このページの本文へ移動

東海農政局

メニュー
木曽調トップページ
国営施設機能保全事業
「中勢用水地区」
「中勢用水地区」の概要
「中勢用水地区」の経緯
「中勢用水地区」の事業実施状況
地域の紹介
リンク集
所在案内(中勢支所)
お問い合わせ
入札・発注情報

「中勢用水地区」の事業実施状況

事業の実施状況(令和3年6月現在)

ダム湖内堆砂除去

安濃ダムは平成元年に運用を開始しましたが、想定以上の早さでダム湖内への土砂の堆積(堆砂)が進んでいました。このため堆砂対策として、河川の流入部に「貯砂堰堤」を設けて流れ込む土砂を堰き止め、堆積した土砂を搬出することでダムの堆砂を抑制することとしています。 

貯砂堰堤に係る工事は平成25年度から開始し、幾多の台風の影響を受けつつもダム水位調整等における中勢用水土地改良区及び三重県安濃ダム管理室の協力の下、ダム湖内への進入道路3箇所と貯砂堰堤2箇所を平成28年10月に完成させました。
また、堆積土砂運搬経路の県道幅員の狭い区間において堆積土砂運搬用道路を平成30年3月に完成させ、平成30年度から本格的に堆積土砂の搬出を開始しました。

なお、令和2年度までに87,000立方メートル搬出し、今後も引き続き土砂を計画的に搬出することでダムの堆砂を抑制し、貯水容量への影響を軽減することとしています。

 堆砂対策位置図

 


堆積土砂の搬出

第三頭首工

第三頭首工は、昭和48年度から50年度に安濃川の中流部に造成された、フローティングタイプの頭首工です。

右岸側固定堰30メートル、左岸側可動堰70メートル(洪水吐ゲート幅30メートル×2門、土砂吐ゲート幅10メートル×1門)により構成され、左岸側より取水し、左右岸の農地に配水しています。 

平成31年3月までに左岸側の護岸、護床、頭首工本体の土木施設及び土砂吐ゲート、1号洪水吐ゲート、除塵機の補修整備を実施しました。
令和元年度に右岸側の護床、頭首工本体の土木施設及び2号洪水吐ゲートの補修整備を行い、第三頭首工の工事は完了しました。

 

お問合せ先

木曽川水系土地改良調査管理事務所企画課

電話:052-761-3191
FAX番号:052-761-3195