このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

環境に配慮した農業生産活動による生態系及び社会経済等持続可能性の総合的評価手法の開発「環境保全型農業による社会経済的影響の評価と生態系への影響も合わせた総合的評価手法の開発」(連携研究スキームによる研究)

1.研究の背景

  近年、持続可能な開発目標(SDGs)等において、持続可能な社会の構築が強く求められており、農業分野においてもこれへの貢献が期待されている。また、中長期的な観点から、経済と環境が好循環するグリーン社会の実現に向けて、食料の安定供給・農林水産業の持続的発展と地球環境の両立が重要となる。そして、そのような社会の実現にあたっては、我が国の食料・農林水産業を取り巻く状況やグリーン化に向けた取組等への国民理解の促進や、科学的な知見に基づいた合意形成が必要となる。

  農業は生物の生理作用を活用した生産活動である一方、水・土壌管理等を通じて、環境への負荷を生じさせており、今後、生態系など環境への配慮をしつつ経済的にも成り立つ持続可能な農業を推進するためには、農業空間が生み出す人々への便益(生態系サービス)の価値を正しく理解し、生態系及び社会経済への影響を総合的に評価・見える化する必要がある。

  そこで本研究では、環境に配慮した農業の取組事例(例えば、総合的病害虫管理(IPM)、湛水管理、粗放的栽培等を取り入れた事例)について、生態系及び生態系サービスに与える影響と社会経済的な影響を総合的に評価するための手法を開発し、その試行的適用を行う。

2. 研究内容

  令和4年度は、昨年度決定した研究対象地域において、社会的価値評価手法等を活用し文化的サービスに関する調査・分析を実施する。また、総合的な評価に関する既存文献サーベイに基づく総合評価手法のフレームワークを検討する。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600