このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

地域農業の持続可能性の向上に向けた農業法人の総合的企業価値の評価手法の開発(連携研究スキームによる研究)

1.研究の背景

  我が国では、農業の担い手としての農業法人の役割がますます拡大しつつあるが、国際的な競争の激化や生産性の停滞等国内外の厳しい経済環境の中で、それら法人を維持・発展させていくことが求められている。同時に、みどりの食料システム戦略の目的にも掲げられるように、環境・社会の両面から持続可能な食料システムを構築することは農林水産業の長期的発展にとって重要課題であり、地域社会・地域農業に与える影響が大きな農業法人に対する期待は大きい。

  経済・社会・環境の側面から持続可能な地域農業を実現するためには、農業法人等の適切な企業価値評価(外部環境の評価含む)と、それに基づいた支援が必要である。しかし、農業法人においては、そもそも適切な企業価値評価を行うための枠組みが確立されていない。さらに、農業法人を他産業の中小企業と比較してみた場合、地域社会との関係や地域の自然環境との関連が深いといった特徴があり、それらの点を考慮した企業価値評価の手法の開発が必要である。

  そこで本研究では、地域農業の持続可能性の向上に向けて経済・社会・環境の側面から農業法人の企業価値を総合的に評価する手法を開発し、その試行的評価を実施することを目的とする。

  具体的には、農林水産政策研究所では農業法人の持つ社会的及び環境的機能の理論的な整理を行い、さらに、そうした機能を考慮した企業価値の評価手法の開発を行う。これと併せて、農林水産政策研究所に知見の少ない一般的な企業価値評価(例えば企業の財務や法務、事業評価等)の農業分野への適用に向けた理論的検討や評価手法の開発を委託研究で行う。そして双方を連携させて進めることで、地域農業の持続可能性の向上に資する農業法人の総合的企業価値の評価手法を確立する。

2. 研究内容

(1)農業法人の社会・環境的機能の評価指標の開発及び妥当性の検討

  社会的企業論や多面的機能に関する研究、経営体の人的資源管理論等を参照し、農業法人の社会・環境的機能の評価指標を開発する。さらに、農業法人へのアンケート調査などを用いて、その指標の妥当性を検討する。

(2)農業法人の総合的企業価値と試行的評価に関する研究

  (1)での評価指標を踏まえ、社会・環境的機能を発揮していると考えられる農業法人を対象に、総合的企業価値の試行的評価を実施する。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600