の挨拶がありました。初めは表情が硬かった参加者も、調理が進むにつれて表情が明るく、生き生きとしていきました。2人で相談しながら分担したり、1人で手順を考えながら作業したり、真剣ながらも楽しみつつ、自身で考案した一皿を作り上げていきました。



審査員の質問に答えながら調理する参加者

2人で協力して調理する様子
2人で協力して調理する様子
慣れた手つきで食材を切っていく参加者
慣れた手つきで食材を切っていく参加者
丁寧におにぎりを焼く参加者
丁寧におにぎりを焼く参加者


2次審査では、石川県の地元食材をいかしているか、いろどり、味、アイデアのほか、材料を無駄にせず、手際よく仕上げているかが審査のポイントになっていました。 審査員は、参加者の手元や調理の様子を見たり、参加者がなぜそのメニューを考案したのか、おうちで誰と食べることを考えて作ったか等を聞いたりし、審査をしていました。

最優秀賞を受賞した田井友美さん
最優秀賞を受賞した田井友美さん
田井友美さんの考案したごっつぉそうめん
田井友美さんの考案したごっつぉそうめん


最優秀賞は、金沢製菓調理専門学校の田井友美さんの、「ごっつぉそうめん」。「夏だけではなく、夏が終わった後にストックとして残りがちなそうめんをいかして、家で簡単に作れて野菜が摂れるメニューを考えました。」とのこと。休日の定番メニューになりがちなそうめんを、ごちそうにして家族で食べたいという想いから考案したそうです。

優秀賞「石川根菜バーグプレート」
優秀賞「石川根菜バーグプレート」
優秀賞「シャキシャキ加賀れんこんのはさみ焼き定食」
優秀賞「シャキシャキ加賀れんこんのはさみ焼き和定食」
特別賞「海と陸の和風出汁」
特別賞「海と陸の和風出汁」
表彰作品

最優秀賞

 「ごっつぉそうめん」 田井 友美  さん

優秀賞
 「石川根菜バーグプレート」 本多 心  さん、北野 蒼海  さん

優秀賞
 「シャキシャキ加賀れんこんのはさみ焼き和定食」 高谷 知衣菜  さん

特別賞
 「海と陸の和風出汁」  平松 拓  さん




参加者が仕上げた一皿には、加賀れんこんや赤ずいきといった加賀野菜をはじめ、石川県産食材が彩りよく盛り付けられ、どの一皿も、食べる人の笑顔が目に浮かぶ一皿でした。審査員からは、「どれもおいしい一皿だった。おいしいということは、食べさせたい人がいる、ということ。」、「SDGsの観点からも、地産地消の視点をもって、料理を続けてほしい」、「石川県は、素晴らしい食材がそろっている。食材への感謝をもって料理を作ってほしい」といった講評が寄せられました。

お問合せ先

消費・安全部 消費生活課

担当者:「食育ネットほくりく」事務局
ダイヤルイン:076-232-4227
FAX:076-261-9523

経営・事業支援部 地域食品・連携課

担当者:地域食品・連携専門官
ダイヤルイン:076-232-4890
FAX:076-232-4178

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader