このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

東海農政局鳥獣害対策メールマガジン第54号(令和2年11月30日)

目次

  1. 「ジビエを食べよう」~東海農政局地下食堂で鹿肉を使ったメニューを提供します~(開催日:12月14日)
  2. 全国ジビエフェア2020を開催しています(開催期間:11月1日から2月28日)
  3. みえジビエフェアSeason6を開催しています(開催期間:11月1日から2月28日)
  4. シカ肉・イノシシ肉の愛称募集について(応募締切:令和2年12月11日)
  5. 地域ぐるみの鳥獣被害対策セミナーについて(開催日:12月6日)
  6. 国産ジビエ認証施設の第16号、第17号認証について(北海道)

1.「ジビエを食べよう」~東海農政局地下食堂で鹿肉を使ったメニューを提供します~(開催日:12月14日)

東海農政局は、ジビエの消費拡大を図るため、東海農政局地下食堂「中京クッキング」の協力の下、東海地域産鹿肉を使ったメニュー「鹿肉の麻婆豆腐丼(スープ・ナムル付)」を提供します。
価格は税込み650円、45食限定です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/tokai/press/noson_kankyo/201130.html

2.全国ジビエフェア2020を開催しています(開催期間:11月1日から2月28日)

農林水産省は、全国的なジビエの認知向上、普及、需要拡大のため、「全国ジビエフェア」を開催しています。
飲食店情報やキャンペーン情報がウェブページで公開されていますので、是非お出かけください。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/201030_27.html(農林水産省へリンク)
https://gibierfair.jp/(飲食店情報掲載ページ)(外部リンク)

3.みえジビエフェアSeason6を開催しています(開催期間:11月1日から2月28日)

ここに文字を入力してください。三重県では、秋からのジビエシーズンを迎えるにあたり、より一層みえジビエの魅力に触れていただくことを目的に、「みえジビエフェアSeason6」を開催しています。
フェア参加店舗において、「鹿肉のロースト」、「鹿肉のハンバーグ定食」等の特別メニューの提供や、自宅で調理できる加工品等の販売を行うほか、フェア期間内に、ご自身で調理またはみえジビエ登録店で食べたみえジビエ料理の写真をSNSへ投稿し、みえジビエの魅力を発信していただくキャンペーンを実施しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0024500236.htm(外部リンク)

4.シカ肉・イノシシ肉の愛称募集について(応募締切:令和2年12月11日)

農林水産省は、消費拡大を促進するため、「シカ肉」「イノシシ肉」のより身近で親しみやすく、みんなが食べたくなるおいしさのイメージがわく「愛称」を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/201030.html(農林水産省へリンク)

5.地域ぐるみの鳥獣被害対策セミナーについて(開催日:12月6日)

(株)パソナ農援隊は、名古屋市において、狩猟に興味のある方、移住に興味のある方、地方と関わりたい方を対象に、鳥獣被害対策を通して地方と関わる、暮らすための学びを深め、人材募集している地方とのつながりの構築を図るセミナーを開催します。
参加費は無料です。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://pasona-nouentai.co.jp/event/289(外部リンク)

6.国産ジビエ認証施設の第16号、第17号認証について(北海道)

農林水産省では、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図るため、衛生管理基準及びカットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保等に適切に取り組む食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制度」を平成30年5月に制定したところです。
令和2年10月に、国産ジビエ認証施設(第16号)として、株式会社サロベツベニソンが運営する食肉処理施設「株式会社サロベツベニソン」(北海道豊富町)が、第17号施設として、株式会社アイマトンが運営する食肉処理施設「北海道シュヴルイユ浦臼工場(浦臼町ジビエ処理加工センター)」(北海道浦臼町)が認証されました。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/201009.html(第16号)(農林水産省へリンク)
https://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/201023.html(第17号)(農林水産省へリンク)

CSF(豚熱)に係るイノシシ肉の安全性について

農林水産省は、CSF(豚熱)に関する正しい知識を普及するため、関係情報を随時当省ウェブページに掲載するなど、正確な情報の提供に努めています。
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/tonko.html(農林水産省へリンク)

新型コロナの感染リスクが高まる「5つの場面」に気をつけましょう!

≪5つの場面≫
1.飲酒を伴う懇親会等(大声での会話や回し飲み、箸などの共用)
2.大人数や長時間の飲食
3.マスクなしでの会話
4.狭い空間での共同生活
5.居場所の切り替わり(休憩室や喫煙所、更衣室での感染リスク)

感染リスクを下げていくためには、飲食店をはじめとする日常生活や職場でのこれらの場面に特に気をつけていくことが重要です。
改めて、3密の回避、手洗い、マスク着用、換気、共用施設の消毒などの徹底をよろしくお願いします

詳しくはこちらをご覧ください。
「感染リスクが高まる「5つの場面」」(内閣官房)
https://corona.go.jp/proposal/(外部リンク)
新型コロナウイルスについて
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/index.html#5scenes(農林水産省へリンク)

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:リスク対策調査官、鳥獣被害指導係
代表:052-201-7271(内線2547、2544)
ダイヤルイン:052-223-4631
FAX番号:052-220-1681

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader