このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

丸山 優樹(まるやま ゆうき)

クローズアップ研究者のページを見る

1. 専門分野

農業経済学や実験経済学を用いた消費者行動分析

2. 略歴

 千葉県出身
2015年   筑波大学 生命環境学群 生物資源学類 卒業
2017年   筑波大学大学院 生命環境科学研究科 生物資源科学専攻 博士前期課程修了
2021年   筑波大学大学院 生命環境科学研究科 国際地縁技術開発科学専攻 博士後期課程修了 博士(農学)
2021年   農林水産政策研究所 研究員

3. 発表論文等

学会誌(査読付き)

4. 学会発表等

  • Maruyama Yuki, Lahrech Taha Mohamed, Kashiwagi Kenichi, Benabdellah Majid, Ibnezzyn Noureddine, Isoda Hiroko, Consumer preference for edible argan oil in the Japanese consumers. Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2019 (TJASSST 2019), November 2019, Sousse, Tunisia. (口頭発表)
  • Maruyama Yuki, Nakamura Takashi, Ujiie Kiyokazu, Cherif Oould Ahmed, Bouya Ould Ahmed, Irie Mitsuteru, Evaluation of the optimum flooding control and water use scenario for agricultural development along Senegal River, Mauritania. The 38th International Association for Hydro-Environment Engineering and Research (IAHR) World Congress, September 2019, Panama City, Republic of Panama. (口頭発表)
  • 丸山優樹、入江光輝、Cherif Ould Ahmed、Bouya Ould Ahmed、氏家清和、モーリタニアにおける稲作農家の技術効率性の評価―包絡分析の適用―.第30回日本沙漠学会、2019年5月、東京. (ポスター発表)
  • 丸山優樹、氏家清和、入江光輝、Cherif Ould Ahmed、Bouya Ould Ahmed、モーリタニアにおける消費者のコメ選好評価―ベスト・ワースト・スケーリングによる接近―.日本農業経済学会、2019年3月、東京.(ポスター発表)
  • 丸山優樹、氏家清和、Cherif Ould Ahmed、Bouya Ould Ahmed、入江光輝、モーリタニアにおける消費者のコメ選好に関する評価 -選択実験による接近-.2018年度日本フードシステム学会、2018年6月、東京.(口頭発表) 
  • Maruyama Yuki, Nakamura Takashi, Bouya Ould Ahmed, Cherif Ould Ahmed, Ujiie Kiyokazu, Irie Mitsuteru, Discussing the proprieties of conventional assessment to the flood control investment focused on the undeveloped area. The 6th International Conference on Flood and Urban Water Management (FRIAR 2018), May 2018, A Coruna, Spain. (口頭発表)
  • Maruyama Yuki, Bouya Ould Ahmed, Cherif Ould Ahmed, Irie Mitsuteru, Ujiie Kiyokazu, Evaluation of flood control effect for agricultural development along Senegal River Banks in Mauritania. The 10th Japan-China-Korea Graduate Student Forum 2017, September 2017, Beijing, China. (口頭発表)
  • Osawa Masaki, Ben Taieb Seif, Maruyama Yuki, Ujiie Kiyokazu, Changes in Vegetables Consumption after Nuclear Power Plant Accident ― Scanner Panel Data Approach of Japanese Mustard Spinach. European Association of Agricultural Economists congress 2017, August 2017, Parma, Italy. (ポスター発表)

5. 所属学会

日本フードシステム学会、日本農業経済学会、日本沙漠学会

6. 受賞

  • 2020年3月  生命環境科学研究科長賞(博士論文), 筑波大学
  • 2019年5月  ベストポスター賞, 日本沙漠学会
  • 2019年3月  ポスター賞, 日本農業経済学会
  • 2017年9月  3rd Award of Proud Presentation, 10th Japan-China-Korea Graduate Student Forum 2017
  • 2017年3月  生物資源科学専攻長賞(修士論文), 筑波大学
  • 2016年6月  ベストポスター賞, 日本沙漠学会

 

[更新日:2021年4月2日]

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600