このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

農福連携


農福連携とは...

   農福連携とは、障害者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組みです。
   農福連携に取り組むことで、障害者等の就労や生きがいづくりの場を生み出すだけでなく、担い手不足や高齢化が進む農業分野において、新たな働き手の確保につながる可能性もあります。
   農業と福祉(障害者)の連携という狭い意味で捉えられがちな農福連携ですが、農の向こうには農林水産業や6次産業などがあり、福の向こうには障害者だけでなく、高齢者、生活困窮者、触法障害者など社会的に生きづらさがある多様な人々が包摂されます。
   九州農政局では、これまで以上に農福連携の取組みが拡大することを目指して、各種取組みを行っています。

九州地域農福連携促進ネットワーク(会員募集中!!)

   農業分野における障がい者等就労の促進を図るため、農福連携に関心をお持ちの皆さまを会員とするネットワークを設置し、メールマガジンやホームページをとおして、農福連携に関する支援制度やイベント等の情報発信をしています。
                                                                                                             ※加入件数304件(令和4年9月末時点)

  
<これまでの発信事例>
   1. 障害者等の雇用・就労を目的とした農業生産施設の整備や、専門人材育成等を支援する交付金に関する公募等の情報
   2. 農林水産省(九州農政局含む)や九州厚生局、各県等が主催するシンポジウム、人材育成研修、商談会の情報
   3. 九州、全国の取組事例の紹介

 
 
   加入を希望される場合は、以下の加入申込フォーム、または加入申込書からお申し込みください。

トピックス 

◆ ノウフク・アワード 2022 の募集を開始しました NEWアイコン
       募集期間 : 令和4年 8月 3日(水曜日) ~ 令和4年10月 3日(月曜日)

令和4年度 農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))の追加公募について
       公募期間 : 令和4年 7月15日(金曜日) ~ 令和4年 8月 5日(金曜日)
 
令和4年度 農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))の公募結果
       公表 : 令和4年 6月14日(火曜日)


令和4年度 農山漁村振興交付金(農福連携対策(農福連携支援事業及び農福連携整備事業))の公募について
       公募期間 : 令和4年 2月24日(木曜日) ~ 令和4年 3月11日(金曜日)


『ノウフク・マッチング・ハンドブック~農福連携マッチング実践のための参考書~』を作成、掲載しました。 


       →  過年度のトピックスはこちら

 農福連携の事例

 
  九州農政局管内の農福連携事例 

農福連携の実践のための参考資料

「ノウフク・マッチング・ハンドブック」

 
a
   マッチングの先行事例、類型毎の利点や留意点、課題等を整理した、マッチングの仕組みづくりや、農業・福祉双方の人材育成につながる”参考書”です。
 
 < 内 容 >
    農福連携の類型とマッチングポイント
    マッチングのQ&A

    形態別のマッチング優良事例
    行政との連携による農福連携の実践
    農福連携の広がりと地域共生社会
    農福連携政策の背景と沿革
    6次産業化と農福連携
    SDGsと農福連携                        等
 
詳細は、こちら↓
ノウフク・マッチング・ハンドブック ~農福連携マッチング実践のための参考書~
  

パンフレット等

 
 
   農山漁村振興交付金(農福連携対策)に応募するにあたり、事業ごとの支援内容や交付要件、応募から実施までの手順等をまとめたパンフレットです。

< 
内 容 >
実施区域、実施できる事業の種類

支援の対象となる事業実施主体、障害者等
事業ごとの支援内容
    農福連携支援事業
    農福連携整備事業
    普及啓発・専門人材育成推進対策事業(普及啓発等推進事業)
    普及啓発・専門人材育成推進対策事業(都道府県専門人材育成支援事業)
実施主体当たりの交付額の上限額、交付要件、成果目標(必須指標)
事業への応募から実施後までの手順
農福連携対策に関するQ&A
問合せ先一覧
 
『農福連携対策(農山漁村振興交付金) (令和4年2月)』
 
 
 
   農福連携の最近の情勢のほか、障害者の雇用・就労をはじめ、高齢者や生活困窮者、刑務所出所者が農業を始める際の支援策等をまとめたパンフレットです。
 
 < 内 容 >
 1. 農福連携をめぐる情勢
 2. 農業に関すること
         農地を利用する方法、農作業の指導を受けるには、農園整備・農業経営の支援策等
 3. 障害者の雇用・就労に関すること
         施設外就労を始めるには、障害者雇用に関する支援策・相談先等
 4. 高齢者の福祉に関すること
         高齢者が農業を始める際の支援策等
 5. 生活困窮者の自立支援
         生活困窮者が農業を始める際の支援策等
 6. 刑務所出所者等の自立支援
         刑務所出所者が農業を始める際の支援策等
 7. 問合せ先一覧
  

『福祉分野に農作業を~支援制度などのご案内~Ver.10(令和4年6月)』 NEWアイコン 


a
 
a a

a

・就労受入れの流れ、訓練事例等 
 
『農業分野における障害者就労マニュアル』
・障害者の農作業事例等

『農業分野における障害者就労の手引き』
・スタートアップマニュアル
(農業者・福祉事業者向け)

◆『農業者・福祉事業者向け』
・スタートアップマニュアル
(地方自治体・JA向け)

◆『地方自治体・JA向け』

リンク

お問合せ先

農村振興部 農村計画課
担当者:加藤・渡邊・池端
代表:096-211-9111(内線4766・4624・4633)
FAX番号:096-211-9812

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader