このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

セミナー「生態系サービス評価に関する国内外の動向と展望」

日時

平成28年7月14日(木曜日)14時00分~16時00分(13時30分受付開始)

場所

農林水産政策研究所 セミナー室

東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎4号館9階

講師

蒲谷 景 氏(地球環境戦略研究機関 研究員)
佐藤 真行 氏(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 准教授)

開催内容

  生態系サービスは世界的に注目が集まっており、欧米諸国を中心にその価値の貨幣評価が積極的に行われています。生態系サービスは農村にも多く賦存する資源ですが、その便益は農村住民のみならず、都市住民にも幅広くもたらされるもので、その価値評価を行うことは、都市と農村の関係を改めて評価することにも繋がります。
  本セミナーでは、お二人の研究者に、日本を含めた世界の生態系サービスの評価に関する動向、土地利用と絡めた生態系サービス評価の具体的な方法、そして評価結果の将来的な活用方法などについてご報告いただきます。

各報告者の報告タイトル・要旨

蒲谷 景 氏

「空間的な生態系サービスの評価」
生態系サービスに関する近年の研究や各国のアセスメントでは、生態系サービスを空間的に評価することが重要な要素のひとつになりつつあります。本報告では、これらの動向や日本における生態系サービスのマッピングの実施状況などを概括するとともに、土地利用モデルと生態系サービスのマッピングを組み合わせた研究について紹介します。また、この文脈での経済価値評価や政策への貢献の可能性についても考えます。

佐藤 真行 氏

「都市域における生態系サービス評価と指標の活用」
都市部における生態系サービスは、文化的サービスや審美的サービスの占める割合が大きいため、市場価格や市場分析を通じた評価が難しい面があります。しかしながら都市域においても生態系サービスが高い生活の質を支えていることは間違いありません。本報告では、都市緑地に着目して、事例調査を通じた都市生態系サービス評価について報告します。また、こうした生態系サービス評価が、生態勘定や持続可能性指標など、様々な指標に活用されている現状を紹介し、政策立案・評価ツールとしての利用についても考えます。

お申し込み

参加を希望される方は、7月12日(火曜日)までにFAX またはお申し込みフォームにて、お名前(ふりがな)、所属、連絡先(電話番号またはメールアドレス)をご連絡ください。

注) 定員(100名)に達した場合には締め切らせていただくことがございます。 お申し込みを受け付けた場合、特にご連絡はいたしません。お断りする時のみご連絡いたしますので、あらかじめご承知おきください。

その他

中央合同庁舎4号館を訪問される際は、正面玄関にて受付手続が必要なため、身分証明書(免許証、社員証など)をお持ちください。

参加に当たっての注意事項

参加に当たっては次の留意事項を厳守してください。お守りいただけない場合は参加をお断りすることがあります。

  • 会場以外の場所に立ち入らないこと。
  • 携帯電話等の電源は必ず切ること。
  • 静粛を旨とし、担当職員の指示に従うこと。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600