このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

生産資材高騰関連施策情報

化学肥料の使用量の抑制対策

(堆肥製造事業者リスト)
  化学肥料の抑制につながる家畜ふん堆肥の利用促進のため、九州地域内の供給可能な畜産農家等を紹介しています。
   ⇒  http://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/taihi/index.html


(土壌診断、堆肥利用への支援)
(ア) 肥料コスト低減体系緊急転換事業
   化学肥料の原料に係る国際市況の影響を受けにくい生産体制づくりを早急に進めるため、慣行の施肥体系から、
   肥料コスト低減体系への転換を進める取組について、土壌診断や低コスト施肥技術実証を支援します。
    ⇒ https://www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r4yobihi-19.pdf

(イ) 産地生産基盤パワーアップ事業(全国的な土づくりの展開)
   土づくりの展開を図るため、家畜排せつ物由来堆肥等を実証的に活用する取組について、堆肥の購入・運搬・保管・散布
   の経費、土壌分析費等を定額(上限3万円/10a)で支援します。
    ⇒ https://www.maff.go.jp/j/budget/pdf/r3hosei_pr02.pdf

     リーフレット
    ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/kankyou/attach/pdf/kankyou-39.pdf

(ウ) 畜産環境対策総合支援事業
    堆肥の流通を促進するため、好気性強制発酵による堆肥の高品質化やペレット化による広域流通のための取り組みを
    支援します。
     ⇒ http://www.maff.go.jp/j/chikusan/kankyo/taisaku/attach/pdf/index-2.pdf


(化学肥料の節減対策、関連機器への支援)
・肥料コスト低減方法、事例集
肥料のコスト低減を図る方法を整理するとともに事例集を作成しています。
⇒ https://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_hiryo/210528.html
・化学肥料の節減技術(「みどりの食料システム戦略」技術カタログより)
     (別添PDF1)(PDF : 2,681KB)
・スマート農機事業
       農業支援サービス事業者に対して、土壌センサで施肥量を瞬時に調整し、植付けを行いながら可変施肥を行う
       可変施肥田植機の導入を支援します。
     (別添PDF2)(PDF : 330KB)

施設園芸における燃料高騰対策

(ヒートポンプ等の導入支援)
   産地生産基盤パワーアップ事業(施設園芸エネルギー転換枠)
   ・A重油等の価格が高騰している状況を踏まえ、産地生産基盤パワーアップ事業に新たに「施設園芸エネルギー転換枠」を
      設け、省エネ機器等の導入を支援します。
      ⇒ https://www.maff.go.jp/j/seisan/suisin/tuyoi_nougyou/t_tuti/R4/attach/pdf/211221-25.pdf

     リーフレット(別添PDF3)(PDF : 281KB)

自給飼料の増産に関する情報

(飼料増産関係)
(ア) 飼料増産優良事例の紹介
   ・飼料米、国産稲わらの利用等、飼料の増産に資する優良事例について紹介しています。

         <飼料増産優良事例(粗飼料増産、放牧等を含む)>
      ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/attach/pdf/index-1.pdf

          <飼料用米の利用事例>
      ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/attach/pdf/index-2.pdf

          <国産稲わら利用事例>
      ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/attach/pdf/index-9.pdf

(イ) 放牧事例の紹介
     ・飼料の自給率向上に資する草地資源を活用した放牧事例について紹介しています。
         ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/attach/pdf/index-5.pdf

(ウ) 飼料増産研修会の概要
     ・九州農政局畜産課が毎秋開催している自給飼料の増産に資する研修会の概要について紹介しています。
         1  令和3年度飼料増産研修会(飼料用トウモロコシ等、R3.11.17)
              ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/191115-2.html

         2  令和2年度飼料増産研修会(ICTを活用した放牧技術、R2.11.19)
              ⇒ https://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/201109.html
 
         3  令和元年度飼料増産研修会(TMRセンター、稲WCS・飼料用米の活用等、R1.11.13)
              ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/chikusan/jikyuusiryou/191115.html

(エ) エコフィードの取組事例

        ・各地域でのエコフィードの取組事例を紹介しています。
        ⇒ http://www.maff.go.jp/j/chikusan/sinko/lin/l_siryo/attach/pdf/ecofeed-99.pdf

(オ)  畜産生産力・生産体制強化対策事業のうち飼料生産利用体系高効率化対策のうち国産濃厚飼料生産・利用拡大対策

      ・国産飼料の増産対策として、国産濃厚飼料(子実とうもろこしなど)の生産拡大を図るため、新たな地域での
        生産体系の実証や先進地域での生産モデルの確立の取組を支援します。(別添PDF4)(PDF : 526KB)



PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader