このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー

食料自給率の話

皆さんは、食料自給率という言葉をご存知ですか?食料自給率とは、私たちが食べている食料のうち、どれだけ自分の国で作られているかを示した割合のことです。ここでは、皆さんに日本の食料自給率を紹介するだけでなく、食料自給率向上に向けた東海農政局の取組や国産農産物の需要拡大につながるレシピ等を紹介しています。

食料自給率、食料自給力指標各種パンフレット、レシピ等東海地域食料自給率向上研究会大学、高校等への講義日本食・食文化に関する情報発信関連リンク

お知らせ

食料自給率、食料自給力指標

日本や県別の食料自給率、料理の食料自給率が計算できるクッキング自給率などの情報を紹介しています。

日本の食料自給率、食料自給力指標

食料自給率とは、食料の国内生産の国内消費仕向に対する割合で、国内消費をどの程度国内生産で賄えるかを示す指標です。
令和3年度のカロリーベース食料自給率は、前年度より1ポイント高い38%となりました。また、生産額ベース食料自給率は、前年度より4ポイント低い63%となりました。

食料自給力指標とは、国内生産のみでどれだけの食料を最大限生産することが可能かを試算した指標です。
令和3年度の食料自給力指標は、前年度同様に、いも類中心の作付けでは推定エネルギー必要量(2,169kcal/人・日)を上回るものの、米・小麦中心の作付けでは下回ります

県別の食料自給率

農林水産省では、参考データとして活用いただくことを目的として都道府県別の自給率を試算しています。

東海3県における令和2年度のカロリーベース食料自給率は、岐阜県:24%(前年度に比べ1ポイント低下)、愛知県:11%(前年度に比べ1ポイント低下)、三重県:38%(前年度に比べ1ポイント低下)となりました。

また、生産額ベースの食料自給率については、岐阜県:44%(前年度に比べ1ポイント増加)、愛知県:30%(前年度に比べ2ポイント低下)、三重県:60%(前年度に比べ4ポイント低下)となりました。

やってみよう!自給率計算

今日食べた料理の自給率が計算できます。皆さんもご活用ください。

各種パンフレット、レシピ等

食料自給率向上や国産農林水産物の需要拡大に向けた各種パンフレットやレシピ等を紹介しています。

東海地域食料自給率向上研究会(平成26年度から平成29年度)

東海農政局では、東海地域における食料自給率向上に向けた気運の醸成や、一人ひとりの皆さまの主体的な取組のきっかけづくりを目的として、東海地域食料自給率向上研究会を開催しました。

  • 平成29年度テーマ:「東海地域の旬の食材を利用したロコモ予防~地域で育った旬の食材を上手に用いて筋肉や骨を元気に保とう!~」
  • 平成28年度テーマ:「未病・予防の観点から、旬の食材を利用した季節の家庭薬膳メニューを考える」
  • 平成27年度テーマ:「国産農産物でみんな元気~女子大生が考える「食」~」
  • 平成26年度テーマ:「予防医学の観点から東海三県で生産される食材を利用した「メタボリックシンドローム予防メニュー」を考える」

大学、高校等への講義

大学生や高校生を対象とした講義や小学生を対象とした特別授業、研究会への講師派遣に関する情報を紹介しています。

日本食・食文化に関する情報発信

東海農政局では、皆さんに日本食文化を再認識いただき、保護・継承していくきっかけとすることを目的として、東海3県の「伝統食マップ」を作成しました。

岐阜・愛知・三重の特産品紹介

東海3県(岐阜・愛知・三重)の自慢の農林水産物やそれを利用した料理・加工食品などを紹介します。

関連リンク

農林水産省や地方農政局等の食料自給率関連ページへ行くことができます。

お問合せ先

企画調整室

担当者:基本計画担当
代表:052-201-7271(内線2317)
ダイヤルイン: 052-223-4610

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader